モンスター文庫

読書感想:隣の席になった美少女が惚れさせようとからかってくるがいつの間にか返り討ちにしていた3

前巻感想はこちら↓ 読書感想:隣の席になった美少女が惚れさせようとからかってくるがいつの間にか返り討ちにしていた2 - 読樹庵 (hatenablog.com) さて、今巻の感想を書き始める前に、まずは画面の前の読者の皆様、この表紙の唯季の表情を見てみてほしい。…

読書雑記:もういくつ寝ると年末年始、そしてもう発売されている新刊の中から個人的期待の新作及び続刊についてのお話。

こんばんは。明日は就職して初めての仕事納め。これから始めて年末年始のお休みが待っている中、今月の積読を消化できる目途が立たぬことに若干絶望している真白優樹です。とりあえず年末年始で何とか片付ける事を目指すとして。年末進行により既に各所で新…

読書感想:氷の令嬢の溶かし方(1)

さて、突然ではあるが画面の前の読者の皆様。溶けてはいけない氷は北極の氷である。溶けると悲惨な事になるアイスである。では、溶けても良い氷は何か? それは誰かの氷りついた心、只一つである。 他者を寄せ付けず、常に誰とも距離を取り、群れを作らず。…

読書雑記:そろそろ十月になるので、今月末から来月初めにかけて発売される新刊の中から個人的期待の新作及び続刊についてのお話。

こんにちは。真白優樹です。本日は、そろそろ九月が終わり十月が始まるという事でちょっと早めかもしれませんが、今月末から来月初めにかけて発売される新刊の中から個人的に楽しみな新作及び続刊についてお話したいと思います。 天才美少女な幼馴染のくせに…

読書感想:席替えから始まるハイスペック陰キャのリア充への道(強制)1

さて、突然ではあるが画面の前の読者の皆様。貴方は人には言えないけれど隠している特技はあられるだろうか。これだけは誰にも負けない、という特技は持っているだろう。 とある高校、そのとあるクラスに一人の少年がいた。彼の名前は仁(表紙右)。 彼は陰…

読書感想:魔性の男を目指します2

前巻感想はこちら↓ https://yuukimasiro.hatenablog.com/entry/2020/05/16/235719 さて、画面の前の読者の皆様、モンスター文庫とヒーロー文庫の違いについて何かご存じであろうか。個人的な所見を述べさせていただくならば、ヒーロー文庫は加筆修正をされて…

読書雑記:七月ももう終わります、なので今月末から来月の頭にかけて発売される新刊の中から個人的期待の新作及び続刊についてのお話。

こんばんは。今日も画面の前の読者の皆様に感想を届ける読書人、真白優樹です(唐突なラジオ風の挨拶)。本日はそろそろ新刊の発売時という事で・・・いえ、もう発売しているレーベルがあるかもしれませんが、私は未だ購入しておりませんのでノーカンとさせ…

読書感想:隣の席になった美少女が惚れさせようとからかってくるがいつの間にか返り討ちにしていた2

前巻感想はこちら↓ yuukimasiro.hatenablog.com ボケとツッコミのケミストリー、エクストリームなラブコメ。そう言っても差し支えないであろうこの作品、果たして二巻である今巻では何を描いてくるのだろうか。 その答えを今から書いていくならば、悠己と唯…

読書雑記:七月がそろそろ始まるので、近日発売の新作の中から個人的期待の新作及び続刊についてのお話。

こんばんは。そろそろ七月も始まるという事で暑くなる気配を感じている真白優樹です。アイスティーが今年も美味しい季節になりますね。さて、前置きはここまでにして最近月末及び月初発売のライトノベルが早売りでもう順次出ている事は画面の前の読者の皆様…

読書感想:魔性の男を目指します1

男女比が逆転したという世界、昨今の流行でいうのならば恐らく某終末のハーレムの世界。ではそんな世界に転生するとしたら、画面の前の読者の皆様はどうされるだろうか。 主人公、琥珀(表紙右端)。彼は高校入学を控えた中学三年生の少年である。同時に彼は…

読書感想:隣の席になった美少女が惚れさせようとからかってくるがいつの間にか返り討ちにしていた

https://www.amazon.co.jp/dp/4575752614/?tag=a8-affi-287285-22&a8=niZoXihHJdT5hKgRgNagiZTLTYp-0YQRmNaGhKaKTG.HJdZT4dQHbYZA4dfEzEQaPGCYReZAPiZoWs00000009884001 隣の席、それは一瞬しかない時間の中での限られた距離。 隣の席になったのは学内でも有…