HJ文庫

読書感想:「私と一緒に住むってどうかな?」 1 見た目ギャルな不器用美少女が俺と二人で暮らしたがる

さて、DIYと言えば画面の前の読者の皆様にとっては何であろうか。鉄腕ダッシュだろうか。それともいきなり黄金伝説における無人島生活の有野さんのDIYだろうか。私としては無人島生活の方なので、そちらの印象の方が強いと言う読者様がおられる事を願…

読書感想:異界心理士の正気度と意見 1 ―いかにして邪神を遠ざけ敬うべきか―

SAN値チェック。この言葉を聞いた事のある読者様は果たしてどれだけ折られるだろうか。もし聞いた事が無い方は、ニャルラトホテプやクトゥグア、イタクァ。ダゴンにアザトースなんて神の名前を聞かれたことはあるだろうか。 そう、クトゥルフ神話である。…

読書雑記:発売日前恒例、新刊紹介なお話。スニーカー文庫及びHJ文庫編、講談社ラノベ文庫及びモンスター文庫編。

こんにちは。世間では桜が次々開花しているらしいですが、今年は花見が出来そうになくてちょっと落ち込んでいる真白優樹です。桜の木の下で読書するのもまた乙なものなのですが。さて今回は、来週の今頃にはもう新刊が出揃っているだろうとの事で、今月末か…

読書感想:紙山さんの紙袋の中には 2

前巻感想はこちら↓ 読書感想:紙山さんの紙袋の中には1 - 読樹庵 (hatenablog.com) さて、前巻を読まれた画面の前の読者様であればこの作品のヒロイン達のぶっ飛び具合は既にご承知で在ろう。が、お忘れの読者様もおられるかもしれないし、実は前巻を読んで…

読書感想:伝説の魔導王、千年後の世界で新入生になる1 ~~零からやり直す学園無双~

ホグワーツ、ボーバトン、ダームストラング。この三つの単語を聞き画面の前の読者の皆様は何を連想されるであろうか。それとも今の読者様の中でも若い世代の読者様では、この単語の意味はお分かりにならないかもしれない。この三つの単語は、かの有名な世界…

読書感想:元カノ先生は、ちょっぴりエッチな家庭訪問できみとの愛を育みたい。1

さて、突然ではあるが画面の前の読者の皆様。貴方は忘れられない恋というものはあるであろうか。男は恋をフォルダごとに保存し、女は恋を上書き保存していくというけれど、それでも忘れられぬ恋というものはあられるであろうか。 主人公である高校三年生、明…

読書雑記:発売日前恒例、新刊紹介なお話。角川スニーカー文庫、HJ文庫、講談社ラノベ文庫、ファミ通文庫編。

こんばんは。今日で二月も終わりですが、三月は職場が繫忙期だと予告されているので、果たして無事にラノベを読む時間は確保できるのか、不安もある真白優樹です。では本日は、もう発売していると言うツッコミはやめてください時間が間に合わなかったのです…

読書感想:追放された落ちこぼれ、辺境で生き抜いてSランク対魔師に成り上がる 2

前巻感想はこちら↓ 読書感想:追放された落ちこぼれ、辺境で生き抜いてSランク対魔師に成り上がる1 - 読樹庵 (hatenablog.com) さて、前巻の功績により英雄となり、本格的にSランク対魔師として実戦の中で活動する事になったこの作品の主人公、ユリア。だが…

読書感想:いっつも塩対応な幼なじみだけど、俺に片想いしているのがバレバレでかわいい。1

さて、突然ではあるが画面の前の読者の皆様。心の声のような普通の人には聞こえぬ声が聞こえるという人物は誰かと聞かれると、二次元三次元問わずで貴方は誰を思い浮かべるであろうか。もし、自分にしか聞こえぬ声が聞こえてしまったら、貴方はどうするだろ…

読書感想:幼馴染で婚約者なふたりが恋人をめざす話 1

さて、突然ではあるが画面の前の読者の皆様。貴方は家族愛と異性愛の違いについてどう思われるであろうか。家族愛があるから出来て、異性愛があるから出来る。そんな出来る事の違いについて貴方はどう考えておられるであろうか。 とある大規模なグループ企業…

読書雑記:一月がそろそろ終わるので、そろそろ新刊紹介、HJ文庫、角川スニーカー文庫、講談社ラノベ文庫等編なお話。

こんばんは。一月もそろそろ終わりますが皆様いかがお過ごしでしょうか。私は月末までに書くべき感想を書く為に、今頭の中で文章を推敲している最中です、真白優樹です。ではまずはその前に、書かないと感想が書けないのと指慣らしも兼ね来月初旬に至るまで…

読書感想:最弱無能が玉座へ至る 2 ~人間社会の落ちこぼれ、亜人の眷属になって成り上がる

前巻感想はこちら↓ 読書感想:最弱無能が玉座へ至る1 ~人間社会の落ちこぼれ、亜人の眷属になって成り上がる~ - 読樹庵 (hatenablog.com) さて、亜人の眷属となる事で「王」としての力を解放、使いこなす事のできるという特異な力を持つことが判明した、…

読書感想:元世界最強な公務員 1.帰還勇者、身分を隠してたのに新人冒険者の世話をすることになりました

さて、突然ではあるが画面の前の読者の皆様。公務員というのは非常に安定した職業であり、昨今のような情勢下においてはとても安心して目指す事の出来る職業であるが、公務員の具体的な業務というものについてはどの程度ご存じであろうか。一例としては高津…

読書感想:聖剣士さまの魔剣ちゃん2 ~主のために頑張る魔剣を全力で応援しようと思います~

前巻感想はこちら↓ 読書感想:聖剣士さまの魔剣ちゃん 1~孤独で健気な魔剣の主になったので全力で愛でていこうと思います~ - 読樹庵 (hatenablog.com) さて、今巻の感想を綴っていく前に、画面の前の読者の皆様に問いかけたい。この作品の魅力であり面白い点…

読書雑記:もういくつ寝ると年末年始、そしてもう発売されている新刊の中から個人的期待の新作及び続刊についてのお話。

こんばんは。明日は就職して初めての仕事納め。これから始めて年末年始のお休みが待っている中、今月の積読を消化できる目途が立たぬことに若干絶望している真白優樹です。とりあえず年末年始で何とか片付ける事を目指すとして。年末進行により既に各所で新…

読書感想:夢見る男子は現実主義者 3

前巻感想はこちら↓ 読書感想:夢見る男子は現実主義者2 - 読樹庵 (hatenablog.com) さて、作中の時間は進み夏休みである。夏休みと言えば海、プール、夏祭り。様々なイベントの宝庫であり、ラブコメにとっては違和感なく様々なイベントを起こせる、恋人同士…

読書雑記:そろそろ月末が迫ってきたので、来月初旬にかけて発売される新作の中から個人的期待の新作及び続刊についてのお話。

こんばんは。そろそろ十二月、師走の季節が迫ってきていますが皆様いかがお過ごしでしょうか。私は最近、中々感想を書くペースが掴めずにちょっと四苦八苦しております、真白優樹です。名古屋ではファミ通文庫や角川スニーカー文庫の早売りも始まっているよ…

読書感想:毒舌少女はあまのじゃく 2~壁越しなら素直に好きって言えるもん! ~

前巻感想はこちら↓ https://yuukimasiro.hatenablog.com/entry/2020/07/02/235702 大切な事を言えなくては伝わらないものがある。伝えたい一人に伝わっていたとしても、本当の意味で示さなければいけないものがある。ならば、画面の前の読者の皆様はそんな時…

読書感想:聖剣士さまの魔剣ちゃん 1~孤独で健気な魔剣の主になったので全力で愛でていこうと思います~

問:人の姿に変わる剣と言えば? 答:アリア(聖剣の刀鍛冶)(若干ネタが古い、そしてレーベルが違う) 一体どういう訳かと聞かれれば、そういう訳であるとだけ言いたい。「血に塗れた豊かな人生」という名を持つ魔剣、リーシュ。 それは誰かと聞かれれば、…

読書雑記:十月もそろそろ終わるので、来月初旬にかけて発売される新刊の中から個人的期待の新作及び続刊についてなお話。

こんばんは、真白優樹です。そろそろ十一月となってくる今日この頃、段々冬になって寒くなってくる季節ではございますが皆さま、風邪と寝坊にはご注意くださいませ。さて、本日名古屋のアニメイトを覗いてきました所、明日は沢山の新刊が発売されるようなの…

読書感想:常勝魔王のやりなおし1 ~俺はまだ一割も本気を出していないんだが~

さて、突然ではあるが画面の前の読者の皆様。貴方はもし目の前に自分の家の権威を鼻にかけ悪逆の限りを尽くす外道がいたとしたら、どうするだろうか。見てみぬふりをするだろうか。それとも、勇気を出して止めようとするか。 かつての歴史、五百年前の話。伝…

読書雑記:そろそろ十月になるので、今月末から来月初めにかけて発売される新刊の中から個人的期待の新作及び続刊についてのお話。

こんにちは。真白優樹です。本日は、そろそろ九月が終わり十月が始まるという事でちょっと早めかもしれませんが、今月末から来月初めにかけて発売される新刊の中から個人的に楽しみな新作及び続刊についてお話したいと思います。 天才美少女な幼馴染のくせに…

読書感想:夢見る男子は現実主義者2

前巻感想はこちら↓ https://yuukimasiro.hatenablog.com/entry/2020/06/02/230841 百年の恋が覚め現実に還る。そんな言わば終わった恋から始まるある意味異色ともいえるこの作品。前巻の最後、いきなりの愛華からの申し出からこの作品はどんな方向へと進んで…

読書感想:エロティカル・ウィザードと12人の花嫁 2

前巻感想はこちら↓ https://yuukimasiro.hatenablog.com/entry/2020/02/04/235848 さて、エロスに満ちた作品が続刊を迎えるとその方向性が気になったりするのは私だけであろうか。ではこの作品の二巻は一体どんな方向へと進んでいく事になるのか。 前巻で物…

読書感想:追放された落ちこぼれ、辺境で生き抜いてSランク対魔師に成り上がる1

さて、突然ではあるが画面の前の読者の皆様。貴方は今の仲間に満足されているであろうか。今、隣にいる仲間に満足できていない所はあるであろうか。 さて、この作品の作者であられる御子柴先生と言えば、講談社ラノベ文庫で下記の作品を手掛けられている先生…

読書感想:時給12億円のニート参上! 使っても無くならない財布を拾ったけど、お金の使い方が分かりません1

さて、突然ではあるが画面の前の読者の皆様。貴方は時給を貰って働くとしたらどれだけ貰いたいだろうか。時給一万円くらいならその使い道は色々思い浮かぶかもしれない。しかし、この作品のように時給12億円なんていう金額になってしまうと、逆に使い道を思…

読書感想:デッド・エンド・リローデッド 2-不倶戴天のトゥーム・レイダー-

突然ではあるが画面の前の読者の皆様。人型ロボット同士がドンパチ火花を散らし、人と人が銃火を交わし合う戦場として相応しいのは何もない荒野であるか、入り組み煩雑とした都市であるか、どちらが良いと思われるだろうか。無論、何もないからこそ小細工な…

読書雑記:八月がそろそろ終わるので、月末から月初めにかけて発売される新刊の中から個人的期待の新作及び続刊についてのお話。

こんにちは。もうそろそろ八月も終わるというのに最近、妙な夢ばかり見てちょっと睡眠が不満足な真白優樹です。では本日は名古屋でも徐々に新刊が発売されていますが、この記事を作らないと書けないという事で今月末から月初め、ファミ通文庫から講談社ラノ…

読書感想:最弱無能が玉座へ至る1 ~人間社会の落ちこぼれ、亜人の眷属になって成り上がる~

突然ではあるが画面の前の読者の皆様、貴方は王になりたいタイプであろうか、それとも王に仕えたいタイプであろうか。もし仕えたいタイプであるなら、貴方はどんな王に仕えたいだろうか。 「聖なる騎士の暗黒道」シリーズでHJ文庫で好評を博する坂石遊作先…

読書雑記:七月最終日、今月の読了した作品の中から個人的お勧めの作品についてのお話。

こんばんは、真白優樹です。唐突ですが、七月末です本日は。新型コロナウイルスの第二波が各地で猛威を振るっているのは、政府の荒唐無稽な政策のせいでもある気はしますが、そんな社会的話題はさておき、今月読了した作品の中から個人的にお勧めしたい作品…