講談社ラノベ文庫

読書雑記:発売日前恒例、新刊紹介なお話。角川スニーカー文庫、HJ文庫、講談社ラノベ文庫、ヒーロー文庫編。

こんばんは。職場でしごかれた日には、本を読んでゲームをするに限ります、真白優樹です。さて本日は、近日発売予定の新刊の中から、このブログで紹介予定の作品についてお話したいと思います。 読書雑記:十月上旬から中旬にかけての個人的要注目な新刊のお…

読書雑記:十月上旬から中旬にかけての個人的要注目な新刊のお話。

こんばんは。最近残業続きなのと、最近買ったSDガンダム バトルアライアンスにハマりすぎて読書計画崩れ気味な真白優樹です。何とか修正していかなくては。さて本日は、十月初旬から中旬にかけて発売される新刊の中から、個人的要注目な新刊についてお話し…

読書感想:勇者と呼ばれた後に ―そして無双男は家族を創る―

さて、現在放送中であるドラゴンクエスト ダイの大冒険という作品は前勇者であるアバンの冒険の後の時代を描いた作品である。と言う事はどういう事なのか。それ即ち、勇者にだって目的を果たした後の人生が存在すると言う事なのである。我々が様々な作品の中…

読書感想:推しの清楚アイドルが実は隣のナメガキで俺の嫁

さて、人間だれしも、と言うのかは分からぬが人間の中の多数には裏の顔、隠している思いを持っている者、というのも存在する。そういった顔とは、表に出ている顔とは真逆の顔である事も多い。ではもしそんな顔を知ってしまったのならば皆様はどうされるであ…

読書雑記:発売日前恒例、新刊紹介なお話。角川スニーカー文庫、HJ文庫、講談社ラノベ文庫、ファミ通文庫編。

こんばんは。九月も迫り体重増加の気配がする気がする真白優樹です。さて読書の秋とは言いますが年中読書しているので関係なく、今週発売される新刊の中からこのブログで紹介予定の作品についてお話したいと思います。 読書雑記:九月初旬から中旬にかけての…

読書雑記:九月初旬から中旬にかけての個人的要注目な作品のお話。

こんばんは。そろそろ九月になろうと言う今日この頃、雨の予報が続いている事に面倒くささを感じる真白優樹です。さて本日は、九月初旬から中旬にかけて発売される新刊の中から、個人的に要注目な新刊についてお話したいと思います。 読書雑記:八月中旬から…

読書感想:S級学園の自称「普通」、可愛すぎる彼女たちにグイグイ来られてバレバレです。

さて、「能ある鷹は爪を隠す」などど言うけれど、実際それは正しい事である、のかもしれない。人間誰がどんな特技を持っているか分からないものであり。ラノベにおいては取るに足らぬ陰キャラがどんな特技を持っているのかも分からぬし、そのような特技が物…

読書感想:いつも馬鹿にしてくる美少女たちと絶縁したら、実は俺のことが大好きだったようだ。

さて、しばしばこの世の中に存在している言葉として「絶縁」というものがある。絶縁してしまってはそればであった縁が途切れる、もう何も話せない。例え底に何が隠れていようとも。ここで画面の前の読者の皆様には大切な事をお伝えしておこう。「大切なこと…

読書雑記:発売日前恒例、新刊紹介なお話。角川スニーカー文庫、HJ文庫、講談社ラノベ文庫編。

こんばんは。気付けば足に毛虫によると思わしきかぶれがありましたが、別に痛くも痒くもない真白優樹です。さて本日は明日発売予定の角川スニーカー文庫、及び発売日が前倒しされそうな予感のするHJ文庫と講談社ラノベ文庫の新刊の中から、このブログで紹…

読書雑記:八月初旬から中旬にかけての個人的要注目な新刊のお話。

こんばんは。段々と八月も近づき暑い日々が増えてきましたが何とか生きております。真白優樹です。さて本日は八月初旬から中旬にかけて発売される新刊の中から、個人的に要注目している作品についてお話したいと思います。 前回記事は下記となります↓ 読書雑…

読書感想:英雄と魔女の転生ラブコメ2

前巻感想はこちら↓ 読書感想:英雄と魔女の転生ラブコメ - 読樹庵 (hatenablog.com) さて、この作品の主人公とヒロインであり、前世では宿敵であった護道と麻衣は前巻でようやく友達同士として一歩を踏み出した。しかし一度変化したものは、果たして本当にす…

読書感想:転生したら第七王子だったので、気ままに魔術を極めます5

前巻感想はこちら↓ 読書感想:転生したら第七王子だったので、気ままに魔術を極めます4 - 読樹庵 (hatenablog.com) さて前巻で自らの分身とも言えるホムンクルスの少年、イドへの鬼畜な所業が判明したロイド君であるが、画面の前の読者の皆様はこう思われで…

読書感想:おお魔王、死んでしまうとは何事か2 ~小役人、魔王復活の旅に出る~

前巻感想はこちら↓ 読書感想:おお魔王、死んでしまうとは何事か ~小役人、魔王復活の旅に出る~ - 読樹庵 (hatenablog.com) さて、今作品は実に二年ぶりの刊行となる訳であるが前巻のストーリーを画面の前の読者の皆様はお忘れではないだろうか。お忘れと言…

読書感想:初恋だった同級生が家族になってから、幼馴染がやけに甘えてくる2

前巻感想はこちら↓ 読書感想:初恋だった同級生が家族になってから、幼馴染がやけに甘えてくる - 読樹庵 (hatenablog.com) 初恋の相手である「向日葵の女神」、日向。長年の幼馴染である「月の天使」、月乃。悠人のすぐ側にいて、三角関係を形成している全…

読書雑記:発売日前恒例、新刊紹介なお話。角川スニーカー文庫、HJ文庫、講談社ラノベ文庫、ヒーロー文庫編。

こんばんは。名古屋も空梅雨のまま梅雨明けし暑さに辟易としております、真白優樹です。さて暑さにも負けず発売日が迫る今日この頃、六月三十日から七月一日にかけて発売される新刊の中から、このブログで紹介予定の作品についてお話したいと思います。 読書…

読書感想:七聖剣と魔剣の姫2

前巻感想はこちら↓ 読書感想:七聖剣と魔剣の姫 - 読樹庵 (hatenablog.com) さて、前巻を読まれた読者様であればお分かりであろうが、この世界には全てを滅ぼす「天災」が訪れるまであと三年、と迫ってしまっている。そんな中、同盟を結んだサクヤとアイリス…

読書雑記:発売日前恒例、新刊紹介なお話。角川スニーカー文庫、HJ文庫、講談社ラノベ文庫編。

こんばんは。あと二日で五月も終わってしまいますがもうそろそろ今年が半分終わると言う事実に若干真顔になっている真白優樹です。三十歳へのカウントダウンが近づいている気がします。さてそんな嘆きはともかく、本日は今週中ごろにかけて発売される新刊の…

読書感想:双黒銃士と銀狼姫

さて、皆様は「人狼」と聞くとどんな存在を思い浮かべるであろうか。私としてはハリーポッターシリーズに登場したかの教師を思い浮かべる次第であるが。それはともかく、人狼と言うのは何処か神秘性もありながら恐怖感もある存在であると思われるが、この作…

読書感想:俺のクラスに若返った元嫁がいる

さて、今の時代は晩婚化、及び未婚化が進んでおり、それが少子高齢化社会に拍車をかけている、と声高に叫ばれているが、何故我々は結婚はいいや、と思うようになったのであろう。結婚しなくとも人生を充実させることができるからであろうか。それとも、パー…

読書感想:冰剣の魔術師が世界を統べる5 世界最強の魔術師である少年は、魔術学院に入学する

前巻感想はこちら↓ 読書感想:冰剣の魔術師が世界を統べる4 世界最強の魔術師である少年は、魔術学院に入学する - 読樹庵 (hatenablog.com) さて、これまで様々な戦いを繰り広げ、アメリアやアリアーヌ、レベッカやオリヴィアといった多数のヒロイン達の心…

読書雑記:発売日前恒例、新刊紹介なお話。角川スニーカー文庫、HJ文庫、講談社ラノベ文庫、ファミ通文庫編。

こんばんは。黄金週間が徐々に近づく中、最近読書計画が狂いがちな真白優樹です。何とか今月に発売された四月の新刊は今月中に読み終えたいのですが。さて本日はちょっと早めに発売される五月初旬に発売される新刊の中から、このブログで紹介予定の作品につ…

読書感想:世界平和のために魔王を誘拐します

さて、最近のラノベにおいては「強い」ヒロインも増えてきたような風潮が見受けられる気がするが、画面の前の読者の皆様はどう思われるだろうか。主人公を引っ張り、振り回していくような癖の強いヒロインは、画面の前の読者の皆様はお好きであろうか。

読書感想:最強魔術師の弟子は冒険者ギルドの始祖となる

さて、ファンタジー的な異世界においてはよくある、というよりほぼ確実に存在するものとして挙げられるのは何であろうか。魔王、は微妙なラインかもしれぬ。魔族、はいるかもしれない。魔物、はほぼ確実に存在すると言っても過言ではない。では冒険者ギルド…

読書感想:初恋のお姉さんを今度養うことになりまして

さて、今の世の中には専業主婦、もとい専業主夫という言葉が存在する。女が家を守り、男が外で働くと言う時代はもう古いと言えよう。そんな昨今の情勢を反映してか、最近のラノベにおいては「家事等の生活能力が高い男子主人公」という人物像も段々と見かけ…

読書雑記:発売日前恒例、新刊紹介なお話。角川スニーカー文庫、HJ文庫、講談社ラノベ文庫編。

こんばんは。一月ももう終わりますが世間はまん延防止策の真っ只中。もう何度目だと若干呆れのため息を漏らしている真白優樹です。もう何度目かも数えるのも馬鹿馬鹿しいくらいであり、過ごし方ももう身についてしまったのであまり特に何かが変わる、という…

読書雑記:二月初旬から中旬にかけての個人的要注目な新刊のお話。

こんばんは。一月もそろそろ終わりますが日にちが経過するのが早すぎる気がするのは私だけでしょうか、真白優樹です。さて本日は二月初旬から中旬にかけて発売される新刊の中から、個人的に要注目している新刊についてお話したいと思います。 読書雑記:一月…

読書感想:日本語が話せないロシア人美少女転入生が頼れるのは、多言語マスターの俺1人2

前巻感想はこちら↓ 読書感想:日本語が話せないロシア人美少女転入生が頼れるのは、多言語マスターの俺1人 - 読樹庵 (hatenablog.com) さて、前巻を読まれた読者様であればこうは思われたのではないだろうか。この作品、果たしてラブコメと呼んでも大丈夫な…

読書感想:七聖剣と魔剣の姫

さて、ファンタジー世界に於いては聖剣と魔剣、というものが存在することが多く、時に妖刀というものも存在している事がある。聖剣と魔剣、そして妖刀というものは時に読者の心の中の一部を擽る要素であると言う事は、画面の前の読者の皆様もご存じであろう…

読書感想:アナザー・エゴ 男女逆転の執行者は、世界最弱の令嬢を護衛する

さて、「トランスセクシャル」、略してTSする主人公と聞いて画面の前の読者の皆様が連想されるのは誰であろうか。お湯を被ると性別が変わる、昭和の漫画のかの少年だろうか。宇宙人の捜査官の女性と体を共有してしまった、とある平成の漫画のかの少年か。…

読書雑記:発売日前、新刊紹介のお話。講談社ラノベ文庫編。

こんばんは。もう少し寝るとお正月、仕事によってはそろそろ仕事納め、学生であればとっくに冬休みかもしれない今日この頃、皆様いかがお過ごしでしょうか。私は明日が仕事納めなので頑張ってこようと思います、真白優樹です。さて本日はもう発売日ですしも…