GA文庫

読書感想:カノジョの妹とキスをした。4

前巻感想はこちら↓ 読書感想:カノジョの妹とキスをした。3 - 読樹庵 (hatenablog.com) さて、一年ぶりの新刊であり最終巻となる今巻。博道と時雨、そして晴香。三人での間の「不純愛」を描き、そのジャンルの先駆けとなり開拓者となった、と言っても過言で…

読書雑記:十月上旬から中旬にかけての個人的要注目な新刊のお話。

こんばんは。最近残業続きなのと、最近買ったSDガンダム バトルアライアンスにハマりすぎて読書計画崩れ気味な真白優樹です。何とか修正していかなくては。さて本日は、十月初旬から中旬にかけて発売される新刊の中から、個人的要注目な新刊についてお話し…

読書感想:英雄支配のダークロード2

前巻感想はこちら↓ 読書感想:英雄支配のダークロード - 読樹庵 (hatenablog.com) さて、前巻で敗者である英雄達を従え、乱世の世界に覇を示した魔王、フール。だがしかし、世界へと反旗を翻し反逆を宣言した以上、勝ち続ける以外に他はない。そして勝ち続け…

読書感想:クラスのぼっちギャルをお持ち帰りして清楚系美人にしてやった話4

前巻感想はこちら↓ 読書感想:クラスのぼっちギャルをお持ち帰りして清楚系美人にしてやった話3 - 読樹庵 (hatenablog.com) さて、前巻で毒親との決別を果たし、祖母と言う受け入れてくれる場所も得て。徐々に別れが迫ってくる中、晃と葵にはもう、何の障害…

読書感想:お隣の天使様にいつの間にか駄目人間にされていた件7

前巻感想はこちら↓ 読書感想:お隣の天使様にいつの間にか駄目人間にされていた件6 - 読樹庵 (hatenablog.com) さて、来年アニメ化も決まり、更には今年のこのライトノベルがすごいにも再びトップ10にランクインしてきそうな気がするこの作品。前巻で一応…

読書感想:高校生WEB作家のモテ生活2 「じゃあ全員と付き合っちゃえば」なんて人気声優が言いだしたのでハーレム開始

前巻感想はこちら↓ 読書感想:高校生WEB作家のモテ生活 「あんたが神作家なわけないでしょ」と僕を振った幼馴染が後悔してるけどもう遅い - 読樹庵 (hatenablog.com) さて、立てば何とやらではないも、小説家として既に神の領域に居ると言ってもいい、カミマ…

読書感想:優等生のウラのカオ2 ~実は裏アカ女子だった隣の席の美少女と放課後二人きり

前巻感想はこちら↓ 読書感想:優等生のウラのカオ ~実は裏アカ女子だった隣の席の美少女と放課後二人きり~ - 読樹庵 (hatenablog.com) さて、鏡写しの似た者同士、何処か似ていて似たような傷を抱えている秋人と優の二人、という構図は前巻を読まれた読者…

読書感想:見上げるには近すぎる、離れてくれない高瀬さん

さて、突然ではあるが画面の前の読者の皆様。皆様は背が高い方であろうか、低い方であろうか。低い方と言う読者様は、背が高い人の事を羨ましく思われていたりするだろうか。私は背が高い方であるが、正直、高くても良い事ばかりではない。何故なら背が高い…

読書雑記:発売日前恒例、新刊紹介なお話。GA文庫編。

こんばんは。九月もそろそろ半分が過ぎようとしていますが皆様、いかがお過ごしでしょうか。私はPS4でバトアラやりながらラノベを読んでいます、真白優樹です。さて本日は明日発売のGA文庫の新刊の中から、このブログで紹介予定の作品についてお話した…

読書雑記:九月初旬から中旬にかけての個人的要注目な作品のお話。

こんばんは。そろそろ九月になろうと言う今日この頃、雨の予報が続いている事に面倒くささを感じる真白優樹です。さて本日は、九月初旬から中旬にかけて発売される新刊の中から、個人的に要注目な新刊についてお話したいと思います。 読書雑記:八月中旬から…

読書感想:冷たい孤高の転校生は放課後、合鍵回して甘デレる。

人と関わることが苦手、誰かと喋っている時は僕は僕じゃない、そんな性分を抱えておられる読者様は画面の前に如何程おられるであろうか。そういう読者様がおられるのも普通の事なのかもしれない。何故ならば、人は千差万別、様々な形があるのだから。だが人…

読書感想:家で無能と言われ続けた俺ですが、世界的には超有能だったようです5

前巻感想はこちら↓ 読書感想:家で無能と言われ続けた俺ですが、世界的には超有能だったようです4 - 読樹庵 (hatenablog.com) さて、今まで姉達から出される試練を悉く乗り越えてきたノアであるが、画面の前の読者の皆様は今までの試練の内容を見てこうは思…

読書雑記:発売日前恒例、新刊紹介なお話。GA文庫編。

こんばんは。明日のコミケと言う名の戦場に向かわれると言う読者の皆様、台風と熱気と感染症には気を付けて生きて帰ってきてくださいませ、真白優樹です。さて本日はそろそろ発売はしていますが、これを書かぬと書けないと言う事で、今月のGA文庫の新刊の…

読書雑記:八月初旬から中旬にかけての個人的要注目な新刊のお話。

こんばんは。段々と八月も近づき暑い日々が増えてきましたが何とか生きております。真白優樹です。さて本日は八月初旬から中旬にかけて発売される新刊の中から、個人的に要注目している作品についてお話したいと思います。 前回記事は下記となります↓ 読書雑…

読書感想:ブービージョッキー!!2

前巻感想はこちら↓ 読書感想:ブービージョッキー!! - 読樹庵 (hatenablog.com) さて、前巻が刊行されてから今巻のこの感想を書くまでに競馬界ではレジェンドである武豊騎手がドウデュースと共に六度目のダービーの栄冠を勝ち取ったり、ikzeこと池添騎手とメ…

読書感想:リモート授業になったらクラス1の美少女と同居することになった2

前巻感想はこちら↓ 読書感想:リモート授業になったらクラス1の美少女と同居することになった - 読樹庵 (hatenablog.com) さて、言うまでもない事であるが物事には始まりがあれば終わりがある。というのは今更語るまでもないだろう。その事実を示すかのよう…

読書感想:双翼無双の飛竜騎士

空を駆けた キミが笑った それだけ だから高く 遠くへ飛べる。 これはとある有名ゲームの主題歌の一節である。何故こんな前書きになっているのかと言うと、かのゲームにおいては主人公とヒロインが一種、相棒関係(主観)になっているからこそただ恋人同士で…

読書感想:みんなのアイドルが俺にガチ恋するわけがない2

前巻感想はこちら↓ 読書感想:みんなのアイドルが俺にガチ恋するわけがない - 読樹庵 (hatenablog.com) さて、前巻を読まれた読者様は夜に虹がかかる島、夜虹島ともう一人の自分ともいえる「レプリカ」という現象についてはもう事前知識はおありであろう。前…

読書感想:あおとさくら

さて、画面の前の読者の皆様にまずは一つお伺いしてみよう。皆様は「青春」と聞いて何を思い浮かべられるであろうか。「青春」とはどういう事をすれば最適解となるのか。そう聞かれたのならば皆様はどう答えられるであろうか。部活に熱中してもいいし、恋に…

読書雑記:発売日前恒例、新刊紹介なお話。GA文庫編。

こんばんは。戻り梅雨の気配に面倒くささを感じている真白優樹です。さて本日は、今週木曜日発売予定のGA文庫の新刊の中から、このブログで紹介予定の作品についてお話したいと思います。 読書雑記:七月初旬から中旬にかけての個人的要注目な新刊のお話。…

読書雑記:七月初旬から中旬にかけての個人的要注目な新刊のお話。

こんばんは。最近暑い日が続き一部では梅雨明けの通知も出ていますが、全然雨が降っていない気がする真白優樹です。さて本日は来月初旬から中旬にかけて発売される新刊の中から、個人的要注目な作品について紹介したいと思います。 読書雑記:六月中旬から下…

読書感想:恋を思い出にする方法を、私に教えてよ2

前巻感想はこちら↓ 読書感想:恋を思い出にする方法を、私に教えてよ - 読樹庵 (hatenablog.com) さて、「魔女」との契約により恋を食べてしまう異能を得た孝幸と、その相棒となった葵が今巻でも新たな事件に立ち向かっていくわけであるが、画面の前の読者の…

読書感想:いたずらな君にマスク越しでも恋を撃ち抜かれた2

前巻感想はこちら↓ 読書感想:いたずらな君にマスク越しでも恋を撃ち抜かれた - 読樹庵 (hatenablog.com) さて、前巻が発売されたのはおよそ六カ月前であり、あの時節はまだまだコロナウイルスが流行し猛威を振るっていた頃であるが、今この感想を書いている…

読書感想:やたらと察しのいい俺は、毒舌クーデレ美少女の小さなデレも見逃さずにぐいぐいいく6

前巻感想はこちら↓ 読書感想:やたらと察しのいい俺は、毒舌クーデレ美少女の小さなデレも見逃さずにぐいぐいいく5 - 読樹庵 (hatenablog.com) さて、突然ではあるが今巻の表紙をまずは見ていただきたい。初の二人での表紙であり、直哉のこれ以上ない程に穏…

読書雑記:発売日前恒例、新刊紹介なお話。GA文庫編。

こんばんは。衝動買いはやめましょう、真白優樹です。さて本日は来週に発売予定のGA文庫の新刊の中から、このブログで紹介予定の作品についてお話したいと思います。 ・いたずらな君にマスク越しでも恋を撃ち抜かれた2 ・著:星奏なつめ先生 絵:裕先生 …

読書感想:痴漢されそうになっているS級美少女を助けたら隣の席の幼馴染だった6

前巻感想はこちら↓ 読書感想:痴漢されそうになっているS級美少女を助けたら隣の席の幼馴染だった5 - 読樹庵 (hatenablog.com) さて、ここまですれ違ってきた諒と姫奈であるが、段々とすれ違いも収まってきたというのは画面の前の読者の皆様も何となくお気…

読書感想:小悪魔少女は、画面の向こうでデレている2

読書感想:小悪魔少女は、画面の向こうでデレている - 読樹庵 (hatenablog.com) さて、素直になれずすれ違い、勘違いですれ違う。画面越しの恋だからこそ、お互いの事が本当の意味で分からない。そんな文人と千夜の恋であるこの作品は、果たして今巻ではどん…

読書感想:ひきこまり吸血姫の悶々8

前巻感想はこちら↓ 読書感想:ひきこまり吸血姫の悶々7 - 読樹庵 (hatenablog.com) さて、ひきこもりたいけれどこもれない、そんな我らが主人公であるコマリであるが、前巻の最後に巻き起こった大変な事態を画面の前の読者の皆様はご記憶されているであろう…

読書感想:私のほうが先に好きだったので。2

前巻感想はこちら↓ 読書感想:私のほうが先に好きだったので。 - 読樹庵 (hatenablog.com) さて、前巻の感想で私はこの作品を焦げ跡のようになった恋、火傷になった恋と定義した訳であるが、当然火傷と言うものは熱いものである。そう、燻る恋と今燃え上がる…

読書感想:お隣の天使様にいつの間にか駄目人間にされていた件6

前巻感想はこちら↓ 読書感想:お隣の天使様にいつの間にか駄目人間にされていた件5.5 - 読樹庵 (hatenablog.com) さて、この作品はどうやら来年、アニメ化するらしい。とても嬉しいお知らせである。いつかはアニメ化する、と何となく予感できるほどに人気に…