富士見ファンタジア文庫

読書雑記:発売日前恒例、新刊紹介なお話。ガガガ文庫編。及び富士見ファンタジア文庫編。

こんばんは。一月も後半にこれからなっていきますが、皆様いかがお過ごしでしょうか。私は今日も元気です、真白優樹です。さて本日は今週発売のガガガ文庫及び富士見ファンタジア文庫の新刊の中から、このブログで紹介予定の作品についてお話したいと思いま…

読書雑記:一月中旬から下旬にかけての個人的要注目な新刊のお話。

こんばんは。気が付けば一月も早くも半分が過ぎ、大学共通テストをやっとこさ終わらせたと言う読者様もおられるでしょうか。そんな皆様はお疲れ様でございます。私はいつも通りな真白優樹です。さて本日は、明後日発売のガガガ文庫から、二十五日にかけて発…

読書感想:スパイ教室 短編集02 私を愛したスパイ先生

前巻感想はこちら↓ 読書感想:スパイ教室06 《百鬼》のジビア - 読樹庵 (hatenablog.com) さて、前巻で地獄の一丁目もかくや、という程の展開に追い込まれ、身内の裏切りという最悪の事態が発生した主人公達「灯」の面々であるが、今巻は前巻の空気を一旦置…

読書感想:最強不敗の神剣使い3 十傑選定動乱編

前巻感想はこちら↓ 読書感想:最強不敗の神剣使い2 剣爛武闘祭編 - 読樹庵 (hatenablog.com) さて、前巻で繰り広げられた剣爛武闘祭で人造的に作られた剣士を相手に愛の力を見せつけ、またもアリアローゼの危機を救った我等が主人公、リヒトである。そんな…

読書感想:俺の気も知らないで憧れの先輩が恋愛相談してくる

さて、隣の芝生は青く見える、なんて言うけれど、それは多分、この作品を表す言葉としては多分当てはまらないかもしれない。しかし、思春期と言うものは、感情が揺れ動く季節である、というのは間違いないかもしれない。それは移りゆくものであれば、時に何…

読書感想:両親の借金を肩代わりしてもらう条件は日本一可愛い女子高生と一緒に暮らすことでした。4

前巻感想はこちら↓ 読書感想:両親の借金を肩代わりしてもらう条件は日本一可愛い女子高生と一緒に暮らすことでした。3 - 読樹庵 (hatenablog.com) さて、艱難辛苦を乗り越えここまで無事、まるで夫婦のように付き合い、周りから「メオトップル」とまで呼ば…

読書感想:クラスのギャルが、なぜか俺の義妹と仲良くなった。2 「おかえり、キミを待ってたよ」

前巻感想はこちら↓ 読書感想:クラスのギャルが、なぜか俺の義妹と仲良くなった。 「今日もキミの家、行っていい?」 - 読樹庵 (hatenablog.com) 合鍵を渡したらもう「恋人」じゃなくて「家族」なんだよ。前巻を読まれてそうツッコミたくなった読者様はどれ…

読書感想:S級ギルドを追放されたけど、実は俺だけドラゴンの言葉がわかるので、気付いたときには竜騎士の頂点を極めてました。2

前巻感想はこちら↓ 読書感想:S級ギルドを追放されたけど、実は俺だけドラゴンの言葉がわかるので、気付いたときには竜騎士の頂点を極めてました。 - 読樹庵 (hatenablog.com) さてさて、前巻で自分だけのギルド、「ドラゴン・ファースト」を立ち上げて早々…

読書感想:好きな人がバレたら死ぬラブコメ 俺を好きじゃないはずの彼女が全力で惚れさせようとしてくる

さて、「ラブコメ×ゲーム」と聞くと、先月MF文庫Jより刊行されたとある作品を思い出す読者様もおられるかもしれないが、先に申しておくとこの作品は上述した作品とは全く違う、とだけ申しておこう。スキルもないし、賭けるのは記憶ではない。では一体何を…

読書感想:美少女とぶらり旅

さて、突然ではあるが画面の前の読者の皆様。皆様は突然、旅に出てみたくなった事はあられるであろうか。何もかも、面倒くさい事を放り出して突然行ってみた事もない場所へ向かってみたくなったことはあられるであろうか。今の世の中の情勢では、中々難しい…

読書感想:機械音痴な幼馴染が我が家でリモート授業を受けているのは、ここだけの秘密。

さて、昨今の世の中においてはかの悪名高きコロナウイルスが流行しているのはもう共通認識であるとして、現在学生である読者様にとってはリモート授業と言うのは、もうなじみ深い授業形態となってしまっているのであろう。社会においても、リモートワークと…

読書雑記:発売日前恒例、新刊紹介なお話。富士見ファンタジア文庫編。及びGCN文庫編。

こんばんは。あと一週間もすればクリスマスイブですが女性と過ごす予定はありません、いつも通りラノベを読んでいると思います真白優樹です。しかし気にはしていません、これはこれで充実していますので。さて今回は、近日発売の富士見ファンタジア文庫及び…

読書雑記:十二月中旬から下旬にかけての個人的要注目な新刊のお話。

こんばんは。気付いてみれば既に何やら聖夜の足音が聞こえてきた気がしますが、そんな今日この頃をいかがお過ごしでしょうか。私の聖夜の予定ですか? 都合よくいけば友人とTCGで遊ぶ予定な真白優樹です。いいんです、私なりに充実しているので。さてそん…

読書感想:オーク英雄物語3 忖度列伝

前巻感想はこちら↓ 読書感想:オーク英雄物語2 忖度列伝 - 読樹庵 (hatenablog.com) さて、前巻の刊行から随分と間が空いてしまった訳であるが、画面の前の読者の皆様の中にはまさか打ち切りか、と疑われた読者様もおられるのではないだろうか。その心配は…

読書感想:不登校の幼馴染が学校に行く条件は、毎日俺とキスすることだった

さて、突然ではあるが画面の前の読者の皆様に一つお聞きしてみたいことがある。昨今のラブコメにおいては一対一の甘々路線が主流派を占めていっていると言っても過言ではないかもしれぬが、画面の前の読者の皆様は恋敵に当てはめられる登場人物がいた方が、…

読書感想:かまって新卒ちゃんが毎回誘ってくる ねえ先輩、仕事も恋も教育してもらっていいですか?

さて、画面の前の読者の皆様の中でブラック企業にお勤めの読者様はどれだけおられるであろうか。お勤めであられるという読者様は、心身の健康を崩される前に早めに辞職からの転職をお勧めしたい。これから来年度、社会人になられるという読者様はよく注意し…

読書感想:サベージファングお嬢様2 史上最強の傭兵は史上最凶の暴虐令嬢となって二度目の世界を無双する

前巻感想はこちら↓ 読書感想:サベージファングお嬢様 史上最強の傭兵は史上最凶の暴虐令嬢となって二度目の世界を無双する - 読樹庵 (hatenablog.com) さて、この作品の主人公、ミレーヌはその身の中に本物のミレーヌの魂ではなく、未来の世界で死した傭兵…

読書感想:妹の親友? もう俺の女友達? なら、その次は――?

さて、突然ではあるが昨今の世の中においては、初婚時の年齢の高齢化が話題となり、結婚をしないと言う選択肢をとる人達が増えているらしい、というのは画面の前の読者の皆様はご存じであろうか。 何故、結婚をしなくなるのだろう。その前段階として、何故恋…

読書感想:じつは義妹でした。 ~最近できた義理の弟の距離感がやたら近いわけ~

さて、義妹、もしくは義弟という存在はラブコメにおいてはどれほど存在するのであろうか、という事をふと思った次第であるが実際はどうなのであろうか。義弟、は中々見かけないかもしれない。義妹、は時々見かけるかもしれない。ではもし義弟で義妹なヒロイ…

読書雑記:発売日前恒例、新刊紹介なお話。ガガガ文庫、富士見ファンタジア文庫編。

こんばんは。もう今年もあとひと月半という事実に戦々恐々とされている読者様もおられるのではないでしょうか。私も正直、その一人かもしれません。真白優樹です。さて本日は、明日発売のガガガ文庫、土曜日発売予定の富士見ファンタジア文庫の新刊の中から…

読書雑記:十一月中旬から下旬にかけての個人的要注目な新刊のお話。

こんばんは。十一月もそろそろ半分も終わる今日この頃、そろそろ本格的に寒さも増していく中で今年を振り返り始めたり、早めの大掃除を始められるという読者様もおられるのではないでしょうか。私もそろそろ、職場が修羅場になっていく頃だと思いますので戦…

読書感想:放課後の聖女さんが尊いだけじゃないことを俺は知っている2

さて、前巻を読まれた読者様がこの巻の感想を開いているという事を前提にここからの感想を書いていく事を最初に予告させていただくが、前巻で芽生えた、基本的には平凡と言える主人公の大和と、聖女とも呼ばれるけれど年相応の素顔を持つ聖良の名もなき関係…

読書感想:女子寮の管理人をすることになった俺、住んでる女子のレベルがとにかく高すぎる件。こんなの馴染めるわけがない。

さて、突然ではあるが画面の前の読者の皆様に一つお聞きしてみよう。貴方は「女子寮」という言葉を聞いて、どんな事を連想されるであろうか。サブカル系で言えばどんな作品を連想されるであろうか。・・・え、私? 私が連想するのは、keyの名作のスピンオフ…

読書感想:古き掟の魔法騎士 III

前巻感想はこちら↓ 読書感想:古き掟の魔法騎士 II - 読樹庵 (hatenablog.com) 「誇り」、言うなればプライド。そんな言葉を聞いて画面の前の読者の皆様はどんな要素を連想されるであろうか。その答えは各自の答えであるので、具体的な正当の例は特にないの…

読書感想:クールな月城さんは俺にだけデレ可愛い

さて、昨今のラブコメ界においては幼馴染ものが一つの主流であるが、幼馴染とのラブコメの始まり、というものにおいて画面の前の読者の皆様はどんなシチュエーションを連想されるであろうか。幼馴染だからこそ、仮定を飛ばした結婚から始まったりするだろう…

読書感想:俺のお嫁さん、変態かもしれない ―ゼロ距離だった幼馴染、結婚したとたん即落ちして俺に夢中です―

さて、昨今の社会では結婚願望の低下と言う社会現象が一部で問題視されているらしいが、画面の前の読者の皆様の中で独身の読者の皆様は結婚願望はおありであろうか。無論、そういった願望が無くても別に咎められる事ではないと私は思う。結婚せずとも、他に…

読書雑記:発売日前恒例、新刊紹介なお話。富士見ファンタジア文庫編。

再びこんにちは。来週から涼しくなるとの予報に、ようやく秋の到来かと安堵している真白優樹です。やはり季節感は失いたくないものですね。では今回は、来週水曜日発売予定の富士見ファンタジア文庫の新刊の中から、このブログで紹介予定の作品についてお話…

読書雑記:十月中旬から下旬にかけての個人的要注目な新刊のお話。

こんばんは。十月もそろそろ半分くらいが終わる中、ようやく涼しくなるという天気予報に秋の気配を感じ、少し安心しつつある真白優樹です。さて本日は、ようやく本格的な秋が来ようとしている今日この頃、十月の末にかけて発売される新刊の中から、個人的に…

読書感想:スパイ教室06 《百鬼》のジビア

前巻感想はこちら↓ 読書感想:スパイ教室05 《愚人》のエルナ - 読樹庵 (hatenablog.com) さてさて、早速ではあるが画面の前の読者の皆様、前巻を読まれたと言う前提の元でこの巻の感想を書いていく次第であるが、前巻の最後、衝撃的な展開の傷跡はもう薄れ…

読書感想:人気声優とイチャイチャして結婚するラブコメ

さて、画面の前の読者の皆様もアニメ作品に触れられてきたことはあられるだろう。そんな作品の中で推しの声優が出来る事もあられるであろう。そんな推しの声優様ともし結婚できるとすれば、どんなに幸せな事であろうか。画面の前の読者の皆様もそんな夢想を…