角川スニーカー文庫

読書感想:親友歴五年、今さら君に惚れたなんて言えない。

さて、人間何かを始めるのに遅いことは無いらしい。事実、かつて日本地図を作り上げた偉人は、当時からすれば高齢になってからの偉業であったし、今の時代においても、遅咲きの星という形で、何かを始めた人が活躍していたりする。では、「恋」というのは始…

読書雑記:発売日前恒例、新刊紹介なお話。角川スニーカー文庫、HJ文庫、講談社ラノベ文庫、ヒーロー文庫編。

こんばんは。職場でしごかれた日には、本を読んでゲームをするに限ります、真白優樹です。さて本日は、近日発売予定の新刊の中から、このブログで紹介予定の作品についてお話したいと思います。 読書雑記:十月上旬から中旬にかけての個人的要注目な新刊のお…

読書雑記:十月上旬から中旬にかけての個人的要注目な新刊のお話。

こんばんは。最近残業続きなのと、最近買ったSDガンダム バトルアライアンスにハマりすぎて読書計画崩れ気味な真白優樹です。何とか修正していかなくては。さて本日は、十月初旬から中旬にかけて発売される新刊の中から、個人的要注目な新刊についてお話し…

読書感想:お見合いしたくなかったので、無理難題な条件をつけたら同級生が来た件について5

前巻感想はこちら↓ 読書感想:お見合いしたくなかったので、無理難題な条件をつけたら同級生が来た件について4 - 読樹庵 (hatenablog.com) さて、三巻で阻む家の者達を悉く蹴散らし、四巻で二人きりの場でようやっと二人の間の距離をゼロにして。由弦と愛理…

読書感想:見知らぬ女子高生に監禁された漫画家の話3

前巻感想はこちら↓ 読書感想:見知らぬ女子高生に監禁された漫画家の話2 - 読樹庵 (hatenablog.com) さて、大人と言う物は年齢を重ねても、特に大きく変わらなかったりするものである。それもまた当然かもしれない。例えば学生とは違い、仕事をしている社会…

読書感想:ある日、他人の秘密が見えるようになった俺の学園ラブコメ EP1:イケメンに奪られた憧れの美少女をオトします

さて、基本的に「ステータス」と言えばファンタジー世界に於ける概念であるかもしれない。しかし、現代においてもステータス、というのが見える作品と言うのもラノベ界には存在している訳である。では画面の前の読者の皆様の中でそういった作品を読まれた事…

読書感想:砂の上の1DK

さて、突然ではあるが画面の前の読者の皆様は「砂上の楼閣」、という言葉の意味をご存じであろうか。それは見かけは立派であるが、基礎がしっかりしていないために長続きはしないもの、転じて実現不可能なもの。ではこの作品は、砂の上の1DK、それは立派…

読書雑記:発売日前恒例、新刊紹介なお話。角川スニーカー文庫、HJ文庫、講談社ラノベ文庫、ファミ通文庫編。

こんばんは。九月も迫り体重増加の気配がする気がする真白優樹です。さて読書の秋とは言いますが年中読書しているので関係なく、今週発売される新刊の中からこのブログで紹介予定の作品についてお話したいと思います。 読書雑記:九月初旬から中旬にかけての…

読書雑記:九月初旬から中旬にかけての個人的要注目な作品のお話。

こんばんは。そろそろ九月になろうと言う今日この頃、雨の予報が続いている事に面倒くささを感じる真白優樹です。さて本日は、九月初旬から中旬にかけて発売される新刊の中から、個人的に要注目な新刊についてお話したいと思います。 読書雑記:八月中旬から…

読書感想:クラスで2番目に可愛い女の子と友だちになった2

前巻感想はこちら↓ 読書感想:クラスで2番目に可愛い女の子と友だちになった - 読樹庵 (hatenablog.com) さて、前巻で隣に立ちたいと願い、少しずつ。まるで歩くような速さで変わりだした真樹と海の関係。その在り方は正に等身大であり、だからこそ地に足の…

読書感想:転校先の清楚可憐な美少女が、昔男子と思って一緒に遊んだ幼馴染だった件5

前巻感想はこちら↓ 読書感想:転校先の清楚可憐な美少女が、昔男子と思って一緒に遊んだ幼馴染だった件4 - 読樹庵 (hatenablog.com) さて、前巻の最後、隼人を追い残されていたもう一人の幼なじみ、沙紀もまた彼等の元へと転校してきたわけであるが、画面…

読書感想:時々ボソッとロシア語でデレる隣のアーリャさん4.5 Summer Stories

前巻感想はこちら↓ 読書感想:時々ボソッとロシア語でデレる隣のアーリャさん4 - 読樹庵 (hatenablog.com) さて、前巻で政近の前に現れた「彼女」、その彼女が特大の波紋を人間関係に投げかける所で前巻は終わった訳であるが、今巻はそんな波紋を一旦置いて…

読書感想:男子だと思っていた幼馴染との新婚生活がうまくいきすぎる件について2

前巻感想はこちら↓ 読書感想:男子だと思っていた幼馴染との新婚生活がうまくいきすぎる件について - 読樹庵 (hatenablog.com) さて、前巻で「本物」の夫婦となった秀一と唯華の二人であるが、新婚夫婦と言えど二人は未だ未成年である。故に責任の取れぬ行為…

読書感想:リセット彼女がラブコメを思い出すまで

さて、突然ではあるが画面の前の読者の皆様。皆様は「記憶」という要素が密接に絡む作品と聞かれて何を思い出されるであろうか。因みに私のお勧めは「プラスティック・メモリーズ」と「博士の愛した数式」という作品である。何れも感動できる作品であるので…

読書雑記:発売日前恒例、新刊紹介なお話。角川スニーカー文庫、HJ文庫、講談社ラノベ文庫編。

こんばんは。気付けば足に毛虫によると思わしきかぶれがありましたが、別に痛くも痒くもない真白優樹です。さて本日は明日発売予定の角川スニーカー文庫、及び発売日が前倒しされそうな予感のするHJ文庫と講談社ラノベ文庫の新刊の中から、このブログで紹…

読書雑記:八月初旬から中旬にかけての個人的要注目な新刊のお話。

こんばんは。段々と八月も近づき暑い日々が増えてきましたが何とか生きております。真白優樹です。さて本日は八月初旬から中旬にかけて発売される新刊の中から、個人的に要注目している作品についてお話したいと思います。 前回記事は下記となります↓ 読書雑…

読書感想:ラブコメ漫画の世界に入ってしまったので、主人公とくっつかないヒロインを全力で幸せにする2

前巻感想はこちら↓ 読書感想:ラブコメ漫画に入ってしまったので、推しの負けヒロインを全力で幸せにする - 読樹庵 (hatenablog.com) さて、前巻を読まれた読者様は司の尽力により、主人公であり司の親友でもある勇一を取り巻く三角関係が本当の意味で始まっ…

読書感想:忘れさせてよ、後輩くん。2

前巻感想はこちら↓ 読書感想:忘れさせてよ、後輩くん。 - 読樹庵 (hatenablog.com) さて、前巻で春瑠の長く続いた片想いに決着をつけ、夏梅と春瑠のラブコメはようやくスタートラインに立ったわけであるが、ほぼ一年ぶりの続刊と言う訳で、画面の前の読者の…

読書感想:マッチングアプリで元恋人と再会した。

さて、この世には「マッチングアプリ」というものが存在している。例えば画面の前の読者の皆様も何らかのコマーシャルをどこかで目撃された事もあるであろう。マッチングアプリで恋人と出会われた事のある読者様もおられるかもしれないし、今の時代において…

読書感想:男嫌いなクラスの美女が、実はブラコンだと知ってしまった結果。

さて、今日の勝利の女神は、あたしだけにチュウする、というのは現在社会現象を巻き起こしているとあるソシャゲの主題歌の一節であるが、この「あたしだけ」、つまりは自分だけという部分に魅力を感じられる読者様はどれだけおられるだろうか。自分しか知ら…

読書感想:刻をかける怪獣

さて、タイムリープ、特に「死に戻り」と言われる能力と聞いて画面の前の読者の皆様が思い浮かべられるのは某リゼロの主人公であろう、大体は。では画面の前の読者の皆様にお聞きしてみたい。皆様はもし自分が「死に戻り」の力を得たとして、何回までなら耐…

読書雑記:発売日前恒例、新刊紹介なお話。角川スニーカー文庫、HJ文庫、講談社ラノベ文庫、ヒーロー文庫編。

こんばんは。名古屋も空梅雨のまま梅雨明けし暑さに辟易としております、真白優樹です。さて暑さにも負けず発売日が迫る今日この頃、六月三十日から七月一日にかけて発売される新刊の中から、このブログで紹介予定の作品についてお話したいと思います。 読書…

読書雑記:七月初旬から中旬にかけての個人的要注目な新刊のお話。

こんばんは。最近暑い日が続き一部では梅雨明けの通知も出ていますが、全然雨が降っていない気がする真白優樹です。さて本日は来月初旬から中旬にかけて発売される新刊の中から、個人的要注目な作品について紹介したいと思います。 読書雑記:六月中旬から下…

読書感想:高度に発達した現代工学ならば魔法すら打ち破れる

さて、スターライトブレイカーと言えばなのはの必殺技である。なのはと言えば誰かと言われると魔法少女リリカルなのはの主人公である。しかし今の時代、リリカルなのはの事をご存じな読者様はどれだけおられるのだろうか。その答えは分からぬが、それはとも…

読書感想:陰キャだった俺の青春リベンジ2 天使すぎるあの娘と歩むReライフ

前巻感想はこちら↓ 読書感想:陰キャだった俺の青春リベンジ 天使すぎるあの娘と歩むReライフ - 読樹庵 (hatenablog.com) さて、突然ではあるが画面の前の読者の皆様は、ラブコメ的に主人公が何れ乗り切らなければならぬイベントと聞くと何を連想されるであ…

読書感想:スキルが見えた二度目の人生が超余裕、初恋の人と楽しく過ごしています

さて、突然に当然ではあるが我々が生きるこの世界にスキルのようなものもないし、魔法のようなものもない。だからこそ本当の現実世界と言う舞台においては異能力バトルなんて存在しないし、ラブコメはあっても、バトル要素は喧嘩くらいしか存在していない。…

読書感想:彼女が先輩にNTRれたので、先輩の彼女をNTRます2

前巻感想はこちら↓ 読書感想:彼女が先輩にNTRれたので、先輩の彼女をNTRます - 読樹庵 (hatenablog.com) さて、前巻で主人公である優とヒロインである燈子の復讐計画は成功と相成り、倍返しは成功したわけであるが、そこから続く今巻では何を描いていくのか…

読書感想:VTuberのマイクに転身したら、推しが借金まみれのクズだった

さて、昨今のラノベ界においては「Vtuber」を題材にした作品も少しずつではあるが増えてきている。そんな作品の一つ一つに目を向けていると、同じ題材でもシリアスからコメディまで、切り口次第で如何様にも料理できると言う事が分かる次第である。では、今…

読書感想:喋らない来栖さん、心の中はスキでいっぱい。

さて、言葉が話せぬヒロインと言うと画面の前の読者の皆様は誰を連想されるであろうか。言葉が話せぬ、その理由は外傷であったり、心因性であったりと様々な場合がある。ではそんなヒロインと交流する場合には何が必要なのか。それこそ特別なツールが必要な…

読書感想:問題児の私たちを変えたのは、同じクラスの茂中先輩

さて、突然ではあるが画面の前の読者の皆様は、ラノベにおける「問題児」と聞いて誰の事を連想されるであろうか。私個人としては、同じ角川スニーカー文庫の作品である愛すべき某問題児三人組を推したい次第であるが、皆様はどうであろうか。かの作品の続き…