MF文庫J

読書感想:海鳥東月の『でたらめ』な事情3

前巻感想はこちら↓ 読書感想:海鳥東月の『でたらめ』な事情2 - 読樹庵 (hatenablog.com) さて、前巻まで読まれている読者様であれば、この作品のでたらめな面白さ、というのはご存じであろう。では今巻では一体、何を描いていくのか、と言うとであるが。今…

読書雑記:発売日前恒例、新刊紹介なお話。MF文庫J及びオーバーラップ文庫、ダッシュエックス文庫編。

こんばんは。職場に上着ごとウォークマンとイヤホンを忘れて少し落ち込んでいる真白優樹です。さて本日は、明日発売予定の新刊と、もう発売しているオーバーラップ文庫の新刊の中から、このブログで紹介予定の作品についてお話したいと思います。 読書雑記:…

読書感想:義妹生活6

前巻感想はこちら↓ 読書感想:義妹生活5 - 読樹庵 (hatenablog.com) さて、前巻で悠太と沙季はまるでハロウィンの灯に導かれるように、恋人同士としての温もりを求め、確かに二人の変化の音が鳴った訳である。だがしかし、何かが大幅に、それこそ一気に変わ…

読書感想:ラブコメ・イン・ザ・ダーク2

前巻感想はこちら↓ 読書感想:ラブコメ・イン・ザ・ダーク - 読樹庵 (hatenablog.com) さて、前巻を読まれた読者様はこの作品が「ラブコメ」であり「暗黒」であるという事はご理解頂けているであろう。しかしこの作品はあくまで「イン・ザ・ダーク」であり…

読書感想:神は遊戯に飢えている。5

前巻感想はこちら↓ 読書感想:神は遊戯に飢えている。4 - 読樹庵 (hatenablog.com) さて、前巻を読まれた読者様はフェイがどんどんと注目株となり始めている中、「神々の遊び」を彼に攻略させたくない、という謎の勢力、正体不明の神が動き出していると言う…

読書感想:恋は暗黒。

さて、果たして普通とは一体、何なのであろうか。例えばラブコメにおける普通とは、一体どういったものであろうか。普通を求め、そこに行きついていると何処か特別性のないものになってしまうのかもしれない。だが普通とは何よりもかけがえのない尊い物であ…

読書雑記:発売日前恒例、新刊紹介なお話。MF文庫J及びオーバーラップ文庫、ダッシュエックス文庫編。

こんばんは。最近急に天気がぐずつくので面倒さを感じている真白優樹です。さて本日は明日発売の三レーベルの新刊の中から、このブログでしょうか予定の作品についてお話したいと思います。 読書雑記:八月中旬から下旬にかけての個人的要注目な新刊のお話。…

読書雑記:八月中旬から下旬にかけての個人的要注目な新刊のお話。

こんばんは。数年ぶりのコミケも開催され暑い夏が訪れておりますが皆様、いかがお過ごしでしょうか。私は何か新しい試みが出来ないかとPowerPointに手を出そうとしてみましたが、十数年ぶりのPowerPointの操作に折れて一先ず棚上げしました、真白優樹です。…

読書感想:全力回避フラグちゃん!3

前巻感想はこちら↓ 読書感想:全力回避フラグちゃん!2 - 読樹庵 (hatenablog.com) さて、一巻、二巻ともに様々な世界でその下種さを見せつけてきた、仮想人格ことモブ男であるが、そんな彼にフラグちゃんは惚れ込んでいる訳である。蓼食う虫も好き好き、と…

読書感想:パシられ陰キャが実は最強だった件3

前巻感想はこちら↓ 読書感想:パシられ陰キャが実は最強だった件2 - 読樹庵 (hatenablog.com) さて、これまで立ち塞がる敵をアキラがその拳でぶっ飛ばしどんな事態も乗り切ってきたわけであるが、果たして画面の前の読者の皆様はこのままで終われると思って…

読書感想:ネームレス・レコード Hey ウル、世界の救い方を教えて

さて、英雄とはその活躍で希望となる者である。その道は希望に満ち、誰にもに憧れられるものである。だが果たして、英雄と呼ばれた彼等は本当に英雄に値するのであろうか。もっと他に英雄と呼ばれるべき人がいたのではないだろうか。歴史にもしもを求めても…

読書感想:見た目に反して(僕だけに)甘えたがりの幼なじみを、僕は毎日論破しなければならない。

さて、画面の前の読者の皆様は論破と聞いてどんな事を連想されるであろうか。ダンガンロンパ、というゲームの名前を思い浮かべた私は多分古めのオタクであるのかもしれない。しかし、論破と言うのは実は相応に難しいものである。相手の論理の隙を突き、通す…

読書雑記:発売日前恒例、新刊紹介なお話。MF文庫J及びオーバーラップ文庫編。

こんばんは。そろそろ七月が終わると言う情報に戦々恐々としております、真白優樹です。さて本日は既に発売されている所もちらちら見受けられますが、公式発売日は明日+給料日が明日なので明日購入、という事で明日発売の二レーベルの新刊の中から、このブ…

読書雑記:七月中旬から下旬にかけての個人的要注目な新刊のお話。

こんばんは。戻り梅雨という言葉に何故梅雨の季節に来なかったのかとぼやきたくなる真白優樹です。さて本日は、今月中旬から下旬にかけて発売される新刊の中から、個人的要注目な作品についてお話したいと思います。 読書雑記:七月初旬から中旬にかけての個…

読書感想:聖剣学院の魔剣使い10

前巻感想はこちら↓ 読書感想:聖剣学院の魔剣使い9 - 読樹庵 (hatenablog.com) さて、前巻でこの世界のレオニスが知らぬ歴史と言うものに触れた事で、世界観というものに深まりが出た本作品であるが、そもそも最も大きな謎、というものはすぐ側にあると言っ…

読書感想:ランジェリーガールをお気に召すまま2

前巻感想はこちら↓ 読書感想:ランジェリーガールをお気に召すまま - 読樹庵 (hatenablog.com) さて、今巻の感想を書いていく前に先にお断りしたい次第であるが、今巻の感想を書いていくにあたって、前巻を読んでから今巻の感想を読んでいただきたい次第であ…

読書感想:紅蓮戦記1 天才魔術指揮官は逃げ出したい

闇の炎に抱かれて消えろ、というネタが分かる読者様は多分私と同年代であり、今のオタクの主流である読者様から見れば多分古株と呼ばれるであろう類のオタクである。という前置きはさておき、皆様はもし自分が敗色濃厚な戦いの中におかれていたならどうする…

読書感想:同い年の妹と、二人一人旅

さて、今「国道」を擬人化した少女、というプロジェクトが始動したらしいが日本人はつくづく擬人化というものが好きであるらしい。競走馬から艦船、はたまた城郭に至るまで様々なものが擬人化されているが次は一体何が擬人化されるのだろうか。という前置き…

読書感想:失恋計画と初恋計画 キミとの恋は、もう失敗しないから

さて、あそこでああすりゃよかったニャ、というのは某国民的アニメの昔のEDの歌詞の一節である。という前置きはさておき、あそこでああすればよかった、即ち後悔。後悔と言う物を長く覚えていて引きずってしまうのは何であろうか。答えは千差万別としても…

読書雑記:発売日前恒例、新刊紹介なお話。MF文庫J及びオーバーラップ文庫、ダッシュエックス文庫編。

こんばんは。雨に濡れるお仕事をしているので、雨の日は憂鬱になる真白優樹です。さて本日は今週金曜日発売予定の三レーベルの新刊の中から、このブログで紹介予定の作品についてお話したいと思います。 読書雑記:六月中旬から下旬にかけての個人的要注目な…

読書雑記:六月中旬から下旬にかけての個人的要注目な新刊のお話。

こんばんは。急に気温が高くなるのは勘弁してほしいですよね、真白優樹です。外に出ると言う読者の皆様は水分補給を忘れないようにいたしましょう。さて本日は、六月中旬から下旬にかけて発売される新刊の中から、個人的に要注目な作品を紹介したいと思いま…

読書感想:佐々木とピーちゃん5 裏切り、謀略、クーデター!異世界では王家の跡目争いが大決着 ~現代は待望の日常回、ただし、ハードモードの模様~

前巻感想はこちら↓ 読書感想:佐々木とピーちゃん4 異能力者と魔法少女がデスゲーム勢を巻き込んで喧嘩を始めました ~並びに巨大怪獣が日本来訪のお知らせ~ - 読樹庵 (hatenablog.com) さて、佐々木を巡るヒロイン達が一堂に会し火花を散らしたり、更には…

読書感想:純白と黄金2

前巻感想はこちら↓ 読書感想:純白と黄金 - 読樹庵 (hatenablog.com) さて、前巻を読まれた読者様はこの作品における「ヤンキー」という存在がとんでもなく常識外の存在であるというのはもうご理解いただけているであろう。もう新たな人種か何かなのかとツッ…

読書感想:クラスの大嫌いな女子と結婚することになった。5

前巻感想はこちら↓ 読書感想:クラスの大嫌いな女子と結婚することになった。4 - 読樹庵 (hatenablog.com) さて。今まで様々な、関係性を揺らす爆弾を投げ込まれても少しは進展する事があっても、根本的に変わることのなかった朱音の思いと才人との関係。王…

読書感想:また殺されてしまったのですね、探偵様3

前巻感想はこちら↓ 読書感想:また殺されてしまったのですね、探偵様2 - 読樹庵 (hatenablog.com) さて、この作品をここまで読まれてきた読者様であれば主人公である朔也の特異性、死に戻りについて十分理解されている頃であろう。自分が被害者となる事から…

読書感想:ラブコメ・イン・ザ・ダーク

さて、寝てる間に見る「夢」というものはその内容によって何かを暗示していると言われる事もあり、夢占いなんてものもある。そして迷信ものであるが、望んだ夢を見る方法もいくつかあるらしい。ではもし、そんな「夢」の世界を自分の自由にできるとしたら皆…

読書感想:僕たち、私たちは、『本気の勉強』がしたい。

さて、人生変えたきゃ東大へ行け、というのはどこぞの有名な漫画の台詞であるが、東大と言うのは我々一般人からすればあまり馴染みのない、天才揃いの世界と言う印象しかないのかもしれない。が、しかし。東大合格者の話を聞いてみると、決して元から頭が良…

読書雑記:発売日前恒例、新刊紹介なお話。MF文庫J及びオーバーラップ文庫、ダッシュエックス文庫編。

こんばんは。そろそろ梅雨の季節が見えてくる頃ですが皆様いかがお過ごしでしょうか。真白優樹です。さて本日は今週水曜日発売予定の三レーベル分の新刊の中から、このブログで紹介予定の作品についてお話したいと思います。 読書雑記:五月中旬から下旬にか…

読書雑記:五月中旬から下旬にかけての個人的要注目な新刊のお話。

こんばんは。五月も早くも半分が過ぎ去ろうとしておりますが、皆様いかがお過ごしでしょうか。私は最近、何か飢えを感じつつあります、真白優樹です。さて本日は、五月中旬から下旬にかけて発売される各レーベルの新刊の中から、個人的に要注目な新刊を五作…

読書感想:海鳥東月の『でたらめ』な事情2

前巻感想はこちら↓ 読書感想:海鳥東月の『でたらめ』な事情 - 読樹庵 (hatenablog.com) さて、前巻の感想が分かりにくかった、という読者様にはこの場を借りてお詫び申し上げたい。しかしどうかご容赦いただきたい。この作品の面白さは、私の言葉では中々に…