読書感想:衛くんと愛が重たい少女たち


 さてとある界隈には「愛が重馬場」というタグがあるらしいが、それはひとまず置いておいて、画面の前の読者の皆様は愛が重い、と聞くとどんな行為を連想されるであろうか。独占か、依存か、はたまた何かか。それは皆様の答え次第であるので何とも言えぬが、一先ず確かなことは、愛が重い、というのは時に美しく、時に醜く。いずれにせよ普通のラブコメではない、というより普通のラブコメでは出せないという事なのかもしれぬ。

 

 

ではこの作品はどんなラブコメなのか。それはタイトルにもある通り、愛が重たい少女達によるラブコメなのだ。それはもう、いい意味でドン引きしてしまう程には。

 

主人公である少年、衛(表紙左)。高校二年生、恋に夢を見る繊細な少年。主な特徴、小柄で色白、美形で気弱と言うどこぞの理樹君のような主人公属性。そんな彼の日曜日の朝の日課は女装。

 

「ううん、私だけのものだもんね・・・・・・」

 

しかしそれは彼の本意ではなく。実の姉であり何処か高圧的な態度で衛の心を支配してくる凛により施され、彼女の指示でSNSでも活動させられているもの。

 

更に学校においても、彼は肩身が狭かった。幼馴染であり片想いの相手、瑞希は何故か見せつける様に男をとっかえひっかえし。親友である征矢と過ごす時間だけが癒しだった。

 

いつかここを飛び出してやる、そんな決意と共に過ごす日々。だがその最中、瑞希の恋人とのキス現場を目撃し、衛の心はとても傷ついてしまう。それこそ家に帰れなくなる程に。

 

「私と付き合おうよ」

 

失意のままに向かった住まいであるマンションの屋上。危ない場所で見つめ直す自分。その彼の元に訪れる影。その名は京子(表紙右)。東京でアイドルをしていたが引退して帰ってみた衛の従姉である。挨拶も早々、彼女は痛い程の力で衛を引き留め告げる。死ぬ前に自分と付き合わないかと。

 

 訳も分からぬままにその提案を呑み、唐突に始まる恋人としての時間。まるで思いに突き動かされるかのようにぐいぐい来る京子。しかしその裏、そして彼女達の裏。そこには重すぎる愛が潜んでいる。

 

凛のそれは独占欲。自分だけのもの、といういっそ醜いまでの愛。

 

瑞希のそれは、何処か歪で曲がった愛。衛の愛情を試す為だけに男をとっかえひっかえする、端から見てるとドン引きしても仕方ないかもしれぬ愛。

 

そして京子の愛、それもまた重い。身勝手で逆恨みな復讐の念で選んだアイドルと言う手段を経て、今度は恋人同士となって依存させてからフる、という思わず首を傾げるかもしれぬ愛。

 

それぞれの愛を抱き、だからこそそれ以外の愛が許せず。衛の知らない所でぶつかり合い、彼を手中に収めんとそれぞれが包囲網を狭めていく。激しくぶつかり合っていく。

 

「もう、本当に無理なんだ」

 

その一端を目撃し、凛の元から飛び出した衛は瑞希を拒絶する。何処か晴れ晴れとした表情で、何かに吹っ切れたように。思いを振り切り本当の意味で京子と向き合い。そこから始まる、京子の本当の戦い。

 

だがまだ終わり、ではない。凛と瑞希はきっと立ち止まる訳もない。だからこそここからが本番なのだろう。

 

正に胃もたれするほどの愛がある、情緒をぐちゃぐちゃにかき乱されるこの作品。しかし鮮烈である、故に面白い。

 

頭の中を掻き回されるようなラブコメが読みたい読者様は是非。

 

きっと貴方も満足できるはずである。

 

衛くんと愛が重たい少女たち (ガガガ文庫 ガか 13-5) | 鶴城 東, あまな |本 | 通販 | Amazon