読書感想:シュレディンガーの猫探し3

前巻感想はこちら↓ 読書感想:シュレディンガーの猫探し (2) - 読樹庵 (hatenablog.com) さて、今巻の感想を書いていく前に、残念なお知らせを一つ、しておかなければならない。それはこの作品がここで完結、打ち切りという形である事。故、この巻においても…

読書感想:義妹生活3

前巻感想はこちら↓ 読書感想:義妹生活2 - 読樹庵 (hatenablog.com) さて、今巻は担当編集者の方と動画担当の方に「神回」と明言されているらしい。正にその通り、今巻は神回と言えよう。一体今巻では何が待っているのか。その全ては、実はタイトルに込めら…

読書感想:ミモザの告白

黄色いミモザの花言葉、「秘密の恋」。それは正にこの作品に相応しい花である。では秘密の恋を告白する相手、それは誰になるのだろうか。一体誰にその想いを告白する事になるのだろうか。

読書感想:黒猫の剣士 ~ブラックなパーティを辞めたらS級冒険者にスカウトされました。今さら「戻ってきて」と言われても「もう遅い」です~

さて、突然ではあるが画面の前の読者の皆様。貴方は犬派であろうか、それとも猫派であろうか。私自身はどちらも好きであるが、最近我が家の飼い猫が中々近寄ってきてくれなくて少し寂しい次第である。それはともかく、ファンタジー世界の主人公の相方と言え…

読書感想:究極進化したフルダイブRPGが現実よりもクソゲーだったら4

前巻感想はこちら↓ 読書感想:究極進化したフルダイブRPGが現実よりもクソゲーだったら3 - 読樹庵 (hatenablog.com) さて、前巻の最後にヒロが置かれた状況を改めて振り返ってみると、借金苦に仲間達の闇堕ち、とまぁとんでもないものである。詰んだとい…

読書感想:お嫁さんにしたいコンテスト1位の後輩に弱みを握られた2

前巻感想はこちら↓ 読書感想:お嫁さんにしたいコンテスト1位の後輩に弱みを握られた - 読樹庵 (hatenablog.com) さて、前巻の最後のシーンで二人共通の推し声優である真桜から食事に誘われた大翔と優衣奈である。推し声優から二人揃って食事に誘われる、フ…

読書雑記:発売日前恒例、新刊紹介なお話。オーバーラップ文庫編。

こんばんは。最近忙しいと言うのは何の言い訳にもならないと思うので、そろそろどこかでギアを上げていきたいと思う真白優樹です。さて本日は遅くなってしまいましたが、やはりこれをやらねば感想は書けないという事で、今月発売のオーバーラップ文庫の新刊…

読書感想:貘 ―獣の夢と眠り姫―

さて、人は眠っている時に夢を見るものである。夢とはその人の願望を現すものであり、誰かに追い駆けられたりする夢は危険と言われていたり、夢占いというジャンルの占いがあるほどに、夢と言うものは様々な可能性に満ちているものである。

読書感想:元カノとのじれったい偽装結婚2

前巻感想はこちら↓ 読書感想:元カノとのじれったい偽装結婚 - 読樹庵 (hatenablog.com) さて、この作品の主人公である晴とヒロインである理桜は偽装結婚ではあるも本質的には未練タラタラな両片思い、というのは前巻を読まれた読者様であればもうお分かりで…

読書感想:五人一役でも君が好き

さて、五等分の花嫁ことごとよめ、と呼ばれる作品をご存じであられる画面の前の読者様も多いであろう。かの作品は社会的現象となり、一大ムーヴメントを巻き起こした作品である。そんな作品においても、主人公は五人のヒロインの中から最後は一人を選んでい…

読書感想:きみは本当に僕の天使なのか

アイドルという存在がいる、職業がある。多くの人を魅了するスターであり、舞台の上で輝きを見せる、誰かの希望となる人達がいる。だが、そんな人達もまるで、輝きが尽きたと言わんばかりに消えていく。まるで閃光のように、一瞬だけ傷を刻み込んで消えてい…

読書感想:君は僕の後悔

さて、突然ではあるが画面の前の読者の皆様。貴方はずっと、心の中に残っている後悔、というものはあられるであろうか。こうしておけばよかった、こちらを選んでおけば良かった。後悔先に立たず、なんて言葉もあるけれど。それでも悔やんでも悔やみきれぬ、…

読書感想:負けヒロインが多すぎる!

さて、突然ではあるが画面の前の読者の皆様。まずはシンキングタイム五秒で、今までに触れてきたラノベやアニメの作品の中で「ヒロインは複数いたけれど、主人公とヒロインの一対一であるラブコメ」を一作品、思い浮かべてみてほしい。 (シンキングタイム)…

読書感想:どうか俺を放っておいてくれ なぜかぼっちの終わった高校生活を彼女が変えようとしてくる

さて、突然ではあるが今という季節は七月、つまりは夏であるのは当たり前として、高校生活と言う一瞬しかない時間においてはどんな時期であろうか。その答えは言ってしまえば簡単かもしれぬ。新しい学校、新しい学年。新しい生活が始まったとするなら、三か…

読書感想:泥酔彼女2 「弟クンがんばえー」「助けて」

前巻感想はこちら↓ 読書感想:泥酔彼女 「弟クンだいしゅきー」「帰れ」 - 読樹庵 (hatenablog.com) さて、今巻の表紙を見て画面の前の読者の皆様は何かお気づきであろうか。今巻の表紙も再び大人のお姉さん、七瀬である。が、それはさておき。主人公である…

読書感想:貴サークルは“救世主”に配置されました2

前巻感想はこちら↓ 読書感想:貴サークルは"救世主"に配置されました - 読樹庵 (hatenablog.com) さて、同人作家という一種の職業とはある意味、業の深い仕事であり中々に実力が問われる仕事なのかもしれない。私はそう考えている次第であるが、画面の前の読…

読書雑記:発売日前恒例、新刊紹介なお話。ダッシュエックス文庫編。

こんばんは。暑い中で外でお仕事をしていると死にそうになります真白優樹です。皆様、この猛暑の中外を歩かれる際は塩分と水分を定期的に補給いたしましょう。さて本日はそんな暑さとは関係なく、明日発売のダッシュエックス文庫の新刊の中から、このブログ…

読書雑記:発売日前恒例、新刊紹介なお話。MF文庫J編。

こんばんは。最近暑い日が続いていますが倒れている読者様はおられないでしょうか。水分と塩分の補給はしっかりといたしましょう。真白優樹です。さて本日は、今週水曜日発売のMF文庫Jの新刊の中からこのブログで紹介予定の作品について語りたいと思いま…

読書感想:大罪ダンジョン教習所の反面教師 外れギフトの【案内人】が実は最強の探索者であることを、生徒たちはまだ知らない

さて、画面の前の読者の皆様に先輩や上司と呼ばれる存在は恐らくおられる事であろう。まずは皆様、前提として話しておきたいが、人を見るうえで大切なのは外面ではなく内面である。例え接してくる口調が悪かったりしても、大切な見るべき部分はその本心であ…

読書雑記:発売日前恒例、新刊紹介なお話。ガガガ文庫編。

こんばんは。七月も気が付けば後半戦。時間がたつのは早いです、と言いたくなった画面の前の読者の皆様は年をとられたという事です。まだまだ若くいたいものですね、真白優樹です。さて本日は、今週水曜日に発売する三レーベルの新刊の中からこのブログで取…

読書感想:最強不敗の神剣使い2 剣爛武闘祭編

前巻感想はこちら↓ 読書感想:最強不敗の神剣使い1 王立学院入学編 - 読樹庵 (hatenablog.com) さて、前巻を読まれた読者様であればこの作品の主人公であるリヒトの、規格外の力はもうお分かりであろう。確かにアリアローゼの魔術のアシストもあったかもしれ…

読書感想:追放魔術教官の後宮ハーレム生活2

前巻感想はこちら↓ 読書感想:追放魔術教官の後宮ハーレム生活 - 読樹庵 (hatenablog.com) さて、前巻で後宮の姫達を一人前の舞台として育て上げ、魔族を撃退するという大戦果を挙げ、真の勇者として認められた勒ことこの作品の主人公、ロク。が、しかし。ま…

読書感想:幼馴染の妹の家庭教師をはじめたら4 彼女になった幼馴染とキスをした

前巻感想はこちら↓ 読書感想:幼馴染の妹の家庭教師をはじめたら3 再会した幼馴染の家庭教師もすることに - 読樹庵 (hatenablog.com) さて、お先に前置きしておくがこのシリーズは今巻で完結である。無論、打ち切りという訳ではない。すかいふぁーむ先生曰く…

読書感想:月刊ニュータイプ 2021年8月号 (忘れさせてよ、後輩くん第五回)

前巻感想はこちら↓ 読書感想:月刊ニュータイプ 2021年7月号 (忘れさせてよ、後輩くん第四回) - 読樹庵 (hatenablog.com) さて、季節はもう七月、夏である。つまりはどういう事であるかと言うと、アニメの新クールの季節である。画面の前の読者の皆様も、…

読書感想:妹の友達の美人ヤンキーJK 世間知らず過ぎて世話を焼いていたら惚れられました

さて、ヤンキーと言う人種の方々を画面の前の読者の皆様はご存じであろうか。関わるのが怖い、絡まれると面倒くさい。そんな事を思われる読者の皆様もおられるかもしれない。ラノベの世界においては、ヤンキーとは時に当て馬にされたりする存在であり、時に…

読書感想:世々と海くんの図書館デート(4) クリスマスのきつねは、だんろのまえで どんなゆめをみる?

前巻感想はこちら↓ 読書感想:世々と海くんの図書館デート(3) ハロウィンのきつねは、いたずらな魔王様といっしょにいたいのです。 - 読樹庵 (hatenablog.com) さて、前巻を読まれた読者様であればもうお分かりであろう事を一つ、改めておさらいしておきたい…

読書感想:推しが俺を好きかもしれない

さて、この世界には「推し」という概念がある。心の底から好きでありずっと応援していきたい存在。そういうものを「推し」というのかもしれない。では、画面の前の読者の皆様の中で「推し」という存在がおられる読者様はその愛はどれほどであろうか? どれほ…

読書感想:厳しい女上司が高校生に戻ったら俺にデレデレする理由3 ~両片思いのやり直し高校生生活~

前巻感想はこちら↓ 読書感想:厳しい女上司が高校生に戻ったら俺にデレデレする理由2 ~両片思いのやり直し高校生生活~ - 読樹庵 (hatenablog.com) ※今回の感想は特にネタバレ要素が強いと思われるので、少しでも無理という読者様は無理せずこのページをそ…

読書感想:お隣の天使様にいつの間にか駄目人間にされていた件5

前巻感想はこちら↓ 読書感想:お隣の天使様にいつの間にか駄目人間にされていた件4 - 読樹庵 (hatenablog.com) さて、前巻を読まれた読者様であれば一応振り返る必要はないであろうが念のため、一応前巻の振り返りを簡潔にする。前巻の最後、ようやっと真昼…

読書感想:魔神に選ばれし村人ちゃん、都会の勇者を超越する2

前巻感想はこちら↓ 読書感想:魔神に選ばれし村人ちゃん、都会の勇者を超越する - 読樹庵 (hatenablog.com) さて、前巻を読まれた読者様であればこの作品の主人公であるリリィの規格外の強さはお分かりいただけたであろう。今は未だ未熟、何もかも足りないそ…