MF文庫J

読書感想:同い年の先輩が好きな俺は、同じクラスの後輩に懐かれています2

前巻感想はこちら↓ 読書感想:同い年の先輩が好きな俺は、同じクラスの後輩に懐かれています - 読樹庵 (hatenablog.com) さて、前巻の最後、颯太の告白は確かに千春へ届いていたけれど、どこかうやむやに終わってしまったのは前巻を読まれた画面の前の読者の…

読書感想:義妹生活2

前巻感想はこちら↓ 読書感想:義妹生活 - 読樹庵 (hatenablog.com) さて、私はこの作品を表紙の二人が本当の意味で「家族」となっていく作品と評したが、画面の前の読者の皆様もお気づきであろう。一口に「家族」と言っても色々な形があり、共に暮らしている…

読書感想:PAY DAY 1 日陰者たちの革命

さて、自分の残りの寿命が見えるようになったらどうなるか、という話は某テイコウペンギンの動画で行われているのでそちらを是非に見てみてほしい。ではもし、画面の前の貴方は自分の寿命がコインとして物質化され、しかも強制的にそれを払わなければならな…

読書感想:殺したガールと他殺志願者2

前巻感想はこちら↓ 読書感想:殺したガールと他殺志願者 - 読樹庵 (hatenablog.com) それは、最高で最悪なボーイ・ミーツ・ガール。というのは某作品の一巻のうたい文句である。これは特に関係ない、訳であるがこの作品の主人公である水面とヒロインであるみ…

読書感想:チヨダク王国ジャッジメント 姉と俺とで異世界最高裁判所

東京都千代田区。いきなりこの地名だけ聞いて、画面の前の読者の皆様は一体何を連想されるであろうか。もしかしたら、何も連想できるものがないかもしれない。だがしかし、それもまた仕方のない事なのかもしれない。 東京都千代田区、それは普通に生きていれ…

読書感想:キミに捧げる英雄録1 立ち向かう者、逃げる者

さて、突然ではあるが画面の前の読者の皆様。「自分の人生の主役は自分自身」なんて言うけれど、貴方は自分の人生でどんな役として生きたいだろうか。自分は主役でも誰かに取っては端役、そんな生き方よりも誰にも負けぬ主役として振る舞いたいとは思われる…

読書感想:終焉ノ花嫁3

前巻感想はこちら↓ 読書感想:終焉ノ花嫁2 - 読樹庵 (hatenablog.com) さて、この巻の感想を書き始める前に、私は皆様に残念なお知らせと一つ、お詫びをしたい。作者である綾里先生がtwitterで今巻が一時完結の最終巻である事を明言されているが、そのきっか…

読書感想:元カノとのじれったい偽装結婚

さて、突然ではあるが画面の前の読者の皆様。結婚しておられる読者の方がおられたらお聞きしたいのであるが、「結婚は人生の墓場」というのは本当なのであろうか。結婚はゴールなのか、スタートなのか。結婚は二人三脚のマラソンというのは本当なのであろう…

読書雑記:発売日前恒例、新刊紹介なお話。MF文庫J及びオーバーラップ文庫、ダッシュエックス文庫編。

こんばんは。二月もそろそろ終わりますが皆さまいかがお過ごしでしょうか。私は日々仕事に精進しています、真白優樹です。では今日は、もうすぐ発売の三レーベル分の新刊の中から、このブログで記事にする予定の新作及び続刊について取り上げたいと思います…

読書感想:お嫁さんにしたいコンテスト1位の後輩に弱みを握られた

さて、突然ではあるが画面の前の読者の皆様。貴方は周囲の人にひた隠しにしている秘密の趣味というものはあられるであろうか。この趣味は知られてもまあ良いけれど、この趣味だけは知られたくないと言う秘密はあられるであろうか。 そういう趣味をひた隠しに…

読書感想:きゅうそ、ねこに恋をする

さて、突然ではあるが画面の前の読者の皆様。貴方は所謂ビビりと呼ばれる人種であろうか。もしそうであるのならば恥じる必要はない、何故ならば驚くと言うのは人間の反射的行動の一つだからである。 では何故こんなことを聞いたのかというと、それはこの作品…

読書感想:裏社会最強の男、終末異世界を愉しむ。 終幕に捧ぐ反逆転劇

さて、突然ではあるが画面の前の読者の皆様。貴方はデスゲームと聞くと何を連想されるであろうか。例えばダンガンロンパシリーズだろうか、はたまた別のゲームだろうか。そして貴方はデスゲームと聞くと浮かび上がる感情は恐怖であろうか、嫌悪であろうか。…

読書感想:聖剣学院の魔剣使い6

前巻感想はこちら↓ 読書感想:聖剣学院の魔剣使い5 - 読樹庵 (hatenablog.com) さて、遂にこの作品も五巻を越え六巻という段階へと入ってきた次第であるが、画面の前の読者の皆様はこうはお思いではないだろうか。仕方のない事とは言え、中々に状況が何も変…

読書感想:義妹生活

さて、突然ではあるが画面の前の読者の皆様。特に男性陣の読者の皆様。貴方方は弟妹が欲しいと思われたことはあられるであろうか。特に、異性の弟妹が欲しいと思われたことはあられるであろうか。だが、弟妹が欲しいと願ってみてもそれは簡単ではなく、そし…

読書感想:神は遊戯に飢えている。1 神々に挑む少年の究極頭脳戦

さて、突然ではあるが画面の前の読者の皆様。この作品の今巻の感想は、興奮と心に吹き込んだ熱さのままに綴られるが故に少し読みにくくなってしまっているかもしれぬ事を先にお詫びしたい。その上で、私は画面の前の読者の皆様に問いかけたい。貴方は驚異的…

読書雑記:発売日前恒例、新刊紹介なお話。MF文庫、オーバーラップ文庫、ダッシュエックス文庫編。

こんばんは。一月もそろそろ終わりますが皆さまいかがお過ごしでしょうか。私は今、久しぶりの飲酒でほろ酔いな真白優樹です。では今回は、早い所ではそろそろ発売されている25日が公式発売日の三レーベルの中から、個人的期待の新作及び続刊についてお話し…

読書感想:クラスの大嫌いな女子と結婚することになった。

さて、突然ではあるが画面の前の読者の皆様。結婚というものは生涯で重要なイベントの一つであるが、結婚するならどういう相手がいいだろうか。やはり好き合って結婚する、お見合いが始まりでも恋愛が始まりでも、そういう結婚が一番幸せと言えるのではない…

読書感想:究極進化したフルダイブRPGが現実よりもクソゲーだったら2

前巻感想はこちら↓ 読書感想:究極進化したフルダイブRPGが現実よりもクソゲーだったら - 読樹庵 (hatenablog.com) さて、この作品は何とコミカライズも決定しているし、何とアニメ化も決定しているらしい。信じられないかもしれないが、本当の話である。実…

読書雑記:そろそろ年末も近づく中、来週発売の新刊の中から個人的期待の新作及び続刊についてのお話。

こんにちは。本日はこれからちょっと泊まり込みの用事がある為こんな時間の更新となります、真白優樹です。では本日は、今日くらいしか時間がなさそうなので、来週発売予定の三レーベルの中から個人的期待の新作、及び続刊についてお話したいと思います。 ク…

読書感想:同い年の先輩が好きな俺は、同じクラスの後輩に懐かれています

さて、突然ではあるが画面の前の読者の皆様。貴方は周囲に誰にも言えない秘密ってあられるであろうか。心の中にだけ秘めていて、墓の下に持っていきたい秘密ってあるだろうか。 因みに私にはある。が、ここでそれを語るわけにもいかぬので黙っておく次第であ…

読書感想:殺したガールと他殺志願者

さて、突然ではあるが画面の前の読者の皆様。時に人は、今この瞬間が最高に幸せである、今この瞬間であれば死んでも良いという瞬間があると言う。ではその、一瞬かもしれないが人生のピークという時に、今死んでも悔いはないなんて口では言えるその時に、果…

読書雑記:発売日がそろそろ近くなっているらしい為、近日発売の三レーベルの中から個人的期待の新作についてのお話。

こんばんは。久方ぶりに歯の検査に行ったら、歯が意外とヤバい事になっていた真白優樹です。皆様、歯科は定期的に行きましょう。あと歯はなるべくきちんと磨きましょう。さて、それは置いといて今回はMF文庫、オーバーラップ文庫、ダッシュエックス文庫の…

読書感想:今はまだ「幼馴染の妹」ですけど。3 3年分の「ありがとう」だよ、先輩

前巻感想はこちら↓ https://yuukimasiro.hatenablog.com/entry/2020/06/28/233832 この巻の感想を読まれる前、そしてこの巻を読む前に。画面の前の読者の皆様の中でこの作品を読了されている方はご注意願いたい。この巻は、正に容赦がない。作者である涼暮先…

読書感想:七人の魔剣姫とゼロの騎士団

さて、突然ではあるが画面の前の読者の皆様。貴方は空を飛ぶ島というまるで、ラピュタが如き島に憧れはあられるであろうか。立ち塞がる魔物相手に冒険と戦いの日々を繰り広げたいと思ったことはあられるであろうか。 かつて存在していたという古代人の文明。…

読書感想:探偵くんと鋭い山田さん2 俺を挟んで両隣の双子姉妹が勝手に推理してくる

前巻感想はこちら↓ https://yuukimasiro.hatenablog.com/entry/2020/05/25/235922 さて、表紙からして仄かな色気すら感じる雪音な表紙であるが、今巻では水着、及び海のシーンはあるのかと聞かれると水着はあれど海はない、そう答えるしかない次第である。 …

読書雑記:そろそろ十月が終わるので、明日から三日間にかけて発売される新刊の中から個人的期待の新作及び続刊についてなお話。

こんばんは。そろそろ十月も終わりまして私が誕生日を迎える十一月が迫ってきましたが、この年齢になると特に感慨もない真白優樹です。一年生き抜きまた一つ、年を取るという事なのです。 では明日、明後日、明々後日にかけて新刊が発売されるという事で発売…

読書感想:やがて僕は大軍師と呼ばれるらしい3

前巻感想はこちら↓ https://yuukimasiro.hatenablog.com/entry/2020/02/26/225424 さて、画面の前の読者の皆様に一つ問いかけをする事をお許し願いたい。戦争において、もっとも重要であるのは一体何であろうか。武装か。規模か。早さか。無論、読者の皆様一…

読書感想:死呪の大陸

さて、突然ではあるが画面の前の読者の皆様。貴方はファンタジーはお好きであろうか。匂い立つようなゴリゴリでガチな異世界はお好きであろうか。 ではこの作品の感想を語る前に、まず初めにこの作品のあらすじを見ていきたいと思うのでお付き合いいただきた…

読書感想:聖剣学院の魔剣使い5

前巻感想はこちら↓ https://yuukimasiro.hatenablog.com/entry/2020/09/24/231326 さて、死して復活した竜王、ヴェイラ。彼女は一体何を為していくのか。そう問いかけたい読者様に一言お伝えすると、今回はエルフィーネ先輩回と言っても過言ではないという事…

読書感想:勇者の棺桶、誰が運ぶの? ポンコツ娘は救われ待ち

問:救助と言えば?(複数回答可) 答:ポケモン不思議のダンジョン(DS版でやり込んだ真白優樹である) 救援能力(ガウリールの使い手だった為) さて救援能力とは何ぞやというツッコミに関しては各自調べていただくとして、救助隊というのは大切な存在で…