読書感想:夢見る男子は現実主義者7

 

前巻感想はこちら↓

読書感想:夢見る男子は現実主義者6 - 読樹庵 (hatenablog.com)

 

 さて、前巻でようやく愛華の心にも恋の色が芽生え、何かが確かに動き出していくわけであるが。果たして、そう簡単にいくであろうか、と画面の前の読者の皆様は思われたことは無いであろうか。一度自覚したのなら止まる事無く駆け出せる、のならば簡単である。だがそう簡単にいくわけではない。それもまた当然の事であろう。何故なら彼女の恋は未だ芽生えたばかりであり。その道はまだ艱難辛苦、前途多難に満ちていると言う他ないのだから。

 

続きを読む

読書雑記:発売日前恒例、新刊紹介なお話。電撃文庫編。

こんばんは。八月も始まりはや一週間、最近読書の計画が乱れがちな気がする真白優樹です。お盆休みには修正したいのですが。さて本日は来週発売予定の電撃文庫の新刊の中から、このブログで紹介予定の作品についてお話したいと思います。

 

読書雑記:八月初旬から中旬にかけての個人的要注目な新刊のお話。 - 読樹庵 (hatenablog.com)

 

一部作品は上記の記事で少しだけ深堀しておりますのでよろしければご覧ください。

 

 

・魔法史に載らない偉人 ~無益な研究だと魔法省に解雇されたため、新魔法の権利は独占だった~

 

・著:秋先生 絵:にもし先生

 

それではまず最初の作品はこちら。こちらは上記の記事でも少しだけ深堀しました作品となります。果たして、追放から始まる新たな魔法での成り上がりとはどんなものなのか。期待していきたいと思います。

 

 

・チルドレン・オブ・リヴァイアサン 怪物が生まれた日

 

・著:新八角先生 絵:白井鋭利先生

 

二作品目はこちら。こちらも上記の記事で少しだけ深堀しました作品です。果たして怪物と、怪物の遺骸を用いた兵器を操る子供達の戦いとはどんな方向へ向かうのか。怖いけれど楽しみですね。

 

 

・男女の友情は成立する? (いや、しないっ!!) Flag5.  じゃあ、まだ30になってないけどアタシにしとこ?

 

・著:七菜なな先生 絵:Parum先生

 

三作品目はこちら。夏休みが終わり悠宇が自らの罪と嘘と向き合う中、新たな試練が訪れる今巻。果たして今巻ではどんな波乱が待っているのか。期待していきたいですね。

 

 

・この△ラブコメには幸せになる義務がある。2

 

・著:榛名 千紘先生 絵:てつぶた先生

 

四作品目はこちら。麗良が生徒会長選挙に出る事になる中、天馬が麗良のとある秘密を知る今巻。果たしてここから始まる波乱とはどんなものか。どう幸せになるのか、期待したいですね。

 

 

・エンド・オブ・アルカディア

 

・著:蒼井 祐人先生 絵:GreeN先生

 

五作品目はこちら。 原因不明の病と敵の大攻勢に、外の世界へ踏み出すことを決める今巻。果たしてここから本格的に戦いが始まるであろう中、どんな戦いが待っているのか。期待してきたいと思います。

 

 

・楽園ノイズ5

 

・著:杉井 光先生 絵:春夏冬 ゆう先生

 

六作品目はこちら。伽耶の卒業の時も迫る中、ラブコメ増量で一年生編の締めくくりが描かれる今巻。果たして、今度はどんな音楽が聴けるのか。期待していきたいと思います。

 

 

・隣のクーデレラを甘やかしたら、ウチの合鍵を渡すことになった4

 

・著:雪仁先生 絵:かがちさく先生

 

七作品目はこちら。 夏臣とユイが正式にお付き合いを始め、進路に悩む中でソフィアが再び来日する今巻。果たしてどこまで二人の思いが深まっていくのか。期待していきたいですね。

 

 

・僕らは英雄になれるのだろうか2

 

・著:鏡銀鉢先生 絵:motto先生

 

八作品目はこちら。 親善試合に代表として出場する中、それぞれの思いを賭けて戦いに挑む今巻。果たして主人公だらけの彼等の次の戦いはどんな方向へ行くのでしょうか。期待していきたいと思います。

 

 

・三角の距離は限りないゼロ8

 

・著:岬鷺宮先生 絵:Hiten先生

 

それでは最後、九作品目はこちら。こちらのシリーズ、発売日までに既刊全ての感想を投稿したいと思います。果たして最後に四季が選ぶのはどんな結末なのか。終わりを期待したいと思います。

 

以上、期待の九作品でした。では発売日を待ちましょう。

 

 

読書感想:ねぇ、もういっそつき合っちゃう?3 幼馴染の美少女に頼まれて、カモフラ彼氏はじめました

 

前巻感想はこちら↓

読書感想:ねぇ、もういっそつき合っちゃう?2 幼馴染の美少女に頼まれて、カモフラ彼氏はじめました - 読樹庵 (hatenablog.com)

 

 さて、私は前巻の感想で今巻が凄い事になる筈であると予想した次第であるが、実際の所はどうなっているのか。先に答え合わせをしてしまうと、すぐにすごい事になるわけではない。だが、前巻で変化の引金は確かに引かれているために。一度自覚した思いが、更に止まらなくなっていくのが今巻なのである。

 

続きを読む

読書感想:辺境都市の育成者6 伝説の育成者

 

前巻感想はこちら↓

読書感想:辺境都市の育成者5 神降りし英雄 - 読樹庵 (hatenablog.com)

 

 さて、突然ではあるがこの作品は今巻が最終巻、クライマックスである。故にこの巻では今まで伏せられてきた謎の全てが明かされる。それは「秋が死んだ理由」も然り、そして「ハルの正体」もまた然り。最終決戦へともつれ込み、「剣聖」、冬夜との決戦が繰り広げられる巻なのである。

 

続きを読む

読書感想:クールな女神様と一緒に住んだら、甘やかしすぎてポンコツにしてしまった件について1

 

 さて、突然ではあるが画面の前の読者の皆様は「同棲」と聞いて、どんな事を思い浮かべられるであろうか。昨今のラブコメにおいては高校生にして既に同棲を始める、という状況からストーリーが始まる事も多いが、本来の場合をよく考えてみると「同棲」というのは大人がよく行うものであり、そこには恋愛感情が根底にあるものである。恋愛感情が絡まぬ場合、そこにあるのは「同居」という関係性なのではないだろうか。

 

続きを読む

読書感想:朝比奈さんの弁当食べたい1

 

 鮭の塩焼き、ミートボール、卵焼き。今あげたおかずは画面の前の読者の皆様もどれかは「お弁当」の中で見たことは無いであろうか。「お弁当」、それは限られた時にしか食べられぬものであり、いつかは自分で創るようになるかもしれぬもの。では人はそこにどんな思いを込めるのであろうか。 もし誰かに「お弁当」を作るのならば、どんなお弁当を作られるであろうか。

 

続きを読む

読書感想:スパイ教室08 《草原》のサラ

 

前巻感想はこちら↓

読書感想:スパイ教室07 《氷刃》のモニカ - 読樹庵 (hatenablog.com)

 

 さて、前巻で一人残されていた落ちこぼれ、サラが声を上げ。一縷の望みをつないだ主人公達「灯」の面々。しかしここから「白蜘蛛」擁する「蛇」を打倒することはできるのか。画面の前の読者の皆様も気になられている事であろう。その答えが描かれるのが今巻であり、一つのシーズンの終幕となるのが今巻なのである。

 

続きを読む