ガガガ文庫

読書雑記:発売日前恒例、新刊紹介なお話。ガガガ文庫編。

こんばんは。もうすぐゴールデンウィークですが、今年は今までで一番つまらないゴールデンウィークになりそうなのが確定しておりちょっと不満な真白優樹です。まぁ仕方のない事なのですが。因みに私は今回、五連休を頂けそうなので五連休中は毎日、何かしら…

読書感想:鋼鉄城アイアン・キャッスル

心に剣、輝く勇気。これは某仮面ライダーの主題歌の一節である。だが、この作品に登場する人物達、戦国時代の武将達は心に城を持っている。それは一体どういう事か。その答えは表紙後方、見た事もないロボットが表しているのがこの作品なのだ。 とある日本、…

読書感想:元カノが転校してきて気まずい小暮理知の、罠と恋。

元カノ、それは別れ方によっては別れた後も一定の距離で付き合える存在であり、二度と会いたくもない存在であるかもしれない。けれど、忘れられぬ恋の残滓がある。そんな画面の前の読者の皆様は、果たしてどれだけおられるだろうか。 さて、前置きはここまで…

読書雑記:発売日前恒例、新刊紹介なお話。ガガガ文庫編。

こんばんは。ホワイトデー前日ですが、チョコのお返しを考えている読者の皆様はもうお返しは買われましたでしょうか、真白優樹です。本日は来週木曜日発売のガガガ文庫の新刊の中から、このブログでピックアップ予定の二作品について紹介したいと思います。…

読書感想:塩対応の佐藤さんが俺にだけ甘い4

前巻感想はこちら↓ 読書感想:塩対応の佐藤さんが俺にだけ甘い3 - 読樹庵 (hatenablog.com) さて、前巻では夏休み、その中での押尾君との恋人同士としての絆を一歩深めた我等がヒロイン、佐藤さん。彼女は恋人同士としての絆を一歩深めると共に、アルバイト…

読書感想:ホラー女優が天才子役に転生しました2 ~今度こそハリウッドを目指します!~

前巻感想はこちら↓ 読書感想:ホラー女優が天才子役に転生しました ~今度こそハリウッドを目指します!~ - 読樹庵 (hatenablog.com) さて、前巻でまぁ物凄くとんでもない、引き込まれる面白さを醸し出してきたこの作品。鶫という大物ホラー女優だった前世…

読書感想:呪剣の姫のオーバーキル ~とっくにライフは零なのに~2

前巻感想はこちら↓ 読書感想:呪剣の姫のオーバーキル: ~とっくにライフは零なのに~ - 読樹庵 (hatenablog.com) さて、スプラッタが過ぎるオーバーキルを繰り広げ何処までも血みどろな、一周回って爽快感すらある面白さがあるこの作品。では今巻では一体、ど…

読書感想:転生で得たスキルがFランクだったが、前世で助けた動物たちが神獣になって恩返しにきてくれた: ~もふもふハーレムで成り上がり~

さて、突然ではあるが画面の前の読者の皆様。「努力は裏切らない」、「情けは人の為ならず」。こういう言葉を聞かれた事は人生の中で一度はあられると思われるが、果たしてそれは本当であると思われるだろうか。よく「神様」は見ているなんて言うけれど、本…

読書感想:双神のエルヴィナ

さて、突然ではあるが画面の前の読者の皆様。貴方は女神と聞くと、どんな作品のキャラを思い浮かべるだろうか。どんな印象を抱かれるであろうか。女神、それは清廉潔白な存在であると思われる読者の皆様も多いかもしれない。けれど女神が神話に語られるよう…

読書雑記:発売日前恒例、新刊紹介なお話。ガガガ文庫編。

こんばんは。この間福島の方で地震がありましたが皆様いかがお過ごしでしょうか。私は本日寒さの中でのお仕事で死にかけました、真白優樹です。では本日は寒さにも負けずに発売日前恒例の新刊紹介、本日はガガガ文庫編をお送りいたします。 ・双神のエルヴィ…

読書感想:僕を成り上がらせようとする最強女師匠たちが育成方針を巡って修羅場2

前巻感想はこちら↓ 読書感想:僕を成り上がらせようとする最強女師匠たちが育成方針を巡って修羅場 - 読樹庵 (hatenablog.com) さて、前巻で無力なりに力を振り絞って努力し、無力なままでは掴むことのできなかった成果を掴み取って見せた我等が主人公、クロ…

読書感想:育ちざかりの教え子がやけにエモい3

前巻感想はこちら↓ 読書感想:育ちざかりの教え子がやけにエモい2 - 読樹庵 (hatenablog.com) さて、前巻で齎されたひなたの告白を画面の前の読者の皆様は覚えておいてであろうか。達也の事が大好きであると言うひなたの想い、それは誰にも否定できぬ想いで…

読書感想:剣と魔法の税金対策

消費税、市民税、県民税、確定申告。これらの用語は全て税制に関わる用語である。税制に関して、画面の前の読者の皆様はどう思われるであろうか。私個人としては給料からの天引きという形で勝手に回収されているけれどイマイチ役立つ使い方をされている印象…

読書雑記:発売日前恒例、新刊紹介なお話。ガガガ文庫及び富士見ファンタジア文庫編のお話。

夜分遅くにこんばんは、夜更かししている読者様はどれほどおられますでしょうか。私は愛猫と寝たいのですが愛猫が元気いっぱいに遊び回っているのでまだ寝れません、真白優樹です。では愛猫が落ち着くのを待ちながら、折角なので来週発売の新刊についてお話…

読書感想:シュレディンガーの猫探し (2)

前巻感想はこちら↓ 読書感想:シュレディンガーの猫探し - 読樹庵 (hatenablog.com) さて、事件を解決するのではなく迷宮入りにすると言う、探偵にとってのアンチテーゼである魔女、焔螺。彼女と助手である我等が主人公、令和が解決する事件は大規模なものが…

読書感想:現実でラブコメできないとだれが決めた? (2)

前巻感想はこちら↓ 読書感想:現実でラブコメできないとだれが決めた? - 読樹庵 (hatenablog.com) さて、ラブコメに必要なものとは何だろうか。まずは画面の前の読者の皆様、心の中で想像していただきたい。「幼馴染」は必要である。「主人公」もまた必要で…

読書感想:うちの家庭教師がグイグイきすぎて勉強どころじゃない!2

前巻感想はこちら↓ 読書感想:うちの家庭教師がグイグイきすぎて勉強どころじゃない! - 読樹庵 (hatenablog.com) さて、突然ではあるが画面の前の読者の皆様。余計な一言は言いたくないが残念なことをお伝えしなくてはならないので聞きたくないと言う方はブ…

読書雑記:偶には早めの新刊ピックアップ、ガガガ文庫編のお話。

こんばんは。最近寒い日が続いて屋外でのお仕事が基本なので毎日凍えかけている真白優樹です。現状、何とか風邪を引かずに済んでいるので、風邪を引かぬ程度に温かくしてお仕事頑張ります。さて、本日はタイトルの通り、今月発売のガガガ文庫の新刊から個人…

読書感想:結婚が前提のラブコメ (3)

前巻感想はこちら↓ https://yuukimasiro.hatenablog.com/entry/2020/06/18/235421 さて、突然ではあるが画面の前の読者の皆様。結婚においては寿退社という言葉があると言う事はご存じであろう、何処かで聞いた事もあられるであろう。ではその上で画面の前の…

読書雑記:発売日前恒例、新刊紹介なお話。ガガガ文庫及び富士見ファンタジア文庫編。

こんばんは。新しい仕事が始まり早三週間程度。最近、何だか感想記事を書くペースが守れていない気のする真白優樹です。ではペースについては徐々に立て直す事としつつ、本日は発売日前恒例の新刊紹介について行いたいと思います。 結婚が前提のラブコメ3 …

読書感想:魔女と猟犬

さて、突然ではあるが画面の前の読者の皆様。貴方はもし自分が住んでいる国が滅びの危機に晒されているとしたらどうされるであろうか。もし抗う力があるのなら、必死に最後まで抗うであろうか。それともただ何もせずに、座して死を待つ道を選ばれるであろう…

読書雑記:十月もそろそろ後半戦なので、明日から発売となる新刊の中から個人的期待の新作及び続刊についてなお話。

こんばんは。そろそろ十一月も迫ってきて、急に寒くなってきましたが皆さま、体調等崩されていないでしょうか、真白優樹です。温かくして寝ると布団から出られなくなる季節になってきますが、寒さに負けぬ為にもラノベを読もう。という訳で明日発売のファン…

読書感想:呪剣の姫のオーバーキル: ~とっくにライフは零なのに~

さて、突然ではあるが画面の前の読者の皆様。貴方はオーバーキルという殺害方法はお好きであろうか。敵を跡形もなく立ち上がれなくなるほどにぐちゃぐちゃにして殲滅する、そんな圧倒的な勝利とも言える殺し方はお好きであろうか。 辺境に六禍と呼ばれる六体…

読書感想:千歳くんはラムネ瓶のなか (4)

前巻感想はこちら↓ https://yuukimasiro.hatenablog.com/entry/2020/04/20/001258 彼女は知っていた、彼女だけは知っていた。千歳朔という少年は月であり、そしてあの日に燃え尽きた太陽であるという事を。 さて、今巻の表紙を飾る元気なバスケ少女、陽。今…

読書感想:塩対応の佐藤さんが俺にだけ甘い3

前巻感想はこちら↓ https://yuukimasiro.hatenablog.com/entry/2020/04/18/235914 さて、画面の前の読者の皆様。今巻のメインのお話は何だと思われるだろうか、その答えは聞かなくても明白かもしれない。何故なら表紙がその答えをもう示しているから。そう、…

読書雑記:九月もそろそろ終盤に入っていくので、近日発売の新作の中から個人的期待の新作及び続刊についてなお話。

こんばんは。今日も今日とてラノベ読み、最近何かあまりいい事がない気がする真白優樹です。本日は発売日前恒例、新作及び続刊についての紹介をしたいと思います。 千歳くんはラムネ瓶のなか4 著:裕夢先生 絵:raemz先生 ではまずはガガガ文庫から始めます…

読書雑記:このラノ2021投票前のお勧め作品紹介 ラブコメ編

ファンタジー編はこちら↓ https://yuukimasiro.hatenablog.com/entry/2020/09/06/223108?_ga=2.258187721.278350096.1597930789-1866782838.1445014628 再びこんばんは。紹介纏め記事を書いていたら、基本的に新刊ばかりを読んでいるからか、ほぼファンタジ…

読書感想:ホラー女優が天才子役に転生しました ~今度こそハリウッドを目指します!~

さて突然ではあるが画面の前の読者の皆様。貴方は映画はお好きであろうか。もし映画がお好きであれば、貴方が好きなのは往年の映画だろうか、それとも最近の映画だろうか。 さる西暦二千年、一人の女優が事故死を遂げた。彼女の名は鶫(表紙右)。貧乏かつ裸…

読書感想:育ちざかりの教え子がやけにエモい2

前巻感想はこちら↓ https://yuukimasiro.hatenablog.com/entry/2020/04/20/235831 俺はまだ気付いていなかったのだ。彼女も、それに他の生徒たちも。中学二年生には、風邪よりよほど罹りやすい病があることを――。 風邪をひくのは大人にも、子供にもよくある…

読書雑記:お盆中だけど、とりあえず二十日発売の新作の中から個人的期待の新作及び続刊についてのお話。

こんばんは。お盆である今日この頃、外出自粛制限中の中皆様いかがお過ごしでしょうか、真白優樹です。因みに私はいつも通り本を読みつつ、色々な事をしております。では外出自粛もこの猛暑も関係ないとばかりに、少し気は早いですが二十日発売の新作の中か…