読書感想:貴サークルは"救世主"に配置されました

 

f:id:yuukimasiro:20210113224720j:plain

 

徹夜待機(勿論ルール違反なので止めましょう)、始発ダッシュ(危険ですので競歩レベルで留めましょう)。様々な風物詩がある一年に二度のオタクにとっての一大イベント、それは画面の前の読者の皆様はご存じであろうか。そう、コミックマーケット、通称コミケである。オタク達の汗と涙と熱気が飛び交う正に戦場である。

 

が、しかし。既にご存じであるかもしれないがコミケは昨今の情勢下においては勿論開催できるわけもなく、コミケの会場として名高い東京ビッグサイトは、雑草に彩られたゴーストタウンと化してしまっている。

 

その様とコミケがない事に寂しさを覚える画面の前の読者の皆様も一定数おられるだろう。

 

ならば、そんな貴方にはこの作品がよき処方箋となるのではないだろうか。何故ならこの作品には、同人作家という業の深い者達の生き様と生き方、そして熱さがこれでもかと詰め込まれているからである。

 

 コミケに二年間当選しスペースを貰ってはいるものの、二年間の参加の中で売り上げは六部。そんなうだつが上がらない弱小同人作家、ナイト(表紙左奥)。

 

そんな彼の元へ、謎の女子高生、ヒメ(表紙右)が唐突に現れる。そして彼女は声高らかに告げる、貴方こそがこの世界を守れる唯一の救世主であると。

 

同人誌百部を売り上げなければ、ナイトの数少ないファンの一人の中で息づく魔王が目覚め、世界が滅んでしまう。だからこそ今年は、同人誌百部を完売させなければならないと。

 

傍から聞いていればわけがわからないよと、まるで某インキュベーターが如く言いたくなるような状況に巻き込まれ、否応なくナイトは百部売り上げを目指す事となってしまう。

 

「一日三枚イラストを描いてください」、「生きた線が引けていません」

 

時にヒメに容赦なく駄目だしをされ、背を蹴飛ばされる勢いで叱咤激励され。

 

「もちろんです。そのために作ったんですから」

 

「自信を持って下さい。きっと売れます」

 

時に手料理を振る舞われたり、時に優しく励まされたり。

 

 厄介な奴から絡まれたり、厳しさに心折れそうになったり。だけどそれでも、描く手は止まらない、創作は止められない。それは何故か。

 

それは何よりも「好き」だから。好きという思い、伝えたい思いがあるからである。

 

全ては自己責任、だがそれ故にどこまでも自由。そして商売ではない、だからこそ何のしがらみもない。だから自分の好きを何処までも表現できるのだ。

 

「ここは、地獄なんかじゃない。だから、私は負けません! あの場所を壊させはしません!」

 

この戦場が如き世界は確かに地獄に見える。だがそこには誰かの好きという熱意がこれでもかと溢れている。だからこそこの世界には守るべき理由がある。

 

同人作家という業の深い世界を見てみたい読者様、創作への熱意迸る作品が好きな読者様にはお勧めしたい。

 

きっと貴方も満足できるはずである。

 

貴サークルは"救世主"に配置されました (GA文庫) | 小田一文, 肋兵器 |本 | 通販 | Amazon