読書感想:今日から彼女ですけど、なにか? 1.一緒にいるのは義務なんです。

f:id:yuukimasiro:20210122235900j:plain

 

さて、突然ではあるが画面の前の読者の皆様。一つ貴方方に問うてみんとしたい。貴方に取って青春とは一体何であろうか。一体何をすれば、青春と呼べるだろうか。部活だろうか、友達と遊ぶ事だろうか、それとも、恋をする事であろうか。

 

ではもし、「恋をする事」こそが「青春」であり、「恋人を作る事」を求められてしまったらあなたはどうされるであろうか。

 

いつかの未来、少子高齢化対策の一環として恋愛を推進し、卒業後の結婚を条件に様々な扶助や支援を約束する「恋愛推進法」なる法律が成立された日本。その片隅に、「国立恋実高校」なる恋人を作る為のカリキュラムを取り入れた高校があった。

 

 そんな高校に一人の少年がいた。彼の名は春太。恋人がほしい、青春したいと言う単純な欲を突き詰めたタイプの人間である猪突猛進系な愛すべき馬鹿である。

 

「安心せよ、俺の青春は絶対に逃げない! なにせこの手で掴んで離さないのだからな!」

 

一目惚れの情動そのままにひた走り、思い立ったが吉日と言わんばかりに即行動。これでもかと青春に邁進していく春太。

 

 だがしかし、とある事件により悪評を貰っていた彼は中々恋人が出来る事がなかった。それどころか、彼は知らなかった。この恋実高校がどんな場所であるかという事を。

 

この高校は恋人を作る事を推奨している高校である。そんな場所で恋人が出来なければどうなるか。画面の前の読者の皆様ももうお分かりであろう。その先は退学と停学のペナルティが待つ闇の沼である。

 

 その危機を回避するために、春太は一人の少女と疑似的な恋人関係のコンビを組む事となる。彼女の名は薫(表紙)。転校早々落第寸前の大ピンチな少女である。

 

一緒に仲良く見えるように下校してみたり、休日は疑似デートに励んで学校からの指示でツーショット写真を撮る事になってしまったり。

 

その最中、彼が触れる事になる薫の心の闇。偽りの夫婦だった親を見てきたからこその青春の、恋愛への忌避感。

 

「恋愛の仕方なんて、誰も分からん。だからみんな一生懸命に足掻くのだ。それが、青春である」

 

その闇を前にして、春太はあっさりと言い、それでも彼女に手を伸ばす。不器用だとしても真っ直ぐ一生懸命に。かつて青春を過ごせなかった「二人」の分まで溢れる青春の力を胸に、誰よりも熱く一直線に。

 

そう、「青春」である。青春の形は人それぞれにあって、恋愛の形も人それぞれ。

 

そんな人それぞれの形が一つの舞台で真っ直ぐにぶつかり合い、四十路の独身教師や留年しすぎて二十歳を越えた先輩と言った愛すべき、憎めぬ者達と交差し炸裂する。この作品には、これでもかとそんな、青春の圧倒的熱量が込められている。

 

だからこそ面白い。青春とは、迷走で暴走で疾走なのだから。

 

青春をこれでもかと摂取したい読者様、ドタバタなラブコメが好きな読者様にはお勧めしたい。

 

きっと貴方も満足できるはずである。

 

今日から彼女ですけど、なにか? 1.一緒にいるのは義務なんです。 (オーバーラップ文庫) | 満屋ランド, 塩かずのこ |本 | 通販 | Amazon

 

 

 

読書感想:Re:RE-リ:アールイー- 1 転生者を殺す者

f:id:yuukimasiro:20210122235622j:plain

 

さて、突然ではあるが画面の前の読者の皆様。貴方はもし死んで転生するとしたらどんな世界が良いであろうか。もし転生して、誰かに迷惑をかけてしまうとしたら貴方はそれでも転生したいだろうか。

 

異世界転生、そう言われる作品には様々な転生のパターンが存在する。その中の一つに「異世界の住人の身体の中に、転生前の人格が唐突に目覚める」というパターンが存在すると言うのは、画面の前の読者の皆様の中にもご存じである方は多いだろう。あの転生方法も、考えようによっては誰かの人生を奪うという意味で迷惑をかけているのかもしれない。

 

 では、この作品における転生の仕方はどうかと聞かれると、それはもう迷惑の極みと言っても過言ではないのかもしれない。何故ならば、その転生方法は死者への冒涜に他ならぬからである。

 

過去に十三柱の神が降り立ち、五年前に神を信奉する者同士の大きな戦、「聖戦」が終わったばかりの大陸、レッドガルド。

 

神もなく希望となる英雄もいないこの世界を牛耳っていたのは、聖戦の後に異界より現れた来訪者、「転生者」と呼ばれる軍団であった。

 

魔法も存在せぬこの世界で、魔法が如き超常の力を振るい死をまき散らしながら何かを遂行しようとする転生者達。かの者達の転生方法、それがこのレッドガルドの人々の死体を乗っ取ると言う事。死体が原動力であるがゆえに、死したら飲み込まれ、更には幾ら殺そうとて身体を乗り換え生き残る。正に不死、天災が如き軍勢。

 

 かの軍勢に一人抗う、老境へと差し掛かりつつある一人の男がいた。彼の名はデイル(表紙左)。転生者達に故郷を追われ、大切な親友から預かっていた娘を殺され、その死体を取り返す為に戦い続ける男である。

 

「雲間からさした光が、神が送った勝利の兆しか、それともただの天候現象にすぎないのか―――試してみよう」

 

光なき世界で希望の光となるかのように。幾つもの名と顔を使い分け、英雄を演じ、民衆を悪意と憎悪で駆り立て戦いへと放り込む。

 

 頼れるものは己の肉体のみ、それももう限界が近く。それでもデイルは英雄として戦う。泥臭く、醜くとも必死に。幾度倒れようと尚、と言わんばかりに。

 

「俺の名は、アイギストス

 

それでも尚、攻め寄せる転生者達の軍勢。その先頭を走るは、かつての親友の身体を乗っ取った最強の転生者、ユージーン。その襲来を前に、デイルはかつての姿となりてまた背負う、復讐者、そしてかつての聖戦の英雄の名を。

 

 それは正に希望である。終わらぬ戦の中、人々がいとも簡単に死んでいく世界の中で復活した希望である。その背に憧れた少年がいた。彼の名はシド(表紙右)。デイルに助けられ同道するうちに、彼に憧れた少年である。

 

ずっと側でその戦いを見てきた。けれど彼には何の力もなかったはずだった。だがしかし、彼の中には戦いの中で受けた傷から最強の転生者が入り込んでいたのだ。

 

その者の名はレイ。全てを模倣するというスキルをアイギストスへと向けた時、全盛期の彼を模倣、否、受け継いだ新たなる英雄が生まれでる。

 

「お前の名はオレステス! その名の意味は、アイギストスを! 超える者!」

 

英雄の隣に新たなる英雄が並ぶ時、生まれるのは無双の力。全てを覆す、反撃の刃。

 

泥臭く熱く、終わらぬ戦いが身を焦がす。そんな圧倒的な大作感を叩きつけてくるファンタジーがこの作品であり、何処までも現実的で直球勝負だからこその面白さがあるのがこの作品である。

 

王道骨太ファンタジーが好きな読者様、終わらぬ戦いが好きな読者様にはお勧めしたい。

 

きっと貴方も満足できるはずである。

 

Re:RE-リ:アールイー- 1 転生者を殺す者 (オーバーラップ文庫) | 中島リュウ, ノキト |本 | 通販 | Amazon

 

 

 

 

読書感想:義妹生活

f:id:yuukimasiro:20210122232914j:plain

 

さて、突然ではあるが画面の前の読者の皆様。特に男性陣の読者の皆様。貴方方は弟妹が欲しいと思われたことはあられるであろうか。特に、異性の弟妹が欲しいと思われたことはあられるであろうか。だが、弟妹が欲しいと願ってみてもそれは簡単ではなく、そしていざ出来てみると何だか上手くいかないという事も多いと言うのが常なのかもしれない。

 

何処にでもいる普通の高校生、だが何処か周りに対して覚めており、活字中毒と言わんかの如きレベルで本が大好きな少年、悠太(表紙左)。

 

 父子家庭で育ってきた彼はある日突然、父親から再婚し妹が出来ると言う事を伝えられる。だがしかし、いざ顔合わせの場に行ってみると来たのは同級生であり、何処か不良めいたルックスと悪い噂が絶えない美少女、沙季(表紙右)であった。

 

義母となる沙季の母親との顔合わせもとんとん拍子に終わり、いきなり始まる二人の義理の兄妹関係。

 

普通であればうまくいかないと思えるかもしれぬ、二人の関係。だがしかし、二人にはとある共通点があった。それは、互いに両親が配偶者と不仲になる瞬間を見てきたという事である。

 

「全人類がそんなふうにやれたらラクなのにね。私と浅村くんみたいに」

 

「そりゃそうだけど、なかなかね」

 

お互いに異性との関係は慎重であるからこそ、まずは互いに手札をさらけ出し。お互いに対立もしなければ過度に関わらぬ、適度な距離感を維持しようと決め合う二人。

 

 画面の前の勘の良い画面の前の読者の皆様、何かお気づきではないだろうか。そう、「適度な距離感」である。普通のラノベで描かれる、義理の兄妹ものの距離感としてはかなり異端と言えるかもしれぬ関係なのである。

 

その距離感、正に等身大で現実的。だからこそ、何処までも現実感のある関係性から二人の関係は始まる。

 

 けれど、二人が始めていく事になるのは、何でもない日々、であるように見えて新しい関係のある「すり合わせ」が必要な日々である。

 

沙季が何故不良のような見た目をしているのかを知る事となったり、お互いの食の好みで新発見をしたり。

 

「それ、俺がいちばん嫌いなタイプの女だよ、綾瀬さん」

 

時に、何かに焦り急ぐかのように自分の身体を武器にしようとする沙季を受け止め、諫めたり。

 

 そんな悠太の何処か不器用だけれど真っ直ぐで、一生懸命で。手探りだけれど妹を救おうとする兄としての行動は、気付かぬ間に沙季の心を救って解きほぐしていく。

 

「浅村くんは私のことを・・・・・・」

 

「理解してくれすぎます」

 

家族の愛情に飢えていた、けれど何処か覚めて距離を取っていた。だけど彼は一番近くて一番遠い、そんな都合の良い距離から欲しい物を与えてくれる。

 

甘えすぎてはいけぬ、だから兄とは呼べないけれど、何故か今、彼女の胸の奥から溢れるこの感情は何なのか?

 

 この作品はお年頃の二人が本当の意味で「家族」となっていく作品である。そして、何処までも現実的な、けれど特別な日々を一日一日丁寧に積み重ね、その中で揺れ動く感情を繊細緻密にこれでもかと描き出している作品である。

 

じれったくてもどかしい、こそばゆくてどこか痛い。だからこそこの作品はエモい、尊い、美しい。そう胸を張って言いたい次第である。

 

胸を打つラブコメが好きな読者様、しっとりとしたラブコメが好きな読者様にはお勧めしたい。

 

きっと貴方も満足できるはずである。

 

義妹生活 (MF文庫J) | 三河 ごーすと, Hiten |本 | 通販 | Amazon

 

読書感想:パワハラ聖女の幼馴染みと絶縁したら、何もかもが上手くいくようになって最強の冒険者になった ~ついでに優しくて可愛い嫁もたくさん出来た~

f:id:yuukimasiro:20210122234434j:plain

 

さて、突然ではあるが画面の前の読者の皆様。パワハラアルハラモラハラの類の言葉を聞いた事は一度はあられると思われるが本当にそういうハラスメントの類は気を付けたいものである。自分はそうではないと思っても相手がそう受け取ってしまえばハラスメントになってしまうものであり、そして録音なんてされてしまったら一巻の終わりかもしれぬので。

 

 魔物及び冒険者と呼ばれる存在が活躍し、聖剣や聖槍といった聖なる武器に選ばれた乙女、「聖女」が強力な力を振るうとある異世界。かの世界に政権に選ばれ聖女となった一人の少女、エルマがいた。

 

外面は完璧、しかし内面は自己中心的なわがまま放題。そんな彼女の被害を一身に受け止める者がいた。彼の名はイグザ(表紙下)。エルマと同じ村の出身であり、彼女に荷物持ちとして酷使される青年である。

 

いつも通り続く辛い日々、しかしある日とうとうイグザの堪忍袋の緒はこれでもかというくらいに切れ、勢いよく絶縁を叩きつけパーティを飛び出すイグザ。

 

 そしてこれより始まる事となるのだ、荷物持ちなばかりだったイグザの最強の快進撃が。何故ならば、彼にも唯一無二の強力なスキルが宿っていたからである。

 

そのスキルとは「不死身」。死を含め全ての傷を立ちどころに回復する力。そのスキルがありエルマのダメージを引き受けてきたからこそ宿った力、それは「疑似剣聖」と言う名の全ての剣技を使いこなす圧倒的な力。

 

火の神が宿る火山の火口へうっかり飛び込んだかと思えば、火の神様の御使いとして認められ新たなスキルを獲得し。

 

そのスキルを手に出向いた武術都市で新たな武器を入手したかと思えば、お世話になった武器屋を守る為に出場した武術大会で破竹の勢いで勝ち進む。

 

 正に八面六臂、縦横無尽の大活躍。その活躍と裏表のない年相応、然し確かに英雄の器の在り方は沢山の少女達の心を惹きつけ虜にしていく。

 

武術大会で出会った、聖槍に選ばれた戦闘民族出身の少女、アルカ(表紙上)に婿として見定められ半ば無理矢理同道され。

 

「―――いいから黙って俺の言う事を聞け! お前が必要なんだ!」

 

城塞都市を襲う危機の中、自縄自縛が過ぎる杖の聖女、マグメルの危機を救いあっという間に惚れさせてしまう。

 

 何処か脊髄反射、行き当たりばったりにも見えるかもしれぬ行いで心のままに突き進むイグザ。だが解放から来るその行動がどこまでも生き生きして見えるのは、きっと気のせいではないのだろう。

 

往く先々で大活躍し、徐々にハーレムを作りながらまるで今までの遅れを取り戻すかのような速さで。

 

そんな爆速での成り上がりが、明るく楽しく元気よくといった空気の中で繰り広げられるのがこの作品であり、なろう系の王道が故のよく作られた面白さがある作品なのである。

 

 

追放系の作品が好きな読者様、明るく楽しく元気よくな作品が好きな読者様にはお勧めしたい。

 

きっと貴方も満足できるはずである。

 

パワハラ聖女の幼馴染みと絶縁したら、何もかもが上手くいくようになって最強の冒険者になった ~ついでに優しくて可愛い嫁もたくさん出来た~ (ダッシュエックス文庫) | くさもち, マッパニナッタ |本 | 通販 | Amazon

読書感想:神は遊戯に飢えている。1 神々に挑む少年の究極頭脳戦

f:id:yuukimasiro:20210122231827j:plain

 

さて、突然ではあるが画面の前の読者の皆様。この作品の今巻の感想は、興奮と心に吹き込んだ熱さのままに綴られるが故に少し読みにくくなってしまっているかもしれぬ事を先にお詫びしたい。その上で、私は画面の前の読者の皆様に問いかけたい。貴方は驚異的に魅惑の世界、ゲームのプレイヤーである人間達と創り手である神々達が共に相争いて遊ぶことで作り出される、地上最大のショーをご覧になって見たくはないだろうか?

 

 ではこの作品はどんな作品なのか。その答えは只一つ。この作品は人と神々が相争う物語である。しかし、その戦いは遊戯によりて行われる。暇を持て余した神々達が人々に持ち掛けたのは、神々達それぞれがルールと舞台を創り出し行われる遊戯。その舞台で三回敗北したのならば、挑戦する資格は失われる。だがもし十勝出来たのならば、その者には比類なき栄光と神々からの褒美が与えられる。

 

しかし未だ完全攻略した者はなく、多くの夢溢れる者達が挑み散っていった舞台。その舞台へと一人の少年が躍り出る。彼の名前はフェイ(表紙右下、トランプの中)。この作品の主人公であり、遊戯に挑む「使徒」と呼ばれる者の中でも挑み始めて未だ無敗、最強のルーキーと呼ばれる者である。

 

「いいわ!」 「お前すごくいい。気に入ったわ! 根っからのゲーム好きな人間、わたし大好き。 何より、その態度が最高ね!」

 

行方不明の、自分にとってのゲームの師匠を探す彼へと一人の少女が声をかける。彼女の名はレオレーシェ(表紙中央)。人を好きすぎて受肉したら神々の世界へ戻れなくなった、元神様の少女である。

 

「わたしはずっと、キミみたいな人間を待っていたんだから!」

 

 

 彼女とコンビを組み、チームを結成し。君を待っていたと言わんばかりに引っ張り込まれ、フェイはまた、神々との遊戯へと挑んでいく。そんな彼等へと、神々が繰り出すゲームは時に理不尽、時に気紛れ、時に理解不能。そんな難解に過ぎる遊戯の数々。

 

 

都市を成功に模した遊戯の舞台、地を壊す巨神、タイタンが仕掛けるのはかくれんぼに鬼ごっこ、更には秘密裡にもう一つのゲームを組み合わせた難解な遊戯。

 

手痛いミスにより引退しようとしていた使徒、パールを引っ張り込み挑んだ遊戯、その主の名は天空の海を悠々と往く偉大なる神、ウロボロス。彼女が仕掛けるのは、自分に痛いと言わせろとだけ条件を示した以外は謎の遊戯。

 

正しく理不尽、正に理解不能。そんな遊戯に挑む使徒達は名誉のために。だが、フェイは、彼だけは違った。

 

「当然だろ? こんな迫力満点のゲームなんだから」

 

「神は、自ら奇蹟を啓く者にこそ微笑む。そうだろ神!」

 

「答え合わせの時間だ、神!」

 

根っからのゲーム好きである彼は、勝つ事よりも楽しむ事を願い。その全く違う発想が、神すらも驚かせるひらめきを導き出す。

 

そして、そんな彼と遊べたことに神達もまた満足し、悔しがっても讃えるのだ。よくやった、ありがとう、と。

 

遊びつくし満足したタイタンは不器用に負けを宣言し。敗北したウロボロスは、自らの身体の一部を渡しまた遊ぼうと呼びかける。

 

 そう、勝っても負けても、また遊ぼう。それこそがゲームの醍醐味なのだから。

 

正にThat’s  Entertainment。正にThis is the Greatest show。

 

本気でぶつかり本気で遊ぶ、だからこそ面白い、熱い。ここで燃えずしていつ燃えればよいのか。

 

 

大きな舞台で繰り広げられる物語が好きな読者様、心燃えるファンタジーが好きな読者様、どうかこの作品の頁を開いて、神々との遊戯の世界へ飛び込んでみてほしい。

 

 

絶対に、貴方も満足できるはずである。

 

神は遊戯に飢えている。1 神々に挑む少年の究極頭脳戦 (MF文庫J) | 細音 啓, 智瀬 といろ |本 | 通販 | Amazon

 

読書感想:僕を成り上がらせようとする最強女師匠たちが育成方針を巡って修羅場2

f:id:yuukimasiro:20210117012114j:plain

 

前巻感想はこちら↓

読書感想:僕を成り上がらせようとする最強女師匠たちが育成方針を巡って修羅場 - 読樹庵 (hatenablog.com)

 

さて、前巻で無力なりに力を振り絞って努力し、無力なままでは掴むことのできなかった成果を掴み取って見せた我等が主人公、クロス君。だがしかし、画面の前の読者の皆様も既に感づいてはおられないだろうか。こういう世界観の場合起こり得る、ここから先の騒動の原因を。

 

この世界においては魔物は確かに恐ろしい存在である。だが、それと同等か時にそれ以上に恐ろしい存在というものは確かにいる。それは、「人間」という存在である。封建的な身分制度が存在するこのような世界において、身分が上位の存在に目を付けられるのは厄介な事極まりない。

 

 だが、前回に成し遂げた危険度4の強力な魔物の討伐を成し遂げたという戦果は目を付けられずとも注目されるだけでも十分な戦果であり、貴族が彼と、共に討伐を成し遂げたジゼルに目を付けるのは当然の流れである。

 

そんな、脅威がすぐそばまで迫っている事をまだ知らぬクロス。彼は今、少しだけ関係が改善され仲良くなったジゼル達と共にパーティを組み、迷宮へと挑んでいた。

 

仲間と共に迷宮へ、それは彼に取って何よりも得難き成長の為の機会。それに比するかのように、最強な師匠たちによる修行もまた、次の段階へと移っていく。

 

今まではスキルと剣技だけだったけれど、新たな段階に進む為に必要な力。それは魔法。師匠たちが望むのは彼が魔法も剣技も使いこなす魔法剣士となる事。

 

新たな力を得る為の修業に励む中、時には洗濯のお手伝いをしたり、一緒に闘技場に行ったり、夜の大人の店で変な時間を過ごしてみたり。

 

 だが、いつものように賑やかな時間を過ごすクロス、そしてジゼルを狙い今巻の敵役である貴族の子女、カトレアの入念に準備を重ねた策が牙を剥く。

 

自分達の練習場所を巡って巻き起こる決闘。敵は自分達より格上ばかりな大人ばかり。対するこちらは孤児院の子供達を中心とした格下ばかり。

 

 普通に考えれば絶望的なこの状況。だが、クロス達を舐めてかかった大人達はすぐに後悔する事となる、彼等を舐めてかかった事を。

 

勝負を分けたのは、クロスが最強の師匠たちに鍛えられていたからか、否、そうではない。敗因は彼等の、絆とつながりの強さ、心の強さを侮った事。

 

「やっぱり僕、どうしても皆さんに感謝の気持ちが伝えたくて」

 

そして、感謝の心を忘れぬが故の彼の強さを知らぬが故である筈。

 

しかし、哀しいかな。確かに重ねた功績、そして打ち立てた貴族潰しという功績は更なる波乱を招く呼び水となる。

 

 

だからこそ、きっとここから、本当の始まりとなる筈である。

 

僕を成り上がらせようとする最強女師匠たちが育成方針を巡って修羅場 (2) (ガガガ文庫 あ 11-22) | 赤城 大空, タジマ 粒子 |本 | 通販 | Amazon

 

 

読書感想:母親がエロラノベ大賞受賞して人生詰んだ せめて息子のラブコメにまざらないでください

f:id:yuukimasiro:20210117010538j:plain

 

さて、突然ではあるが画面の前の読者の皆様。母親への親孝行の気持ちと感謝の気持ちは忘れぬようにしたいものである。なんせ「孝行のしたい時分に親は無し」という諺だってあるほどだから。それはともかく、ラノベという世界に置いては様々な両親というキャラクターがおられるものであるが、この作品のような母親は、果たして貴方のストライクゾーンに入られるであろうか。

 

普通の冴えない高校生であるも、作家という夢を持ち、しかし何度も落選を重ねてしまっている高校生、春馬。彼は今、人生の一大事に立たされていた。

 

その一大事に関係していたのは、よりにもよって彼の母親である。年齢を誤解されるほどに若々しくも二児の母、だけどぽんこつでそそっかしい手のかかる母親、美礼(表紙)。彼女に唐突に告げられたのは、春馬も目指していた小説大賞の大賞を受賞しデビューを掴んでしまったという事である。

 

それだけであれば自分でやれと突き放せたかもしれぬ。しかし、春馬に心配されるほどに美礼はそそっかしくぽんこつで、しかも彼女が書いた作品は親子の近親相姦もの、更には筆名は「種付けプレス」。トドメに彼女のミスにより、受賞したのは春馬という事にされていたからである。

 

「決して、最近ハルくんが思春期で冷たいからって、これをきっかけにハルくんにまた構ってもらおうだなんてお母さん考えてないわよ!?」

 

「そっちが本音か!?」

 

 ボケとツッコミの丁々発止のやり取りを繰り広げながらも結果的に代行となる事を了承し。そこより春馬が巻き込まれていくものとは何となるのか。それは息もつかせぬ混沌と、創作論に関わる熱さ溢れる勝負である。

 

「誰が空気ヒロインよ!?」

 

春馬にとってのヒロインであり、実質両想いという正にヒロインである凛夏が思わずセルフツッコミをかます程にボケとツッコミ、そして混沌に満ちたぶっ飛んだやり取りが一気に駆け抜け、息もつかせてくれぬ程に。

 

「うちの家族、舐めんなよってさ」

 

だが、その根底には熱さと家族の絆がある。曲者だらけでとんでもなくて、日々疲労困憊になるほどに大変だけど。それでも、家族モノという題材にケチをつけてきた先輩小説家を羨ます程に真っ直ぐで確かな絆がある。そしてその絆が、春馬を進ませる原動力となる。

 

この作品は一見混沌として見えるかもしれぬ。だが、よく心を澄まして覗いてみてほしい。この混沌は一本筋の通った正しき混沌である。だからこそ、味わい深い面白さがあるのがこの作品なのである。

 

何も考えず下ネタと漫才的やり取りで笑いたい読者様、家族の絆というものを見てみたい読者様にはお勧めしたい。

 

きっと貴方も満足できるはずである。

 

母親がエロラノベ大賞受賞して人生詰んだ せめて息子のラブコメにまざらないでください (ファンタジア文庫) | 夏色 青空, 米白粕 |本 | 通販 | Amazon