電撃文庫

読書感想:神角技巧と11人の破壊者 上 破壊の章

さて、突然ではあるが画面の前の読者の皆様。鎌池和馬先生と言えば、貴方に取っての代表作を聞かれれば一体何と答えられるだろうか。無論、その答えは読者の皆様それぞれによって異なるだろう。どれしもが代表作であると言える程に知名度が高く、それほどに…

読書感想:ダークエルフの森となれ2 -現代転生戦争-

前巻感想はこちら↓ 読書感想:ダークエルフの森となれ ―現代転生戦争― - 読樹庵 (hatenablog.com) さて、前巻からイラストレーター様の交代というイベントを経験した今作品であるが、画面の前の読者の皆様は前巻と今巻、どちらの方がお好みであろうか。個人…

読書感想:Re:スタート!転生新選組3

前巻感想はこちら↓ 読書感想:Re:スタート!転生新選組2 - 読樹庵 (hatenablog.com) さて、突然ではあるが画面の前の読者の皆様。貴方は明治維新後、武士の世の中が本当に終わるまでの歴史をご存じであろうか。廃刀令や廃藩置県といった明治政府の政策によ…

読書感想:犯罪迷宮アンヘルの難題騎士

さて、突然ではあるが画面の前の読者の皆様。今、この世界には様々なファンタジー作品が溢れているであろうことを既にご存じであろう。ファンタジーと言えばダンジョン。そう言わんほどに、ダンジョンものも多い昨今。では、ダンジョン内の秩序というものは…

読書感想:来タル最強ノ復讐者 ~救いなき監獄都市で絶望を容赦なく破壊する~

さて、突然ではあるが画面の前の読者の皆様。貴方は監獄と聞いて、どんな監獄を思い浮かべるであろうか。アルカトラズであろうか、それともインペルダウン辺りであろうか。様々な監獄があると思われるが、監獄には内部に独特の秩序が存在しているらしいと聞…

読書感想:先輩、わたしと勝負しましょう。ときめいたら負けです! イヤし系幼女後輩VS武人系先輩

さて、突然ではあるが画面の前の読者の皆様。貴方はもしかしてロリコンだったりするであろうか。気分を害したのならば失礼いたしました、ブラウザバックは止めてくださいませ。では何故、こんな爆弾的質問をいきなりぶつけたのか。その答えは只一つ。この作…

読書感想:わたし以外とのラブコメは許さないんだからね(2)

前巻感想はこちら↓ 読書感想:わたし以外とのラブコメは許さないんだからね - 読樹庵 (hatenablog.com) さて、前巻の感想でも語った通りこの作品の主人公である希墨とヨルカは付き合っている。簡単に言ってしまえばこの作品はアフターストーリーである、それ…

読書感想:男女の友情は成立する?(いや、しないっ!!) Flag 1. じゃあ、30になっても独身だったらアタシにしときなよ?

さて、突然ではあるが画面の前の読者の皆様。貴方は様々な作品において存在する「男子主人公の異性の親友」という立ち位置のキャラについてどう思われるであろうか。もっと具体的に言葉を選ばず言うのであれば、男女の友情というものは成り立つものであると…

読書感想:絶対にデレてはいけないツンデレ

さて、突然ではあるが画面の前の読者の皆様。ツンデレとはデレるからこそ魅力的であると思われるが、もし絶対にデレないツンデレというヒロインがいたらどう思われるだろうか。もしその絶対零度とも言えるツンデレに何か理由があるとしたら、貴方はどう思わ…

読書雑記:発売日前日恒例、明日発売予定の新刊の中から個人的期待の新作及び続刊についてのお話、電撃文庫編。

こんばんは。年が明けて寒さどころかコロナがぶり返してきてしまったせいで、我が都道府県である愛知もまた緊急事態宣言が出るんじゃなかろうかとひやひやしている真白優樹です。正直、緊急事態宣言を出されると本屋に行きにくくなるので勘弁してほしい所で…

読書感想:こわれたせかいの むこうがわ2 ~少女たちのサバイバル起業術

前巻感想はこちら↓ 読書感想:こわれたせかいの むこうがわ ~少女たちのディストピア生存術~ - 読樹庵 (hatenablog.com) さて、始まりとなる前巻で無事に中々のディストピアである独裁国家、チオウから脱出する事に成功したフウとカザクラ。一つの難局を乗…

読書感想:ぽけっと・えーす!(3)

前巻感想はこちら↓ 読書感想:ぽけっと・えーす! (2) - 読樹庵 (hatenablog.com) さて、前巻合宿で絆を深めた和羅と巴を始めとする陽明学園ポーカークラブ。では絆を深めた後に待っている展開とは何か。それは勿論試合本番。強豪ひしめく勝負の場での真剣…

読書感想:俺のプロデュースしたエルフアイドルが可愛すぎて異世界が救われるレベル

問:アイドル系の作品と言えば? 答:マクロスF(ライバーとかではない真白優樹である)(トライアングラー今でも歌える) さて、好きな人にとっては好き、寧ろ命がけ。そう言っても過言ではない、推しへの愛。それこそがアイドルのファンというものであり…

読書感想:隣のクーデレラを甘やかしたら、ウチの合鍵を渡すことになった

さて、突然ではあるが画面の前の読者の皆様。貴方はクーデレと聞くとどんな作品の登場人物を想起されるであろうか。クールな彼女が時々デレる、その破壊力に胸を撃ち抜かれたことのある読者様はどれだけおられるであろうか。 一人暮らし二年目、料理好きでお…

読書感想:時間泥棒ちゃんはドキドキさせたい 俺の夏休みをかけた恋愛心理戦

さて、突然ではあるが画面の前の読者の皆様。貴方は自分がふと気が付いたら思ったより時間が進んでいた経験はあられるであろうか。それは極度の集中をしていた時に起こる事かもしれない。だがしかし、もしかすると時間を誰かに盗まれているのかもしれない。…

読書感想:豚のレバーは加熱しろ(3回目)

前巻感想はこちら↓ 読書感想:豚のレバーは加熱しろ(2回目) - 読樹庵 (hatenablog.com) この二人 今まで一番 もどかしい ・・・失礼、つい本音が出てしまいました。 もどかしいと言うべきか、それとも何と言うべきか。包み隠さず言うなれば面倒くさいとで…

読書感想:桃瀬さん家の百鬼目録2

前巻感想はこちら↓ 読書感想:桃瀬さん家の百鬼目録 - 読樹庵 (hatenablog.com) さて、さてもさても、よもやよもや。古今東西の昔話の英雄達が転生しまるで百鬼夜行が如く暴れ回る浅草。相も変わらず、弟である小太郎に性的に迫られたり、師匠に大人のお風呂…

読書感想:グリモアレファレンス 図書委員は書庫迷宮に挑む

さて、突然ではあるが画面の前の読者の皆様。貴方は独特の匂い溢れる図書館はお好きだろうか。幾多もの本に囲まれる、そんな空間にいる時に心安らいだという経験はあられるであろうか。 ではもし、図書館がダンジョンであり、本から生まれたモンスターが徘徊…

読書感想:ヒロインレースはもうやめませんか? ~告白禁止条約~

さて、突然ではあるが画面の前の読者の皆様。貴方は複数のヒロインが一人の主人公を巡って争うヒロインレースという描写についてどう思われるだろうか。ヒロインレースがある事によって、推しのヒロインが生まれ議論や布教の切欠となったりするかもしれない…

読書感想:エンドブルー

さて、突然ではあるが画面の前の読者の皆様。貴方は百合もといガルコメの大家である作家の先生は誰だと思われるであろうか。恐らく一定数の人はかの、みかみてれん先生をイメージされる筈である。では、電撃文庫における百合の作品の先駆者は一体誰であると…

読書雑記:そろそろ発売日が近づいてきたので、今週発売の新刊の中から個人的期待の新作及び続刊についてのお話。電撃文庫編

こんにちは。明日からお仕事という事もあり、若干憂鬱な気分な真白優樹です。皆様明日からお仕事や学校がある方は頑張っていきましょう。ではこの記事では、今週10日発売予定の電撃文庫の新作の中から個人的期待の新作及び続刊についてお話したいと思います…

読書感想:少女願うに、この世界は壊すべき2 ~輪廻転生の神髄~

前巻感想はこちら↓ https://yuukimasiro.hatenablog.com/entry/2020/04/12/235933 さて、前巻で世界へ反旗を翻し、腐った奴等を打ち倒し理想の世界を創り出す為に世界へ挑戦状を叩きつけた彩紀、そしてかがり。しかしお忘れではないだろうか、画面の前の読者…

読書感想:エージェントが甘えたそうに君を見ている。

さて、突然ではあるが画面の前の読者の皆様。貴方は心の中に何処か欠けた部分はあられるであろうか。その心の中の欠落を埋める何かを貴方は持っておられるであろうか。 この作品についての感想を書く前に、まずはこの作品のあらすじを見てみんとする。 「大…

読書感想:妹の好きなVtuberが実は俺だなんて言えない

問:貴方にとってVtuberと聞いて真っ先に連想されるのは? 答:本山らの(個人的最推し) さて、そんな私のちょっとした推しの話はさておき、Vtuberと言えば今、youtubeで隆盛を極めているジャンルの一つであり、中の人などいない、とでも言わんばかりに様々…

読書感想:日和ちゃんのお願いは絶対2

前巻感想はこちら↓ https://yuukimasiro.hatenablog.com/entry/2020/05/09/235139 さて、前巻で主人公である深春と日和は無事、最初の生涯を乗り越えお付き合いを始めている。だがしかし、我々は何か忘れてはいやしないだろうか。この世界は我々の世界の言わ…

読書感想:声優ラジオのウラオモテ#03 夕陽とやすみは突き抜けたい?

前巻感想はこちら↓ https://yuukimasiro.hatenablog.com/entry/2020/06/10/235703 さて、上記の前巻の感想を読んでいただければ分かると思うが、一巻と二巻で一つの騒動は解決している訳である。では今巻では一体どんな話になるのかと言うと。声優にとって必…

読書感想:白百合さんかく語りき。

世の中にはカップリングという言葉がある。それは時に戦争の火種にもなり得る危険な言葉であるらしい。誰と誰を掛け合わせると一番面白いか。それを妄想したりするのは創作の上で一つ、大切であるのかもしれない。さて、そんな前振りは一時置いといて画面の…

読書感想:桃瀬さん家の百鬼目録

さて、突然ではあるが画面の前の読者の皆様。貴方は桃太郎や一寸法師のような御伽噺はお好きであろうか。子供のころに慣れ親しまれた御伽噺はどんなものであっただろうか。そして、もしそんな御伽噺の主人公達が我々の周りに存在するかもしれないとしたら、…

読書感想:ちっちゃくてかわいい先輩が大好きなので一日三回照れさせたい2

前巻感想はこちら↓ https://yuukimasiro.hatenablog.com/entry/2020/07/11/001954 さて、今巻の感想は一体何を語ればよいのかと悩まれている画面の前の読者の皆様がおられたら、私より一言。今巻も花梨先輩が可愛い。 以上、Q・E・D。感想終わり、解散。 …

読書感想:百合に挟まれてる女って、罪ですか?

さて、突然ではあるが画面の前の読者の皆様。貴方は百合の間に挟まりたいであろうか。百合の間に首尾よく収まれれば両手に花となるかもしれないが、その為に入りたいかと聞かれるとどうだろうか。 とある都市に、長きにわたり対立する二つの極道組織があった…