MF文庫J

読書雑記:発売日前新刊紹介なお話。MF文庫J、ダッシュエックス文庫、オーバーラップ文庫編。

こんばんは。雨の日が続いて身体が冷え込みがち、真白優樹です。さて本日は明日から順次発売予定の三レーベルの中から、このブログで紹介予定の作品についてお話したいと思います。 読書雑記:二月中旬から下旬にかけての個人的要注目な新刊のお話。 - 読樹…

読書雑記:二月中旬から下旬にかけての個人的要注目な新刊のお話。

こんばんは。寝落ちすると一日頭痛に悩まされる、もう若くはないと思うようになった真白優樹です。さて本日は来週より発売予定のレーベルの中から、個人的に注目している作品についてお話していきたいと思います。 読書雑記:二月初旬から中旬にかけての個人…

読書感想:カルネアデス 2.孤高の吸血姫と孤独な迷い猫

前巻感想はこちら↓ 読書感想:カルネアデス 1.天使警察エルと気弱な悪魔 - 読樹庵 (hatenablog.com) さて、前巻で形成されたエルとイヴ、天使と悪魔の異色の凸凹コンビ。しかしこの舞台、匣庭を統べる女王はもう。そしてそれは、誰も知らぬ話。と言う所ま…

読書感想:義妹生活10

前巻感想はこちら↓ 読書感想:義妹生活9 - 読樹庵 (hatenablog.com) さて、遂にこの作品もアニメ化するらしい。それはとてもめでたい事である。あるのだが。とりあえず1クール前提として、果たしてどの辺りまでをアニメ化するのだろうか? 昨今のラブコメ…

読書感想:私を選んで、あなたのキスで ~運命のカノジョは私だけ!~

さて、時にラノベにおいては主人公、またはヒロイン、はたまた両方に前世、もっと言えば一周前の記憶があったりする作品もまぁまぁある訳であるが。前世の記憶、それは果たして本当に必要なものなのであろうか。例えば同じ時間軸を二周目、とかするなら前世…

読書感想:隣の部屋のダ天使に、隠しごとは通じない。

さて、昨今の世界には「親ガチャ」なる言葉があるらしいが画面の前の読者の皆様はご存じであろうか。人間、生まれる前に最初のガチャを引き、その結果によって人生が変わる、という事を言うようなものであるが、子供は親を選べないと言うのは確かにその通り…

読書雑記:発売日前新刊紹介なお話。MF文庫J、ダッシュエックス文庫、オーバーラップ文庫編。

こんばんは。今日物凄く寒くて現在寝落ち寸前な真白優樹です。さて本日は明日発売のレーベルの中からこのブログで紹介予定の作品についてお話したいと思います。 読書雑記:一月中旬から下旬にかけての個人的要注目な新刊のお話。 - 読樹庵 (hatenablog.com)…

読書感想:佐々木とピーちゃん7 疑似家族、結成! ~温かな家庭を夢見る末娘と、てんでバラバラな家人たち~

前巻感想はこちら↓ 読書感想:佐々木とピーちゃん6 宇宙の彼方より、未確認飛行物体、来襲! ~人類終了のお知らせ、伝えに訪れた地球外生命体は、どうやら地雷のようです~ - 読樹庵 (hatenablog.com) さて、前巻で宇宙からの来訪者、地球外生命体、機械生…

読書雑記:一月中旬から下旬にかけての個人的要注目な新刊のお話。

こんばんは。一月もそろそろ中盤、最近寒い日もまだまだ多めで寝不足な真白優樹です。さて本日は一月中旬から下旬にかけて発売される新刊の中から、個人的に要注目な新刊を紹介したいと思います。 読書雑記:一月初旬から中旬にかけての個人的要注目な新刊の…

読書感想:聖剣学院の魔剣使い14

前巻感想はこちら↓ 読書感想:聖剣学院の魔剣使い13 - 読樹庵 (hatenablog.com) さて、リーセリアの中に眠る女神、ロゼリアの魂の覚醒、そしてレオニスに宿った聖剣の真の覚醒、というイベントがあった前巻であるが。シリーズ読者の皆様は、レオニスにとって…

読書感想:この恋、おくちにあいますか? ~優等生の白姫さんは問題児の俺と毎日キスしてる~

さて、時にラノベの主人公と言うのは変にひねくれているというか、「誰も自分の事なんて分かろうとしない」、という妙に尖った部分があったりする訳であるが。そういう感性は年を取ってから見ると、黒歴史として悶えたくなりたくなるものであり、青春の未熟…

読書感想:死亡遊戯で飯を食う。5

前巻感想はこちら↓ 読書感想:死亡遊戯で飯を食う。4 - 読樹庵 (hatenablog.com) 勝利を得る代わりに、生き残れば生き残った分だけ傷ついて。どんどんと抱え込んでいく弱点が、その身を生き残らせるという行動の足を引っ張って。前巻、右目の視力のほぼ全て…

読書感想:探偵に推理をさせないでください。最悪の場合、世界が滅びる可能性がございますので。

さて、銃をぶっ放す探偵が居れば、犯人と大立ち回りを繰り広げる探偵もいる訳で。最近ミステリを冠するラノベが増え始めているが、それにともない探偵と言う人種にも様々な種類が出始めてきているのは私だけだろうか。と、まぁそんな事はさておき。この作品…

読書感想:青を欺く

さて、突然ではあるが画面の前の読者の皆様は嘘、というものについてどう思われているであろうか。嘘、というのは基本的にいけないものであり、人間は正直に生きるべきであると言えよう。しかし優しい嘘、という嘘があるのも確かである。そのようなものもあ…

読書雑記:発売日前新刊紹介なお話。MF文庫J、ダッシュエックス文庫、オーバーラップ文庫編。

こんばんは。クリスマスイブ、特に何も変わることがなくブログを書いている真白優樹です。さて本日は、一部作品はもう発売してしまっておりますが二十五日近辺に発売される新刊の中から、このブログで紹介予定の作品についてお話したいと思います。 読書雑記…

読書雑記:十二月中旬から下旬にかけての個人的要注目な新刊のお話。

こんばんは。そろそろめっきり寒くなる気配、と言う事で仕事の辛い時期が来る予感がしている真白優樹です。この時期は喫茶店で熱々のコーヒー片手に読書したくなりますね。では本日は十二月中旬から下旬にかけて発売される新刊の中から、個人的に要注目して…

読書感想:俺の背徳メシをおねだりせずにいられない、お隣のトップアイドルさま

さて、突然ではあるが画面の前の読者の皆様は、「深夜に次郎系ラーメン」、というワードを聞いてどんな言葉を連想されるであろうか? しかし連想される前に考えてみてほしい。 深夜に次郎系ラーメン、どう考えても健康に関して言えばよくない。しかし言葉と…

読書感想:多元宇宙的青春の破れ、唯一の君がいる扉

さて、並行世界と書いてパラレルワールドと読む訳であるが。並行世界というのは自分達の生きる世界とは、何処か少しだけ異なっている世界であり、そこには自分でない自分がいるらしい。と言う事は、もし並行世界があるとしたら、ラノベを読んでいない私もい…

読書感想:マスカレード・コンフィデンス 詐欺師は少女と仮面仕掛けの旅をする

さて、全く自分とは関係ない、人格や性格を自分として身に着け演じる者と言えば? という質問をされて画面の前の読者の皆様は誰を連想されるであろうか? 役者、という答えを連想される読者様も多いかもしれない。詐欺師、という答えを連想される方もおられ…

読書雑記:発売日前新刊紹介なお話。MF文庫J、ダッシュエックス文庫、オーバーラップ文庫編。

こんばんは。最近寒くなってきて眠気との戦いがきつい真白優樹です。さて本日はそろそろ発売の三レーベル分の新刊の中から、このブログで紹介予定の作品についてお話していきたいと思います。 読書雑記:十一月中旬から下旬にかけて発売される新刊の中から、…

読書雑記:十一月中旬から下旬にかけて発売される新刊の中から、個人的要注目な新刊のお話。

こんばんは。十一月もそろそろ中盤、そろそろ忙しい季節がやってくる気がする真白優樹です。さて本日は、今月中旬から下旬にかけて発売される新刊の中から、個人的に要注目の新刊についてお話したいなと思います。 富士見ファンタジア文庫編 ・これが魔法使…

読書感想:全力回避フラグちゃん!5

前巻感想はこちら↓ 読書感想:全力回避フラグちゃん!4 - 読樹庵 (hatenablog.com) さて、前巻で意外な黒幕による神様人質事件も解決した途端、モブ男の身体が崩壊し始めると言う波乱が巻き起こった訳であるが。その犯人を、この作品を読まれている読者様で…

読書感想:忍ばないとヤバい!

さて、忍者と言うのは現代においてはスパイ、みたいな書かれ方をする事が多いわけであるが実際の所を調べてみると、スパイ以外、もしくはスパイ以上の事をしている事もある。そして、忍者とスパイ、そこに共通する事もある。その一つとして、周囲にその存在…

読書感想:陰キャぼっちは決めつけたい これは絶対陽キャのしわざ!

さて、最近は陰キャと陽キャ、という枠組み、その絶対性は薄れつつあるのが世の流れであり、陽キャラも深夜アニメを見ていたりする、と聞いたことがあるが、ラノベもそれを表すように、陰キャと陽キャが住みわけをしていたり、お互いを知ろうとしていたり。…

読書感想:大っっっっっっっっっっ嫌いなアイツとテレパシーでつながったら!?

さて、最近のラブコメ、というのは色々考えてみると、どうも主人公とヒロインの間に元から何かしらの繋がりが有ったり、好感度なるものが割と高め、少なくともある程度ある状態から始まる事が多い、気がするのは私だけだろうか。その理由とはなぜなのだろう…

読書雑記:発売日前新刊紹介なお話。MF文庫J、ダッシュエックス文庫、オーバーラップ文庫編。

こんばんは。もうすぐ誕生日、しかし嬉しい事も無し。一先ず自分で自分に何か買うか、と考えたりしている真白優樹です。さて本日は明日発売予定の三レーベル分の新刊の中から、このブログで紹介予定の作品についてお話したいと思います。 読書雑記:十月中旬…

読書雑記:十月中旬から下旬にかけての個人的要注目な新刊のお話。

こんばんは。十月も半ばになりましたが、最近何か燻るものを感じている真白優樹です。さて本日は今月中旬から下旬にかけて発売される新刊の中から、個人的に要注目している作品についてお話していきたいと思います。 読書雑記:十月初旬から中旬にかけての個…

読書感想:カルネアデス 1.天使警察エルと気弱な悪魔

さて、凸凹と書いてでこぼこ、と読む訳であるが凸凹コンビと聞いて画面の前の読者の皆様が思いつくのはどのコンビであろうか。ぴったりと息が合っている、という訳ではなく所々息が合わず、時にぶつかり合ったり。それでも共に何かに立ち向かう中で、唯一無…

読書感想:エヴァーラスティング・ノア この残酷な世界で一人の死体人形を愛する少年の危険性について

さて、倫理観と言うのは大切であるというのは、画面の前の読者の皆様もご存じであろう。それもまた当然である、倫理観が無ければ世の中は無法図な地獄絵図になりかねないから。しかしそんな倫理観と言えども、歪みが気付かれず、そのまま許容される時がある…

読書雑記:発売日前新刊紹介なお話。MF文庫J、ダッシュエックス文庫、オーバーラップ文庫編。

こんばんは。九月も終わりそうになっている中、明日もお仕事な真白優樹です。さて本日は明日発売の新刊の中から、このブログで紹介予定の作品についてお話したいと思います。 読書雑記:九月中旬から下旬にかけての個人的要注目な新刊のお話。 - 読樹庵 (hat…