読書雑記:そろそろ十月が終わるので、明日から三日間にかけて発売される新刊の中から個人的期待の新作及び続刊についてなお話。

こんばんは。そろそろ十月も終わりまして私が誕生日を迎える十一月が迫ってきましたが、この年齢になると特に感慨もない真白優樹です。一年生き抜きまた一つ、年を取るという事なのです。 では明日、明後日、明々後日にかけて新刊が発売されるという事で発売…

読書感想:世々と海くんの図書館デート(2) 夏のきつねのねがいごとは、だいすき。だいすき。だいすきです。

前巻感想はこちら↓ https://yuukimasiro.hatenablog.com/entry/2020/10/20/233937?_ga=2.258138825.278350096.1597930789-1866782838.1445014628 さて、今巻の題名では何故三回も大好きを連呼しているのか。その答えは今からこの記事で綴っていく事で明かし…

読書感想:魔女と猟犬

さて、突然ではあるが画面の前の読者の皆様。貴方はもし自分が住んでいる国が滅びの危機に晒されているとしたらどうされるであろうか。もし抗う力があるのなら、必死に最後まで抗うであろうか。それともただ何もせずに、座して死を待つ道を選ばれるであろう…

読書感想:世々と海くんの図書館デート 恋するきつねは、さくらのバレエシューズをはいて、絵本をめくるのです。

さて、突然ではあるが画面の前の読者の皆様。貴方は図書館に思い入れはあられるであろうか。かの本の匂いに包まれ独特の静寂感漂う図書館の空気がお好きという読者様はおられるであろうか。 昔々、という程でもなくこの時代。とある田舎の村。その近くの山の…

読書感想:魔王が如く 絶対強者の極道魔王、正体を隠して学園を極める

さて、突然ではあるが画面の前の読者の皆様。貴方は極道と聞くとどんな人物を思い浮かべるであろうか。龍が如くのようなゲームに登場した人物だろうか、それとも実際に存在した人物だろうか。只一つ言える事は、恐らくどんな極道であっても、一本その胸に秘…

読書感想:人生∞周目の精霊使い 無限の歴史で修行した元・凡人は世界を覆す

さて、突然ではあるが画面の前の読者の皆様。貴方はもし、自分が生きてきた人生の中で一度だけ、今の自分のままで戻れるとしたらどうするだろうか。過去の自分が死んだりしたら一巻の終わり、そんな根本的な問題を抱えるとしても戻りたい歴史はあられるであ…

読書感想:人工痴能と始める人生デバッグ入門 ドスケベAIが俺に童貞捨てさせようとしてくる

さて、突然ではあるが画面の前の読者の皆様。貴方は将来のAI世界に何か望みはあるであろうか。どんな世界になってほしい、そんな望みはあるであろうか。 大企業であるACME社が富士山の麓に築いた、ありとあらゆるものがネットワークでコントロールされ…

読書感想:たとえば俺が、チャンピオンから王女のヒモにジョブチェンジしたとして。2

前巻感想はこちら↓ https://yuukimasiro.hatenablog.com/entry/2020/08/23/233719 さて、突然ではあるが画面の前の読者の皆様はメイドと言われればどんなキャラを連想されるか、メイドとはどんな性格が一番好ましいと思われるか。古今東西、様々なメイドなキ…

読書感想:異世界で最強の装備は、全裸でした どうか私に全裸を教えてくださいっ! 全裸でなく《世界》だ!

さて、突然ではあるが画面の前の読者の皆様の中に寝る時は全裸派、若しくは露出趣味のあられる読者の方はおられるだろうか。無論私はその趣味を止めるようなことはしないが、果たして貴方は全裸である事が力になるとしたらどうするだろうか。 とあるファン…

読書感想:僕の軍師は、スカートが短すぎる ~サラリーマンとJK、ひとつ屋根の下

さて、突然ではあるが画面の前の読者の皆様。貴方は心理学、と聞くとどんな作品を思い浮かべるであろうか。心理学、それは一見すると縁がないかもしれぬ学問である。だがしかし、その実は生かすことが出来れば日常生活でも役立つことが多い学問であるのかも…

読書感想:家族なら、いっしょに住んでも問題ないよね?2

前巻感想はこちら↓ https://yuukimasiro.hatenablog.com/entry/2020/05/15/231516 さて、突然ではあるが画面の前の読者の皆様。私にも感想記事を書けない時があるという事をご承知いただきたい。それは時間的な制約であったり、感想に出来る程の言葉が出てこ…

読書雑記:十月もそろそろ後半戦なので、明日から発売となる新刊の中から個人的期待の新作及び続刊についてなお話。

こんばんは。そろそろ十一月も迫ってきて、急に寒くなってきましたが皆さま、体調等崩されていないでしょうか、真白優樹です。温かくして寝ると布団から出られなくなる季節になってきますが、寒さに負けぬ為にもラノベを読もう。という訳で明日発売のファン…

読書感想:きみって私のこと好きなんでしょ?2 とりあえずデートでもしてみる?

前巻感想はこちら↓ https://yuukimasiro.hatenablog.com/entry/2020/04/14/225805 さて、突然ではあるが画面の前の読者の皆様。付き合ってまず初めにする事、ラブコメ編と言えば何であろうか。ファースト・キスかそれとももっと進んだ恋のABCか。否、まず…

読書感想:厳しい女上司が高校生に戻ったら俺にデレデレする理由 ~両片思いのやり直し高校生生活~

さて、突然ではあるが画面の前の読者の皆様。貴方は過去の人生に残してきた悔いはあられるだろうか。何かやり直したい、あそこでああすりゃ良かった。そんな後悔がもしやり直せるとしたら、貴方はその誘いに乗られるだろうか。 冴えない二十七歳、新卒五年目…

読書感想:女子高生声優・橋本ゆすらの攻略法

さて、突然ではあるが画面の前の読者の皆様。貴方は声優と聞くと、まず何方の名前を挙げるだろうか。貴方の心の中に、推しと呼べる声優の方はおられるだろうか。 だが二つ、確かなことがある。それは今時の声優は歌って踊れなければ話にならないと言われる事…

読書感想:ねえ、もっかい寝よ?

さて、突然ではあるが画面の前の読者の皆様。貴方は寝る時に何かを抱いていないと寝れないタイプであろうか。何かを抱いて寝るのなら、一体貴方は何を抱いて寝たいだろうか。 新生活、それは夢溢れる新しい始まりであると共に、やはり不安溢れる季節、ともい…

読書感想:午後九時、ベランダ越しの女神先輩は僕だけのもの

さて、突然ではあるが画面の前の読者の皆様。貴方は1メートルという距離を示す単語を聞いて、何を思い浮かべるであろうか。一メートル、それは貴方にとってどんな距離か。一つ言うなれば、一メートル、それはお互いの懐に入り込むような今の世の中に沿った言…

読書感想:オーバーライト2 ――クリスマス・ウォーズの炎

前巻感想はこちら↓ 読書感想:オーバーライト ――ブリストルのゴースト - 読樹庵 クリスマスは戦争である、と誰かが言った。この作品の続刊である今巻でもクリスマスにおける戦争が繰り広げられる。では相争うのは何か。片や、ヨシが今まで触れてきたブーディ…

読書感想:異世界の底辺料理人は絶頂調味料で成り上がる! ~魔王攻略の鍵は人造精霊少女たちとの秘密の交わり!?~

さて、突然ではあるが画面の前の読者の皆様。貴方は料理に大切なさしすせそは分かるであろうか。貴方は調味料で好きなのは何であろうか。 とある異世界のとある国、その片隅のとある街。かの街は今、危機に陥っていた。 何故なら、かの街は今、魔族に占領さ…

読書感想:女子高生同士がまた恋に落ちるかもしれない話。2

前巻感想はこちら↓ yuukimasiro.hatenablog.com 恋とは落ちるもの、いつの間にか落ちているものだと誰かが言った。では、彼女達の今は未だ名もなく何にも分類されない感情は、今巻では一体どうなっていくのだろうか。 二人が再会した春が終わり、夏が巡り。…

読書感想:君が、仲間を殺した数 -魔塔に挑む者たちの咎-

さて、突然ではあるが画面の前の読者の皆様。貴方はもし自分が死ぬたびに周りの誰かが存在ごと消滅してしまうとしたら、どうするだろうか。貴方はどう生きていかれるだろうか。 さて、この作品の作者である有象利路先生と言えば、最近の読者様であられれば電…

読書感想:バケモノたちが嘯く頃に ~バケモノ姫の家庭教師~

さて、突然ではあるが画面の前の読者の皆様。貴方にとって竜騎士07先生と言えばどの作品であろうか。ひぐらしのなく頃にが一番有名かもしれない、またはうみねこのなく頃に、かもしれない。若しくはおおかみかくしであるかもしれない。そして前述の三つの…

読書感想:司書とハサミと短い鉛筆〈4〉

問:年に二回行われるオタクの聖戦とは何か。 答:コミックマーケット、通称コミケ(夏は地獄らしい)(復活願ってます) さて、コミケである。今はくそったれな新型コロナの影響で行われてはいないけれど、あの始発ダッシュや多数のコスプレイヤー等の名物…

読書雑記:そろそろ次の発売日が来るので、今月中盤前にかけて発売される新作の中から個人的期待の新刊、及び続刊についてのお話。

こんにちは。週末にかけて台風が接近するという事で、新刊の早売りが行われないかとちょっぴり願っている真白優樹です。ではそろそろ発売日が近づいているという事で、今月発売の電撃文庫とGA文庫の新刊の中から個人的期待の新作及び続刊について話してい…

読書感想:司書とハサミと短い鉛筆〈3〉

前巻感想はこちら↓ https://yuukimasiro.hatenablog.com/entry/2020/10/07/233541?_ga=2.13894132.278350096.1597930789-1866782838.1445014628 無自覚ヒロインに天然ヒロインを絡ませるとどうなるのか。答えは戦争、ぷち修羅場である。それはいつの時代も変…

読書感想:司書とハサミと短い鉛筆 (2)

前巻感想はこちら↓ https://yuukimasiro.hatenablog.com/entry/2020/09/29/231151 ノーパンとノーブラ、果たしてどちらがよりえっちぃのか。そんな超ニッチな性癖のどちらが良いかは画面の前の読者の皆様自身に考えていただくとして、二巻である。続刊である…

読書雑記:「特別企画」個人的推しな三作品から個人的に思う、ラブコメヒロインのラブという部分の魅力について、なお話。

こんばんは、真白優樹です。最近どんどん寒くなってきましたが皆さまいかがお過ごしでしょうか。季節の変わり目という事もあり体調を崩しやすい時期であると思うので、衣替えをしっかりとし体調管理に務めますようお祈りいたします。 さて、この記事は一体ど…

読書感想:会社員とJK、お隣さん歴1年目。

さて、突然ではあるが画面の前の読者の皆様。貴方は年の差恋愛とは何歳差まで成立するものであると思われるだろうか。愛があれば、例えば祖父と孫娘くらいの年の差でも恋愛感情とは成立するものであるだろうか。その答えは各自で考えていただくとして、最近…

読書感想:それでも、好きだと言えない

さて、突然ではあるが画面の前の読者の皆様。貴方には今、誰かに伝えたいという思いはあられるであろうか。もしその思いを伝える事が禁断だとしたら、それでも貴方はその思いを伝えたいだろうか。 夏の終わりのある日。事故に遭いかけた少年、悠人(表紙後方…

読書感想:勇者になりたい魔人の冒険

さて、突然ではあるが画面の前の読者の皆様。貴方は子供の頃の将来の夢は何だったであろうか。子供のころ、叶うかも分からず大きな夢を抱かれたことはあるだろうか。 子供のころは勇者になりたかった。だけどそんな夢は現代世界で当然叶う事は無く、小さな英…