読書感想:悔い改めよ!ハーレム学園

さて、突然ではあるが画面の前の読者の皆様。ハーレムと言うものがある。それは既にご存じであろう。一般的なイメージで言えば、一夫多妻のようなイメージが強いかもしれない。では、ハーレムは何人まで良いのか。何人までが許容範囲であろうか、画面の前の…

読書雑記:発売日前恒例、新刊紹介なお話。電撃文庫編。

こんにちは。連休三日目を皆様いかがお過ごしでしょうか。私は感想記事作成を頑張っています、真白優樹です。さて、本日分の感想記事作成の前にまずは、今週土曜日発売の電撃文庫の新刊の中から、このブログでピックアップ予定の新作についてお話していきた…

読書感想:街コン行ったら先生しかいなかった

街コン。果たしてそんな、男女の出会いを目的とするイベントにいかれたことのある画面の前の読者の皆様はどれほどおられるだろうか。私個人としては縁遠い、言うなれば異世界的なイベントであるが、どんな面白さがあるのだろうか。 知人に、今なら男子が誰も…

読書雑記:「GW特別企画」、この連休だからこそ読みたい作品紹介、なお話。

こんばんは。連休二日目。ちょっと家の近くの緑地を踏破してきた以外は読書していましたが、一冊読むのに時間がかかりちょっと愕然となった真白優樹です。昔はもっと読めたのですが。感覚を取り戻していかなくては・・・。さて本日は、GWという事でGWら…

読書感想:七人の魔剣姫とゼロの騎士団2

前巻感想はこちら↓ 読書感想:七人の魔剣姫とゼロの騎士団 - 読樹庵 (hatenablog.com) さて、昨今の主人公像とは一線を画した、オラオラ系熱血主人公である我等が主人公、ナハト。彼が類まれなる強者であると言う事は、前巻を読まれた読者様であれば既にご存…

読書感想:D級冒険者の俺、なぜか勇者パーティーに勧誘されたあげく、王女につきまとわれてる 2

前巻感想はこちら↓ 読書感想:D級冒険者の俺、なぜか勇者パーティーに勧誘されたあげく、王女につきまとわれてる 1 - 読樹庵 (hatenablog.com) さて、この作品はどうやらこの巻までがプロローグであるという事であり、この巻で初めてジレイを取り巻く環境が…

読書雑記:「GW特別企画」 「真白優樹」は如何にして始まりここまで来たのか、という偶には自分語り的お話。

こんばんは。ゴールデンウィーク一日目、皆様いかがお過ごしでしょうか。私は、先月の新刊を読んでいました。真白優樹です。さて本日は、とある読友さんからのアイデアを頂きまして、私、「真白優樹」が如何にして生まれたのか。皆様がよく知る、ラノベオタ…

読書感想:Re:RE ―リ:アールイー―2 転生者を殺す者

前巻感想はこちら↓ 読書感想:Re:RE-リ:アールイー- 1 転生者を殺す者 - 読樹庵 (hatenablog.com) さて、この巻は上下巻構成である所の下巻である。つまりは一巻と二巻、合わせて一つの作品であり、この巻も合わせて一つの大きな物語が始まる巻なのである。 …

読書感想:ブレイドスキル・オンライン2 ~ゴミ職業で最弱武器でクソステータスの俺、いつのまにか『ラスボス』に成り上がります!~

前巻感想はこちら↓ 読書感想:ブレイドスキル・オンライン1 ~ゴミ職業で最弱武器でクソステータスの俺、いつのまにか『ラスボス』に成り上がります!~ - 読樹庵 (hatenablog.com) さて、前巻を読まれた読者の皆様であれば、この作品の主人公であるユーリ…

読書感想:究極進化したフルダイブRPGが現実よりもクソゲーだったら3

前巻感想はこちら↓ 読書感想:究極進化したフルダイブRPGが現実よりもクソゲーだったら2 - 読樹庵 (hatenablog.com) さて、この作品は自分でもいまだに信じられないが、今現在本当にアニメとして放送されているらしい。自分の住んでいる地域では映らないので…

読書感想:クラスの大嫌いな女子と結婚することになった。2

前巻感想はこちら↓ 読書感想:クラスの大嫌いな女子と結婚することになった。 - 読樹庵 (hatenablog.com) さて、突然ではあるが、この二巻を読み終えた者として、一つだけお先に叫ばせていただきたい。―――このヒロイン、朱音、とんでもなくヒロインとして面…

読書感想:王立魔法学園の最下生2 ~貧困街上がりの最強魔法師、貴族だらけの学園で無双する~

前巻感想はこちら↓ 読書感想:王立魔法学園の最下生 ~貧困街上がりの最強魔法師、貴族だらけの学園で無双する~ - 読樹庵 (hatenablog.com) さて、この作品の概要においては既に説明する必要もないと思われるので、さくさくと今巻の感想に向けて進んでいきた…

読書感想:株では勝てる俺も、カワイイ女子高生には勝てない。

さて、画面の前の読者の皆様は株取引と聞くとどんな印象を持たれるであろうか。どんな世界であると言う印象があるだろうか。 株取引、それはこの作品の中でも描かれている通り、生き馬の目を抜くという言葉がお似合いであるかのような、とんでもない修羅の世…

読書感想:俺は星間国家の悪徳領主! (3)

前巻感想はこちら↓ 読書感想:俺は星間国家の悪徳領主! 2 - 読樹庵 (hatenablog.com) 気の置けない大切な友人もいる。天城やブライアンを始めとする、頼れる家臣達だっている。何だって持っているように見える、我等が主人公のリアム。だが、彼には唯一持っ…

読書雑記:発売日前恒例、新刊紹介なお話。角川スニーカー文庫及びHJ文庫、講談社ラノベ文庫、ファミ通文庫編。

こんばんは。そろそろゴールデンウィークが迫ってきていますが、皆様くれぐれも不要不急の外出は避けて大人しく家でラノベを読みましょう、真白優樹です。因みに当ブログでは五月一日から五日にかけて一日一記事、特別企画として様々な事をお話しようかと思…

読書感想:大親友が女の子だと思春期に困る ようこそ1000分の1秒の世界へ!

1000分の1秒。音よりも、自身の脳が指令を下すよりも早く。極限までの速さが求められるその世界は何処か。それは「競技かるた」の世界。普通に生きていればまずお目にかかる事もないかもしれないし、関わる事もないかもしれない。けれど確かにそこに生きてい…

読書感想:攻略難易度ハードモードの地球産ダンジョン ~ボッチが異世界の奴隷少女たちと、余裕で攻略するそうです!~

もし、この地球上にダンジョンがあったら、その探索と言う日常がすぐ隣に存在しているとしたら。画面の前の読者の皆様は飛び込んでみたいと思われるだろうか。命がけの、ハイリスクハイリターンかもしれない日々に飛び込んでみたいだろうか。 地球にダンジョ…

読書感想:駅徒歩7分1DK。JD、JK付き。1

さて、一人暮らしというものは一回は経験しておいた方が良いと言われているものである。では、一人暮らしに必要な部屋の大きさというのはどれほどのものだろう。一人暮らしにおいては、自分だけの一国一城となる自分の部屋。そこに何を求めるかは、個人次第…

読書感想:居候先の三姉妹がえっちなトレーニングを求めてくる

さて、スポーツは楽しいもの、熱中できるもの。何かスポーツを嗜まれたことのある読者の方であれば、その気持ちもわかっていただけると思う。だがしかし、スポーツは時に痛いものである。スポーツによってはケガも絶えないし、時に大けがをする事だってある…

読書感想:わたしが恋人になれるわけないじゃん、ムリムリ!(※ムリじゃなかった!?)3

前巻感想はこちら↓ 読書感想:わたしが恋人になれるわけないじゃん、ムリムリ! (※ムリじゃなかった!?) 2 - 読樹庵 (hatenablog.com) さて、今巻は表紙から見ての通り、紫陽花さんが一人で表紙を飾っている。つまりはそういう事である、彼女が主役の巻である…

読書感想:結婚が前提のラブコメ4

前巻感想はこちら↓ 読書感想:結婚が前提のラブコメ (3) - 読樹庵 (hatenablog.com) さて、前巻では結婚する事の幸せか、自分を貫く事の幸せ、どちらが大切かという事に触れてきたこのシリーズ。では今巻は、どんな命題に触れるのか。その答えを簡単に言って…

読書感想:通勤電車で会う女子高生に、なぜかなつかれて困っている

さて、突然ではあるが画面の前の読者の皆様。通勤、または通学に電車を使うという読者の方がおられたら、少しその車内の光景を思い出してみてほしい。その光景の中、きっと存在しているであろう他の客に、貴方は面識のある方はおられるであろうか。 電車の中…

読書感想:魔王2099 2.電脳魔導都市・秋葉原

前巻感想はこちら↓ 読書感想:魔王2099 1.電子荒廃都市・新宿 - 読樹庵 (hatenablog.com) さて、どうやら今、現実の日本における東京の街、秋葉原はオタクの街という呼び名は何処へやら。今は少しずつ寂れ、形骸化しつつあるらしいという話を聞き、私は至極…

読書感想:時をかけて来た娘、増えました。

さて、時間と歴史に介入するものと言えば、画面の前の読者の皆様にとっては何であろうか。少し前の作品となってしまうかもしれないが、某仮面ライダージオウのタイムジャッカー辺りが印象深いかもしれない、私にとっては。だが、歴史と時間に介入するという…

読書感想:剣と魔法の税金対策2

前巻感想はこちら↓ 読書感想:剣と魔法の税金対策 - 読樹庵 (hatenablog.com) さて、異世界だって税制があると世知辛い。それはこの作品を読まれた読者様であればもうご存じであろう。話を少し変えるが、この現実世界においては様々なものに税金がかかるとい…

読書感想:少女と血と勇者先生と

さて、我々読者はいつかは死ぬ。未来に不老不死にでもなれる技術が開発されでもしない限り、頑張っても百年と少しで死んでしまう。果たして輪廻転生なんていう、物語のような事態が本当にあるかは分からないので、人生は一度きり、死んだらそこで終わりであ…

読書感想:魔王と竜王に育てられた少年は学園生活を無双するようです2

前巻感想はこちら↓ 読書感想:魔王と竜王に育てられた少年は学園生活を無双するようです 1 - 読樹庵 (hatenablog.com) 「思いだけでも、力だけでも」 それは果たして誰が言った台詞であっただろうか。だが、それは確かである。思いだけでは力が無く、力だけ…

読書感想:辺境都市の育成者3 迷宮の蒼薔薇

前巻感想はこちら↓ 読書感想:辺境都市の育成者2 再来の宝玉 - 読樹庵 (hatenablog.com) さて、エピソードゼロ的な立ち位置であった一巻、全ての始まりとなり、倒すべき敵も現れた二巻。その二冊を経て、三巻では何を行うのか、は前巻を読まれた画面の前の…

読書感想:あなたを救いに未来から来たと言うヒロインは三人目ですけど?

未来人、それは未来から来た人。例えば某ハルヒのあのお方のような人。では、そんな異質な存在ともいえる登場人物がキャスティングされている作品を読んだ事のある画面の前の読者の皆様は、どれほどおられるだろうか。タイムリープ系の作品において、どんな…

読書感想:夢にみるのは、きみの夢

さて、この作品の作者のお名前を見て、何かピンとくる読者の方はどれほどおられるのだろうか。知識不足で申し訳ないが、自分は全く何方であるか知らなかった。この作品の作者である三田麻央先生は、作家が本業という訳ではなく、タレントの方である。では、…