読書感想:凶乱令嬢ニア・リストン1 病弱令嬢に転生した神殺しの武人の華麗なる無双録

さて、画面の前の読者の皆様は「病弱なヒロイン」と聞いてどんなヒロインを思い浮かべられるであろうか。「古河渚」、と答えられた読者の皆様、是非私と握手をしましょう。同好の士として。「半分の月がのぼる空」、という作品を思い浮かべられた読者様、是…

読書感想:リコリス・リコイル Ordinary days

さて、この作品の原作であるアニメ、リコリス・リコイル、通称「リコリコ」の事は画面の前の読者の皆様の中にもご覧になられていた方もおられるであろう。先日、大好評の中に完結を迎え、一種の社会現象といってもいい程に大人気であったこの作品。ノベライ…

読書感想:親友歴五年、今さら君に惚れたなんて言えない。

さて、人間何かを始めるのに遅いことは無いらしい。事実、かつて日本地図を作り上げた偉人は、当時からすれば高齢になってからの偉業であったし、今の時代においても、遅咲きの星という形で、何かを始めた人が活躍していたりする。では、「恋」というのは始…

読書感想:こんな可愛い許嫁がいるのに、他の子が好きなの?3

前巻感想はこちら↓ 読書感想:こんな可愛い許嫁がいるのに、他の子が好きなの?2 - 読樹庵 (hatenablog.com) さて、この作品において「許嫁」、という言葉は繋がりの絆であり呪いの鎖である、というのはこの作品を読まれている画面の前の読者の皆様もご存じ…

読書雑記:発売日前恒例、新刊紹介なお話。角川スニーカー文庫、HJ文庫、講談社ラノベ文庫、ヒーロー文庫編。

こんばんは。職場でしごかれた日には、本を読んでゲームをするに限ります、真白優樹です。さて本日は、近日発売予定の新刊の中から、このブログで紹介予定の作品についてお話したいと思います。 読書雑記:十月上旬から中旬にかけての個人的要注目な新刊のお…

読書感想:古き掟の魔法騎士 V

前巻感想はこちら↓ 読書感想:古き掟の魔法騎士 IV - 読樹庵 (hatenablog.com) さて、前巻までを読まれている読者様は、アルヴィンの類まれなる魂の輝きと、彼女を王として認めた王国、という図式はもうご存じであろう。それは正に新世代の輝き。シドという…

読書感想:海鳥東月の『でたらめ』な事情3

前巻感想はこちら↓ 読書感想:海鳥東月の『でたらめ』な事情2 - 読樹庵 (hatenablog.com) さて、前巻まで読まれている読者様であれば、この作品のでたらめな面白さ、というのはご存じであろう。では今巻では一体、何を描いていくのか、と言うとであるが。今…

読書感想:ロストマンの弾丸3

前巻感想はこちら↓ 読書感想:ロストマンの弾丸2 - 読樹庵 (hatenablog.com) さて、前巻でロストマンズ・キャンプと言う悪徳の町に「ビークヘッド」としてその名を売り始めた未那であるが、彼女は未だ、本当の意味でヒーローではない。では彼女がヒーローに…

読書感想:カノジョの妹とキスをした。4

前巻感想はこちら↓ 読書感想:カノジョの妹とキスをした。3 - 読樹庵 (hatenablog.com) さて、一年ぶりの新刊であり最終巻となる今巻。博道と時雨、そして晴香。三人での間の「不純愛」を描き、そのジャンルの先駆けとなり開拓者となった、と言っても過言で…

読書感想:一人暮らしを始めたら、姉の友人たちが家に泊まりに来るようになった2

前巻感想はこちら↓ 読書感想:一人暮らしを始めたら、姉の友人たちが家に泊まりに来るようになった1 - 読樹庵 (hatenablog.com) さて、朱音、奏、伊吹というタイプの違う年上美少女三人から溺愛される主人公、優斗であるが、彼が年上女性を惹きつける強み、…

読書雑記:十月上旬から中旬にかけての個人的要注目な新刊のお話。

こんばんは。最近残業続きなのと、最近買ったSDガンダム バトルアライアンスにハマりすぎて読書計画崩れ気味な真白優樹です。何とか修正していかなくては。さて本日は、十月初旬から中旬にかけて発売される新刊の中から、個人的要注目な新刊についてお話し…

読書感想:パワハラ聖女の幼馴染みと絶縁したら、何もかもが上手くいくようになって最強の冒険者になった5 ~ついでに優しくて可愛い嫁もたくさん出来た~

前巻感想はこちら↓ 読書感想:パワハラ聖女の幼馴染みと絶縁したら、何もかもが上手くいくようになって最強の冒険者になった4 ~ついでに優しくて可愛い嫁もたくさん出来た~ - 読樹庵 (hatenablog.com) さて、前巻を読まれた読者様はこうは思われたのでは…

読書感想:魔王と勇者の戦いの裏で2 ~ゲーム世界に転生したけど友人の勇者が魔王討伐に旅立ったあとの国内お留守番(内政と防衛戦)が俺のお仕事です~

前巻感想はこちら↓ 読書感想:魔王と勇者の戦いの裏で1 ~ゲーム世界に転生したけど友人の勇者が魔王討伐に旅立ったあとの国内お留守番(内政と防衛戦)が俺のお仕事です~ - 読樹庵 (hatenablog.com) さて、前巻で始まった、元々はモブである少年、ヴェル…

読書感想:英雄支配のダークロード2

前巻感想はこちら↓ 読書感想:英雄支配のダークロード - 読樹庵 (hatenablog.com) さて、前巻で敗者である英雄達を従え、乱世の世界に覇を示した魔王、フール。だがしかし、世界へと反旗を翻し反逆を宣言した以上、勝ち続ける以外に他はない。そして勝ち続け…

【お知らせ】 明日、9月25日にスペース配信を行いたいと思いますというお話

こんばんは、真白優樹です。少しお知らせがギリギリになってしまいましたが、明日日曜日の夜十時半頃から定例企画であるTwitterのスペース機能を用いた配信を行いたいと思います。凸待ちラジオ配信ですので、聞いても良いよという方は是非来てくださいませ。

読書感想:拾ったギャルをお世話したら、〇フレになったんだが。

〇フレ。この〇の部分に当てはまる文字は恐らく、さ行の文字であろうが何の文字を連想されるかによって、その人の不純な度合いが分かってくるのではないだろうか。と、いう若干不明瞭な前置きはさておき、この作品は「不純で純粋な同棲ラブコメ」であるらし…

読書感想:淫魔追放2 ~変態ギフトを授かったせいで王都を追われるも、女の子と〝仲良く〟するだけで超絶レベルアップ~

前巻感想はこちら↓ 読書感想:淫魔追放 ~変態ギフトを授かったせいで王都を追われるも、女の子と〝仲良く〟するだけで超絶レベルアップ~ - 読樹庵 (hatenablog.com) さて、発売するなり重版をかました問題作、という商会がこの作品はされているが、前巻を…

読書感想:負けヒロインと俺が付き合っていると周りから勘違いされ、幼馴染みと修羅場になった1

勝つヒロインがいれば、負けるヒロインがいる。と、言うのは大体のラブコメで常識であるし、覆しようのない事実である、というのは画面の前の読者の皆様もご存じであろう。多人数でハーレムでもしているのでもない限り、涙の展開があるのは仕方のない事。だ…

読書感想:高嶺の花には逆らえない2

前巻感想はこちら↓ 読書感想:高嶺の花には逆らえない - 読樹庵 (hatenablog.com) さて、付き合っている筈の新をこれでもかと、まるで豚か何かのように嫌悪し、葉にはまだ隠しているけれども、これでもかと彼の事を溺愛している、この作品のヒロインであるあ…

読書感想:VTuberなんだが配信切り忘れたら伝説になってた5

前巻感想はこちら↓ 読書感想:VTuberなんだが配信切り忘れたら伝説になってた4 - 読樹庵 (hatenablog.com) さて、〇周年と言う言葉は数あれど、それを迎えられるか、というのは確かではない。それもまた当然の事であろう。日々を積み重ねていけばいつかは届…

読書雑記:発売日前恒例、新刊紹介なお話。MF文庫J及びオーバーラップ文庫、ダッシュエックス文庫編。

こんばんは。職場に上着ごとウォークマンとイヤホンを忘れて少し落ち込んでいる真白優樹です。さて本日は、明日発売予定の新刊と、もう発売しているオーバーラップ文庫の新刊の中から、このブログで紹介予定の作品についてお話したいと思います。 読書雑記:…

読書感想:王様のプロポーズ3 瑠璃の騎士

前巻の感想はこちら↓ 読書感想:王様のプロポーズ2 鴇羽の悪魔 - 読樹庵 (hatenablog.com) さて、前巻で当座の「敵」となる喰良が現れ本格的に始まったこの作品であるが、画面の前の読者の皆様は今巻の表紙を務める瑠璃を見て、こう思われたことは無いであ…

読書感想:経験済みなキミと、 経験ゼロなオレが、 お付き合いする話。 その5

さて、恋人同士と言う物は付き合いだしたら、最後に行きつくのは何処であろうか。それは言うなれば、性行為という愛の証に他ならぬ、のかもしれない。特に若いカップルにとっては。ではこの作品の主役カップルである龍斗と月愛にとってはどうなのだろうか。…

読書雑記:発売日前恒例、新刊紹介なお話。ガガガ文庫編。

こんばんは。台風が過ぎ去ったかと思えば急に秋の気配がしてきた気のする真白優樹です。さて本日は、明日発売のガガガ文庫の新刊の中から、このブログで紹介予定の作品についてお話したいと思います。 ・高嶺の花には逆らえない2 ・著:冬条一先生 絵:ここ…

読書感想:クラスのぼっちギャルをお持ち帰りして清楚系美人にしてやった話4

前巻感想はこちら↓ 読書感想:クラスのぼっちギャルをお持ち帰りして清楚系美人にしてやった話3 - 読樹庵 (hatenablog.com) さて、前巻で毒親との決別を果たし、祖母と言う受け入れてくれる場所も得て。徐々に別れが迫ってくる中、晃と葵にはもう、何の障害…

読書感想:お隣の天使様にいつの間にか駄目人間にされていた件7

前巻感想はこちら↓ 読書感想:お隣の天使様にいつの間にか駄目人間にされていた件6 - 読樹庵 (hatenablog.com) さて、来年アニメ化も決まり、更には今年のこのライトノベルがすごいにも再びトップ10にランクインしてきそうな気がするこの作品。前巻で一応…

読書感想:断頭台の花嫁 世界を滅ぼすふつつかな竜姫ですが。

さて、突然ではあるが、断頭台と言えばギロチン、中世のフランス辺りにおいて数多くの歴史上の人物を刃の錆へと変えてきた処刑方法であるが、断頭台の惨劇、というカードが存在している、という話もさておいて。画面の前の読者の皆様は、誰かを救う力がもし…

読書感想:お薬、出します! 追放された薬師の少女は、極めたポーションで辺境の薬屋から成り上がる

さて、この世界には「良薬口に苦し」という諺があるが、実際の所、漢方薬に代表されるように薬とは苦いものである。そんな薬が飲みやすく飲めたら、と考えられた事のある読者様も多いであろう。ではここで思うのであるが、ファンタジー世界に於ける薬である…

読書感想:甘えたい幼馴染は「なんでも言うコト聞く券」を持って、キスをしたいと迫ってくる

さて、突然ではあるが画面の前の読者の皆様。皆様は幼少のみぎりに、「肩たたき券」のようなものを誰かに贈られた事はあるであろうか。子供心にすれば大きな贈り物であるかもしれないし、いずれ時が経つにつれてどこにいったか分からなくなるものかもしれな…

読書感想:新米錬金術師の店舗経営06 弟子ができちゃった!?

前巻感想はこちら↓ 読書感想:新米錬金術師の店舗経営05 冬の到来と賓客 - 読樹庵 (hatenablog.com) さて、私は前巻の感想で、何も変わらぬかもしれない、といったかもしれないが実はそうでもなかったらしい、という事が分かるのが今巻である。よく考えてみ…