講談社ラノベ文庫

読書感想:アイアム・ゴブリン ~おバカなクラスメイトたちと過ごす異世界スローライフ~

さてゴブリンと言えば、最近の画面の前の読者の皆様にとっては転スラ辺りか、それともゴブスレ辺りの印象が強いのであろうか。ゴブスレのゴブリンは、かなり生き方と言う業をリアルに描き切っているので、苦手な人は苦手であるのかもしれないが。で、そのゴ…

読書雑記:発売日前、新刊紹介なお話。角川スニーカー文庫、HJ文庫、講談社ラノベ文庫、ファミ通文庫編。

こんばんは。一月もそろそろ終わりですが特に何も変わらぬ真白優樹です。さて本日は明日から順次発売される新刊の中から、このブログで紹介予定の作品について触れていきたいと思います。 読書雑記:二月初旬から中旬にかけての個人的要注目な新刊のお話。 -…

読書感想:冰剣の魔術師が世界を統べる8 世界最強の魔術師である少年は、魔術学院に入学する

前巻感想はこちら↓ 読書感想:冰剣の魔術師が世界を統べる7 世界最強の魔術師である少年は、魔術学院に入学する - 読樹庵 (hatenablog.com) さて、前巻刊行から今巻の感想を書くまでにアニメも無事完結を迎え、まぁ様々な反応があった訳であるが。前巻まで…

読書感想:転生したら第七王子だったので、気ままに魔術を極めます7

前巻感想はこちら↓ 読書感想:転生したら第七王子だったので、気ままに魔術を極めます6 - 読樹庵 (hatenablog.com) さて、前巻でロイドにとっては格上の相手である魔軍四天王なる面倒な敵が出現し、ちょっとはこの作品の方向性にシリアスが出てくるのか、と…

読書感想:先生も小説を書くんですよね?

ラノベ、TCG、アニメ、プラモデル、vtuber。様々なジャンルの趣味、と分類されるものは、その趣味の世界は時に「沼」と呼ばれると言うのを画面の前の読者の皆様もご存じであろう。一度嵌りこんでしまえば、なかなか抜け出すことは出来ず。それどころか他…

読書雑記:発売日前新刊のお話。角川スニーカー文庫、HJ文庫、講談社ラノベ文庫編。

こんばんは。夜中に思い立って探し物をしてみたら今、割と眠い真白優樹です。さて本日は明日発売予定の新刊の中から、このブログにて紹介予定の作品についてお話したいと思います。 読書雑記:十二月初旬から中旬にかけて発売される新刊の中から個人的注目作…

読書感想:高校全部落ちたけど、エリートJKに勉強教えてもらえるなら問題ないよね!

さて、日本と言う国は学歴社会、学歴主義であり、卒業している教育機関が後半の方に行けばいくだけ、将来の選択肢は広まっていく。故に例えば、最終学歴が中学校、所謂中卒、という立場だと仕事の選択肢はかなり狭まってしまう訳であるが。正直、社会に出て…

読書雑記:発売日前新刊紹介のお話。角川スニーカー文庫、HJ文庫、講談社ラノベ文庫編。

こんばんは。十一月となりそうな今日この頃、しかし日中が暑いのは勘弁願いたい真白優樹です。さて寒暖差で体調を崩さぬうちに、明日発売予定の新刊の中から、このブログで紹介予定の作品についてお話したいと思います。 読書雑記:十一月初旬から中旬にかけ…

読書感想:デスループ令嬢は生き残る為に両手を血に染めるようです

さて、デスループ、と言えば「死に戻り」、という言葉があげられる読者様も多いであろう。しかし、よく考えなくてもデスループ、というのは耐えがたき痛みを伴うものであり。続けていくうちに絶対に、心がすり減るであろう事は明白である。そう考えると、死…

読書雑記:発売日前、新刊紹介なお話。角川スニーカー文庫、HJ文庫、講談社ラノベ文庫、ファミ通文庫編。

こんばんは。そろそろ八月が終わると言う事に、何だか時間の流れの速さを実感している真白優樹です。さて本日はそろそろ発売される新刊の中から、このブログで紹介予定の作品についてお話していきたいと思います。 読書雑記:九月初旬から中旬にかけての個人…

読書感想:詐欺シスター

さて、この世界において一番重要なもの、と聞いて画面の前の読者の皆様は何を連想されるであろうか。命、愛といったものを連想される方もおられるかもしれない。しかし、金という身も蓋もない答えを連想される方もおられるかもしれない。しかし、この連想の…

読書雑記:発売日前、新刊紹介なお話。角川スニーカー文庫、HJ文庫、講談社ラノベ文庫編。

こんばんは。最近急に暑くなる事が多くて体力が削られがちな真白優樹です。さて本日は明日と明後日が発売日となっている作品の中から、このブログで紹介予定の作品についてお話したいと思います。 読書雑記:七月初旬から中旬にかけての個人的要注目な新刊の…

読書雑記:七月初旬から中旬にかけての個人的要注目な新刊のお話。

こんばんは。最近版元ドットコムが使いにくい気がする真白優樹です。さて本日は七月初旬から中旬にかけて発売される新刊の中から、個人的に要注目の新刊についてお話していきたいと思います。 読書雑記:六月中旬から下旬にかけての個人的要注目な新刊のお話…

読書感想:ちいさな君と、こえを遠くに2

前巻感想はこちら↓ 読書感想:ちいさな君と、こえを遠くに - 読樹庵 (hatenablog.com) さて、前巻で空達は声優という夢に挑みだし、その夢の熱に心に灯をともされた奏太も、おいていかれないように、と進みだしたわけであるが。夢へ向かうのに立ち塞がるのは…

読書雑記:発売日前新刊紹介なお話。角川スニーカー文庫、HJ文庫、講談社ラノベ文庫編。

こんばんは。つい先日健康診断があって、結果が怖い真白優樹です。さて本日は明日から発売予定の三レーベル分の新刊の中から、このブログで紹介予定の作品についてお話したいと思います。 読書雑記:六月初旬から中旬にかけての個人的要注目な新刊のお話。 -…

読書感想:魔王と魔女の英雄神話

さて、突然ではあるが画面の前の読者の皆様。皆様はもしも何か一つだけ願いが叶うとしたら、何を望まれるであろうか。莫大な富か、はたまた圧倒的な力か。その答えは様々であろう。私はもし叶えてくれるのならば、向こう十年分くらいの幸運が欲しい。出来れ…

読書感想:異世界で生き抜くためのブラッドスキル

さて、サバイバルと言うのは様々な環境で成立するものである。例えば熱砂の砂漠でも成立するし、極寒の北極圏でも成立する。何なら孤島でも成立する。けれどそんな環境にいきなり放り込まれたとして、果たして生き延びれる人間と言うのはどれだけいるのだろ…

読書感想:荷物持ちの脳筋無双

さて、突然ではあるが画面の前の読者の皆様。皆様は自分が携帯できる荷物の最大荷重はどれほどであろうか。私はMAX20キロくらいなら何とかできるが、これは多分例外なので参考にはならない。では皆様はどれくらいの荷重であれば、持ち運ぶことは出来るで…

読書雑記:発売日前恒例、新刊紹介なお話。角川スニーカー文庫、HJ文庫、講談社ラノベ文庫、ファミ通文庫編。

こんばんは。四月もそろそろ終わりそうですが、温度差が激しすぎていつも微妙に眠い真白優樹です。さて本日は、今週金曜日ごろから発売される新刊の中からこのブログで紹介予定の作品についてお話したいと思います。 読書雑記:五月初旬から中旬にかけての個…

読書雑記:五月初旬から中旬にかけての個人的要注目な新刊のお話。

こんばんは。ゴールデンウィークが近づいているという事で、積読を減らす算段を立てたい真白優樹です。さて本日は、五月初旬から中旬にかけて発売される新刊の中から、個人的に要注目している作品についてお話したいと思います。 読書雑記:四月中旬から下旬…

読書感想:勇者と呼ばれた後に2 ―そして無双男は家族を創る―

前巻感想はこちら↓ 読書感想:勇者と呼ばれた後に ―そして無双男は家族を創る― - 読樹庵 (hatenablog.com) さて、前巻で家族となったロイドとイヴリース、ソフィアとアリスという四人家族であるが。特にロイドとイヴリースは、その手を多くの血で染めている…

読書感想:日本語が話せないロシア人美少女転入生が頼れるのは、多言語マスターの俺1人3

前巻感想はこちら↓ 読書感想:日本語が話せないロシア人美少女転入生が頼れるのは、多言語マスターの俺1人2 - 読樹庵 (hatenablog.com) さて、前巻の刊行からなんと一年以上、画面の前の読者の皆様ももしや打ち切りか、と思われていたのではないかと思われ…

読書雑記:発売日前恒例、新刊紹介なお話。角川スニーカー文庫、HJ文庫、講談社ラノベ文庫、ファミ通文庫、ヒーロー文庫編。

こんばんは。三月も終わりますが今年は花見が出来なさそうで残念な真白優樹です。一度くらいは桜の下でラノベを読みたいものですが。さて今回は、今月三十日から発売される5レーベル分の新刊の中から、このブログで紹介予定の作品についてお話したいと思い…

読書感想:コミュ症なクラスメイトと友達になったら生き別れの妹だった

さて、バレてはいけない秘密というものがあり、明かした方がいい秘密、というのもあるかもしれない。秘密、というのは色々な種類がある。その中でも明かしてはいけない秘密、というのはやはり人間関係を揺るがすような秘密であろうか。既に築かれている人間…

読書雑記:発売日前恒例、新刊紹介なお話。角川スニーカー文庫、HJ文庫、講談社ラノベ文庫編。

こんばんは。もう一月も終わりますが皆様いかがお過ごしでしょうか。私は今日もラノベを読んでいます、真白優樹です。さて本日は明日から発売予定の三レーベルの中から、このブログで紹介予定の作品についてお話したいと思います。 読書雑記:二月初旬から中…

読書雑記:二月初旬から中旬にかけての個人的要注目な新刊のお話。

こんばんは。バレンタインが近づいてる気がしますがまず最初にGA文庫の発売日というワードが思い浮かんだ私は多分関係ない真白優樹です。さて本日は、二月初旬から中旬にかけて発売される新刊の中から、個人的に要注目な作品についてお話したいと思います…

読書感想:冰剣の魔術師が世界を統べる7 世界最強の魔術師である少年は、魔術学院に入学する

前巻感想はこちら↓ 読書感想:冰剣の魔術師が世界を統べる6 世界最強の魔術師である少年は、魔術学院に入学する - 読樹庵 (hatenablog.com) さて、先日アニメも無事に放映が始まり、コミカライズも好調と今人気の波に乗っているこの作品であるが、前巻まで…

読書感想:ダンジョン城下町運営記

さて、突然ではあるが画面の前の読者の皆様。皆様は、例えば世界の戦争の中で、もっとも世界の行方を左右する戦争というのはどんなものであると思われるであろうか。例えば核の飛び交うような戦争であったのなら、それこそ世界の危機である。しかし核と言う…

読書感想:転生したら第七王子だったので、気ままに魔術を極めます6

前巻感想はこちら↓ 読書感想:転生したら第七王子だったので、気ままに魔術を極めます5 - 読樹庵 (hatenablog.com) さて、魔物の大暴走も片付け、自らの興味のままに邁進していれば最早敵なし、周囲に勘違いや誤解をばら撒きながらも、どんどん注目株となっ…

読書感想:十五の春と、十六夜の花 ―結びたくて結ばれない、ふたつの恋―

さて、勝者が世界を望んだように作り変え、人々の認識すらも改変してしまう。というのは今放送中の仮面ライダーギーツの舞台であるリアリティライダーショー、「DGP」である。というのはともかく、皆様はもし世界を望むように作り変える好機が目の前にあ…