講談社ラノベ文庫

読書雑記:発売日前恒例、新刊紹介なお話。角川スニーカー文庫、HJ文庫、講談社ラノベ文庫編。

こんばんは。もう一月も終わりますが皆様いかがお過ごしでしょうか。私は今日もラノベを読んでいます、真白優樹です。さて本日は明日から発売予定の三レーベルの中から、このブログで紹介予定の作品についてお話したいと思います。 読書雑記:二月初旬から中…

読書雑記:二月初旬から中旬にかけての個人的要注目な新刊のお話。

こんばんは。バレンタインが近づいてる気がしますがまず最初にGA文庫の発売日というワードが思い浮かんだ私は多分関係ない真白優樹です。さて本日は、二月初旬から中旬にかけて発売される新刊の中から、個人的に要注目な作品についてお話したいと思います…

読書感想:冰剣の魔術師が世界を統べる7 世界最強の魔術師である少年は、魔術学院に入学する

前巻感想はこちら↓ 読書感想:冰剣の魔術師が世界を統べる6 世界最強の魔術師である少年は、魔術学院に入学する - 読樹庵 (hatenablog.com) さて、先日アニメも無事に放映が始まり、コミカライズも好調と今人気の波に乗っているこの作品であるが、前巻まで…

読書感想:ダンジョン城下町運営記

さて、突然ではあるが画面の前の読者の皆様。皆様は、例えば世界の戦争の中で、もっとも世界の行方を左右する戦争というのはどんなものであると思われるであろうか。例えば核の飛び交うような戦争であったのなら、それこそ世界の危機である。しかし核と言う…

読書感想:転生したら第七王子だったので、気ままに魔術を極めます6

前巻感想はこちら↓ 読書感想:転生したら第七王子だったので、気ままに魔術を極めます5 - 読樹庵 (hatenablog.com) さて、魔物の大暴走も片付け、自らの興味のままに邁進していれば最早敵なし、周囲に勘違いや誤解をばら撒きながらも、どんどん注目株となっ…

読書感想:十五の春と、十六夜の花 ―結びたくて結ばれない、ふたつの恋―

さて、勝者が世界を望んだように作り変え、人々の認識すらも改変してしまう。というのは今放送中の仮面ライダーギーツの舞台であるリアリティライダーショー、「DGP」である。というのはともかく、皆様はもし世界を望むように作り変える好機が目の前にあ…

読書感想:十二月、君は青いパズルだった

さて、突然ではあるが画面の前の読者の皆様にとって、最も無くしたくないものは何であろうか。お金と答える読者様もおられるかもしれない。愛、と答える読者様もおられるかもしれない。その答えは各人様々、明確な正解というものはないかもしれない。ではそ…

読書雑記:発売日前恒例、新刊紹介なお話。角川スニーカー文庫、HJ文庫、講談社ラノベ文庫、ファミ通文庫編。

こんばんは。いよいよ明日は仕事納め、しかし全く大掃除が手付かずな真白優樹です。さて本日は、明日発売予定の各レーベルの新刊の中から、このブログで紹介予定の作品についてお話したいと思います。 読書雑記:一月初旬から中旬にかけての個人的要注目な新…

読書雑記:一月初旬から中旬にかけての個人的要注目な新刊のお話。

こんばんは。積読の数を数えていたら、どう考えても今年中に読み切れない事が判明しました真白優樹です。仕方ないので、冬休み中に読み切れるように頑張りたいと思います。さて本日は、十二月の終わりごろから一月の中ごろにかけて発売される新刊の中から、…

読書感想:S級学園の自称「普通」、可愛すぎる彼女たちにグイグイ来られてバレバレです。2

前巻感想はこちら↓ 読書感想:S級学園の自称「普通」、可愛すぎる彼女たちにグイグイ来られてバレバレです。 - 読樹庵 (hatenablog.com) さて、陰キャに見せかけて実は最強、その腕っぷしと類まれなる身体能力で世界を切り開いていく我らが主人公、和真であ…

読書感想:男装したら昔みたいに甘えても恥ずかしくないよね、お兄ちゃん?

さて、突然ではあるが画面の前の読者の皆様は「男装ヒロイン」と聞いてどのヒロインを連想されるであろうか。私は一人思いついているが、調べてみた所で昔懐かしい、ちょっとノスタルジックな空気になってしまったので、明言は伏せさせていただく。年代をば…

読書感想:勇者認定官と奴隷少女の奇妙な事件簿

さて、当たり前の事であるが詐欺は勿論犯罪である。あやってはいけない事である。しかし、詐欺の手口を見ていると日々あの手この手で進化を遂げている事が多く、確かに対象の層を絞ってみれば、成功するかもというものも多い。つまり何が言いたいのか、とい…

読書雑記:発売日前恒例、新刊紹介なお話。角川スニーカー文庫、HJ文庫、講談社ラノベ文庫、ファミ通文庫編。

こんばんは。そろそろ寒波が襲来してくると聞き、布団との戦いが本格的に始まりそうな気がする真白優樹です。さて本日はそんな寒波にも負けぬよう、今週発売予定の新刊の中から、このブログで紹介予定の作品についてお話したいと思います。 読書雑記:十二月…

読書雑記:十二月初旬から中旬にかけての個人的要注目な新刊のお話。

こんばんは。ワールドカップが始まりましたが、予選の組み分けを見ていると日本は毎回難易度ヘルモードな気がする真白優樹です。さて日本は無事に勝ち抜けるのでしょうか。そんな話題もともかく今回は、十二月初旬から中旬にかけて発売される新刊の中から、…

読書感想:俺のクラスに若返った元嫁がいる2

前巻感想はこちら↓ 読書感想:俺のクラスに若返った元嫁がいる - 読樹庵 (hatenablog.com) さて、前巻で記憶の蘇りと、推しの漫画家を救うために共に行動した事で、再び絆を結ぶことに成功した航平と柚花の二人ではあるが。ここで画面の前の読者の皆様に問う…

読書感想:英雄失格者の魔獣グルメ

さて、突然ではあるが画面の前の読者の皆様は、「現実には存在しない食材を調理する物語」と聞いて、思い浮かべるのは何の作品であろうか。ジャンプで連載されていた某漫画であろうか、それともオーバーラップ文庫で刊行されたあの作品であろうか。その答え…

読書感想:ちいさな君と、こえを遠くに

さて、この世の中には声優という職業があるのは既に画面の前の読者の皆様もご存じであると思うが、声優という方々は自らの声を通して、演じた世界の魅力を伝えてくれている訳である。そういう意味から、「表現者」と表すのならば、何かで伝えたい世界を表現…

読書雑記:発売日前恒例、新刊紹介なお話。角川スニーカー文庫、HJ文庫、講談社ラノベ文庫編。

こんばんは。既に講談社ラノベ文庫の新刊の感想が上がっていて何故か、と考えたら電子書籍でした。紙派の真白優樹です。さて本日は角川スニーカー文庫、HJ文庫、講談社ラノベ文庫の新刊の中から、このブログで紹介予定の作品についてお話したいと思います…

読書雑記:十一月上旬から中旬にかけての個人的要注目な新刊のお話。

こんばんは。かつて熱中していたとある戦隊がニ十周年で帰ってくるというニュースに年甲斐もなく心が躍る真白優樹です。さて本日は、十一月上旬から中旬にかけて発売される新刊の中から、個人的に要注目な新刊についてお話したいと思います。 読書雑記:十月…

読書感想:冰剣の魔術師が世界を統べる6 世界最強の魔術師である少年は、魔術学院に入学する

前巻感想はこちら↓ 読書感想:冰剣の魔術師が世界を統べる5 世界最強の魔術師である少年は、魔術学院に入学する - 読樹庵 (hatenablog.com) さて、原作ではレイの過去を描いた後は新学年編へと早々に進んだ今作品であるが、今巻よりはオリジナルの展開、と…

読書感想:君と紡ぐソネット ~黄昏の数学少女~

さて、この世には数学と言う物に美しさを見出す人達がいる。限りない数字の世界に魅せられて、まるで競い合うように新たな定理を見つけようと、先人達が導いた定理を証明しようと日々己達を高め合っている。そんな人達は、我々からするとどこか縁遠い存在と…

読書感想:君と一緒にごはんが食べたい

さて、突然ではあるが画面の前の読者の皆様はラグビーと言う競技の名前を聞いて何を連想されるであろうか。プロラグビー選手を名乗るyoutuberを思い浮かべる方もおられるかもしれないし、ツッパリ生徒と泣き虫先生、という言葉を思い浮かべられる読者様もお…

読書雑記:発売日前恒例、新刊紹介なお話。角川スニーカー文庫、HJ文庫、講談社ラノベ文庫、ヒーロー文庫編。

こんばんは。職場でしごかれた日には、本を読んでゲームをするに限ります、真白優樹です。さて本日は、近日発売予定の新刊の中から、このブログで紹介予定の作品についてお話したいと思います。 読書雑記:十月上旬から中旬にかけての個人的要注目な新刊のお…

読書雑記:十月上旬から中旬にかけての個人的要注目な新刊のお話。

こんばんは。最近残業続きなのと、最近買ったSDガンダム バトルアライアンスにハマりすぎて読書計画崩れ気味な真白優樹です。何とか修正していかなくては。さて本日は、十月初旬から中旬にかけて発売される新刊の中から、個人的要注目な新刊についてお話し…

読書感想:勇者と呼ばれた後に ―そして無双男は家族を創る―

さて、現在放送中であるドラゴンクエスト ダイの大冒険という作品は前勇者であるアバンの冒険の後の時代を描いた作品である。と言う事はどういう事なのか。それ即ち、勇者にだって目的を果たした後の人生が存在すると言う事なのである。我々が様々な作品の中…

読書感想:推しの清楚アイドルが実は隣のナメガキで俺の嫁

さて、人間だれしも、と言うのかは分からぬが人間の中の多数には裏の顔、隠している思いを持っている者、というのも存在する。そういった顔とは、表に出ている顔とは真逆の顔である事も多い。ではもしそんな顔を知ってしまったのならば皆様はどうされるであ…

読書雑記:発売日前恒例、新刊紹介なお話。角川スニーカー文庫、HJ文庫、講談社ラノベ文庫、ファミ通文庫編。

こんばんは。九月も迫り体重増加の気配がする気がする真白優樹です。さて読書の秋とは言いますが年中読書しているので関係なく、今週発売される新刊の中からこのブログで紹介予定の作品についてお話したいと思います。 読書雑記:九月初旬から中旬にかけての…

読書雑記:九月初旬から中旬にかけての個人的要注目な作品のお話。

こんばんは。そろそろ九月になろうと言う今日この頃、雨の予報が続いている事に面倒くささを感じる真白優樹です。さて本日は、九月初旬から中旬にかけて発売される新刊の中から、個人的に要注目な新刊についてお話したいと思います。 読書雑記:八月中旬から…

読書感想:S級学園の自称「普通」、可愛すぎる彼女たちにグイグイ来られてバレバレです。

さて、「能ある鷹は爪を隠す」などど言うけれど、実際それは正しい事である、のかもしれない。人間誰がどんな特技を持っているか分からないものであり。ラノベにおいては取るに足らぬ陰キャラがどんな特技を持っているのかも分からぬし、そのような特技が物…

読書感想:いつも馬鹿にしてくる美少女たちと絶縁したら、実は俺のことが大好きだったようだ。

さて、しばしばこの世の中に存在している言葉として「絶縁」というものがある。絶縁してしまってはそればであった縁が途切れる、もう何も話せない。例え底に何が隠れていようとも。ここで画面の前の読者の皆様には大切な事をお伝えしておこう。「大切なこと…