読書感想:むすぶと本。 『嵐が丘』を継ぐ者

f:id:yuukimasiro:20201128182627j:plain

 

前巻感想はこちら↓

読書感想:むすぶと本。 『外科室』の一途 - 読樹庵 (hatenablog.com)

 

さて、この巻の感想を書く前に画面の前の読者の皆様。本に限らず万引きはやめましょう。店が最悪倒産してしまいます。真白優樹との約束です。

 

そう、本の万引き問題である。もし本の声が聞こえたのならば、きっとそれは何よりも辛い筈の問題。「本の味方」である我らが主人公、むすぶであれば猶更。

 

「きみたちは本の運命をねじ曲げた本攫いの大罪人だ!」

 

だからこそ、むすぶは卑劣な遊戯に手を染める万引き犯達に怒りのままに雄々しく啖呵を切って見せる。全ては、万引きという形で盗まれ本来の出会いの縁を引き裂かれた「小僧の神様」の為に。

 

そう、今巻もまた、むすぶの前には沢山の本達が登場し、彼へと様々な言葉を囁く。

 

妻科さんの家にいた、ピッピの姉妹達が囁く、妻科さんの本心。

 

赤星君が持っていた、「すべてはモテるためである」という本、そのキュートな彼女が赤星君へと向ける想い。

 

そして、むすぶには読めぬ本。声が聞こえても何と言っているか分からぬ本。悠人先輩の妹である蛍(表紙)が持っていた本、「嵐が丘」。

 

異国の言葉で話されていたから分からなかった、彼女が何を言っているのか。しかも、悠人先輩がむすぶに持ち掛けた相談とは。よりにもよってその本に、蛍が「罹患」してしまった可能性があると言う事。

 

本に「罹患」とは何か。滅多に聞いた事が無いその言葉は、言わば本の世界に入り込む、本の内容に共鳴するという事の究極形。時に人の益になる事もあれば、時に人を破滅へと導く、大変な事になりかねない諸刃の剣。

 

だが、本当に罹患していたのは彼女ではなかった。そして、「嵐が丘」は彼女に真っ直ぐにただ、伝えたかっただけなのだ。

 

そう、本は人の一番近くにいる優しき隣人である。そして、本はいつだって私達を見ていてくれるのである。

 

「ありがとうございます。楽しみです」

 

その一件から、蛍との繋がりがむすぶとの間に出来て。

 

「わからなくていいよ。あたしが勝手にそう感じているだけだから。榎木はある日突然、あたしの前で、ふっとろうそくを消すんじゃないかって」

 

その繋がりに何処か負けじとでも言わんかのように。まるで宣戦布告が如く妻科さんもむすぶへ告げ、微妙な距離感が少しだけ縮まる気配を見せたり。

 

むすぶの恋人は夜長姫、只一人である。だがしかし、本との繋がりだけでは人は生きてはいけぬ。そして、本の味方であるからこそむすぶの周りには人々の絆の輪が出来て、たくさんの温かさが生まれるのだ。

 

何処か切なく、だけど温かく。野村美月先生だからこそ、この作品だからこそ。そんな面白さがまた一つ、深みを増すのがこの巻である。

 

果たして、夜長姫とむすぶの出会いに秘められた謎と想い、真実とは。

 

前巻を楽しまれた読者様、野村美月先生のファンである読者様は是非。

 

きっと貴方も満足できるはずである。

 

むすぶと本。 『嵐が丘』を継ぐ者 (ファミ通文庫) | 野村 美月, 竹岡 美穂 |本 | 通販 | Amazon

 

読書感想:同い年の先輩が好きな俺は、同じクラスの後輩に懐かれています

f:id:yuukimasiro:20201120230845j:plain

 

さて、突然ではあるが画面の前の読者の皆様。貴方は周囲に誰にも言えない秘密ってあられるであろうか。心の中にだけ秘めていて、墓の下に持っていきたい秘密ってあるだろうか。

 

因みに私にはある。が、ここでそれを語るわけにもいかぬので黙っておく次第である。

 

さて、そんな秘密がこの作品の主人公である颯太(表紙中央)にもあった。その秘密とは何か。

 

その秘密とは、某きらら漫画の主人公のように高校浪人してしまい、一年遅れの高校一年生であるという事。但し、受験に失敗したわけではない。詳しくは本編を読んでいただきたいが、仕方のない事情があったのである。

 

が、しかし浪人してしまったのは確かである。一年遅れの高校一年生であるのは変えられぬ事実である。

 

そのせいで憧れの存在だったかつての同級生、千春(表紙左)は上級生となり。かつて中学時代に共に陸上部で青春を過ごした後輩、青海(表紙右)が同学年の同級生として共に入学する事となってしまう。

 

 

お分かりいただけただろうか。この三人の三角関係は、とても複雑でねじ曲がっていて。やむを得ぬとは言え学年の壁に阻まれてしまったからこそ、とてももどかしくこそばゆいラブコメとなっているのである。

 

自分の秘密がバレぬよう、懐いてくる青海に振り回されながらも、もだもだと悩みながらも千春に近づこうと必死に頑張る颯太。そんな彼の動きは周りに阻まれたり、空回りしたりして中々進めなくて。

 

だけどそれもまた仕方のない事かもしれない。大学浪人ならともかく、高校浪人というものは中々になく、色眼鏡で見られる事が多い事だから。

 

が、しかし。本当の意味で先に進む為に必要なのは自分の秘密を認める事、きちんとその秘密を明かす事。

 

「浪人なんて別に大したことじゃない、俺は俺なんだってな」

 

気付いてみれば大したことではないかった。例え浪人だとしても、自分は何も変わらないから。

 

「俺は倉咲さんの口からは、謝罪の言葉より、感謝の言葉の方が聞きたいかな」

 

必要だったもう一つのピース、それは彼女の欠けた記憶。その記憶の欠片が埋まる時、二人の心は本当の意味でもう一度向き合えるから。

 

後は伝えるだけ、その筈だった。だけどまだ、物語の神様は平穏を許してはくれないらしい。まだまだ嵐に巻き込まれろと言わんばかりに、波乱の予感を撒いてくるのだ。

 

こじれこじれてもどかしく、この恋路はどこへ続くのか。

 

こそばゆくてもどかしい、そんな王道なラブコメが好きな読者様にはお勧めしたい。

 

きっと貴方も満足できるはずである。

 

同い年の先輩が好きな俺は、同じクラスの後輩に懐かれています (MF文庫J) | 凪乃 彼方, 葛坊 煽 |本 | 通販 | Amazon

読書感想:黒鳶の聖者 1 ~追放された回復術士は、有り余る魔力で闇魔法を極める~

f:id:yuukimasiro:20201120233456j:plain

 

さて、突然ではあるが画面の前の読者の皆様。貴方は近くにあったのに気づけなかった大切なものはあるだろうか。近くにあったのに、無くしてから人は初めてその大切さに気付くと言うけれど。果たして、そんな体験をされた読者様はどれほどおられるのだろうか。

 

幼馴染同士で結成された「勇者」パーティ。その一員であり、最高クラスの職業である「聖者」である青年、ラセル(表紙左)。が、しかし。彼は今追放の鬱き目に遭っていた。その理由は、パーティ全員が回復魔法を覚えてしまい彼の特別性が薄れたという理由である。

 

夢破れ故郷へと一人戻ったラセルは謎の少女と遭遇する。彼女の名前はシビラ(表紙右)。職業や魔物に詳しく、初対面であるラセルに神を信じるかと謎の問いかけをしてきた者である。

 

彼女の知識は頼りになるとパーティを組み。共に潜ったダンジョンで遭遇したのは、人類最大の敵である「魔王」

 

もう終わりかと思われた絶体絶命のその時。自らを「宵闇の女神」であると名乗ったシビラは、ラセルに契約を持ち掛ける。それは、自分の今までの軌跡を全て糧とし、最強の魔法を手に入れるという禁断の契約。

 

が、しかし。全ては犠牲とならなかった。何故か。それは今までシビラが契約してきた者達とは違い、ラセルには才能が有り余っていたから。その才能により、今までの職業である聖者と闇の魔法を両立できるほどの才能があったから。

 

「―――今日が『主役』の始まりの日だ」

 

有り余る力で最強の魔法を手に入れ、ラセルはシビラと共に最強への一歩を踏み出していく。

 

が、それと比例するかのように、徐々に凋落の一途を辿り始める者達がいた。何を隠そう、ラセルを追放した幼馴染達勇者パーティである。

 

謎の美女であり、心からの善意で全てを気付かぬ間に壊していくケイティに気が付かぬ間に目を付けられ、気付いた時には中枢にまで入り込まれ。幼馴染達はすれ違い、瓦解を始めていく。

 

その一歩として、パーティを離脱し己の心のままに暴走を始めた聖騎士、エミー。彼女の心は壊された、只一つ、心からの善意により。もう戻れぬと気付かされてしまった、自分の本当の望みの姿に。彼を助ける為だけに求めた力が、結果として彼を傷つけてしまったという事に。

 

そんな彼女の心の傷に寄り添い、彼女の本心をようやく気付き。

 

「もう一度、幼馴染をやり直さないか」

 

そしてラセルは、エミーへもう一度手を差し出す。またもう一度、共に進んでいこうと。共に進んでいこうと。

 

そう、正にこの作品に溢れているのは繊細で切ない、登場人物達の「生の感情」なのである。そんな感情が緻密に、創り込まれた世界の中で描かれる。だからこそこの作品は面白い、そう言いたい。

 

王道なファンタジーが好きな読者様、繊細な心理描写が好きな読者様にはお勧めしたい。きっと貴方も満足できるはずである。

 

黒鳶の聖者 1 ~追放された回復術士は、有り余る魔力で闇魔法を極める~ (オーバーラップ文庫) | まさみティー, イコモチ |本 | 通販 | Amazon

 

読書感想:影使いの最強暗殺者 ~勇者パーティを追放されたあと、人里離れた森で魔物狩りしてたら、なぜか村人達の守り神になっていた~

f:id:yuukimasiro:20201120231339j:plain

 

さて、突然ではあるが画面の前の読者の皆様。貴方は忘れられない人はおられるであろうか。忘れられぬ出会い、忘れられぬ思い出というものはあられるであろうか。

 

魔王が軍隊を率いて人に仇を為し、勇者がそれを阻まんと戦うとある異世界。その世界の勇者パーティの一人、東の国の出身であり影を用いた特殊な呪法を使って戦う暗殺者の少年、ヒカゲ(表紙左)。勇者をサポートし、自分の力を存分に用いて戦っていた彼は今、勇者ピズリーにより追放の欝き目に遭っていた。戦い方が卑怯であるという言いがかりの中、込められていた自分より活躍している事への嫉妬という醜い理由により。

 

一人になったヒカゲは「奈落の森」と呼ばれる光すらも差さぬ森へと一人籠り、呪法を用いて狩りを続け暮らしていた。そんな彼はある日、一人の少女と遭遇、もとい再会する。彼女の名前はエステル(表紙右)。かつては貴族の令嬢であり現在は逃亡奴隷、そして「奈落の森」の中に秘かに作られたはぐれ者達のみが住まう村の住民である。

 

そして何を隠そう、エステルの父親を殺したのはヒカゲの父親であり。エステルと仲良くなり、結果的に彼女を殺せなかった優しき暗殺者がヒカゲだったのである。

 

「手伝ってくれよ。俺の、したいこと探しをさ」

 

彼女との再会、過ごす日々。その中、自分が今までいかに空っぽであったかを自覚したヒカゲはエステルに願う。自分のやりたいことを共に探してほしいと。まずは手始めに村の守り神となるヒカゲ。

 

が、しかし。守り神となって何もせずに楽が出来るかと言われればそうではなかった。何故ならば、この村には守るべき対象がいたから。

 

魔物が取り込んでしまうと強大な力を得る血の持ち主、「邪血の姫」と呼ばれる少女、ミファ(エステルの左隣)。彼女を手に入れんと襲い来る魔物や魔人達を、次々と迎撃していくヒカゲ。

 

そんな彼の元に、魔王に仕える四天王と戦っていた勇者達が現れ、更には彼を訪ねて国王もやってきて。図らずも勇者を倒してその力を見せつけたら、勇者が暴走して魔族に囚われ改造されてしまって。

 

その魔の手は無惨にもエステルの身を傷つけ。彼女を救う為に、ヒカゲは最短距離で魔王への道をひた走る。

 

「さっきも言ったでしょう? ひかげくんを信じてるって。うちの弟が最強だって、お姉ちゃん心から信じてたもの」

 

やっと救えた、やっと守れた、やっと見つけた、己の力の意味。その源であり彼にとっての太陽である彼女はふわりと笑い、彼を照らしてくれるから。

 

王道な最強ものの熱さを楽しみたい読者様、可愛いヒロインを楽しみたい読者様にはお勧めしたい。

 

きっと貴方も満足できるはずである。

 

影使いの最強暗殺者 ~勇者パーティを追放されたあと、人里離れた森で魔物狩りしてたら、なぜか村人達の守り神になっていた~ (ダッシュエックス文庫) | 茨木野, 鈴穂 ほたる |本 | 通販 | Amazon

 

読書感想:Sランク冒険者である俺の娘たちは重度のファザコンでした2

f:id:yuukimasiro:20201120232936j:plain

 

前巻感想はこちら↓

読書感想:Sランク冒険者である俺の娘たちは重度のファザコンでした1 - 読樹庵 (hatenablog.com)

 

さて、前巻の最後で三人の娘はエンシェントドラゴンの襲撃を受けた村で助けた赤ん坊であり、血のつながりのない義理の娘である事を明かしたカイゼル。それを聞いて、エルザ、アンナ、メリルの三人は何か変わるところがあっただろうか。そう聞かれたならこう返そう。変わると言えば変わった所がある、と。

 

それは、カイゼルに対するアプローチがより過激になったという事である。例えば、メリルがカイゼルの寝床に朝、真っ裸で潜り込んだり風邪をひいて看病されるアンナがちょっと大胆なお願いをしてみたりといった具合に。しかしそれも当然であるのかもしれない。何故なら、義理の親子である。故に、結婚しようと思えば結婚できる、できてしまう。周囲の反応はさておき、血縁的には問題がないのである。

 

が、しかし。そこに水を差さんとするかのように、とある女性が現れる。彼女の名はレジーナ、大剣使い。一体誰なのかと問われれば答えは只一つ、十八年前までカイゼルとパーティを組んでいた仲間である。

 

「だが、結果は期待外れだったな」

 

カイゼルが育てた娘は如何程の実力か、と突然喧嘩を売ってきて。そしてエルザを軽々と打ちのめしたレジーナは溜息を吐いて吐き捨てる。価値はない、と。

 

だがしかし、カイゼルはそんな事は無いと反論し、エルザは戦いの中で目撃する。二人で組んだ、まるであの日の戦いを思い出すような異次元の戦いを。

 

「カイゼル。お前と共に戦うのは久々だ。胸が躍る」

 

「私たちにとってはこれくらいの劣勢がちょうどいい」

 

「レジーナ。しくじるなよ」

 

「誰に向かって言っている?」

 

普通の人間であればあっという間に死んでもおかしくはない死線。周りはサイクロプスだらけの絶体絶命。そんな中、背を預け合う二人は高揚感に笑い、たった二人で蹂躙劇を繰り広げる。

 

そう、カイゼルはまだまだ現役でもいける。そして望めば、あの日立ち止まってしまった先まで行ける。それだけの力がある。

 

「レジーナ。俺の青春時代はもう、終わったんだよ」

 

そう、彼の青春時代は、後先も考えず走り抜けていればいいだけだった時代はもう終わってしまった。

 

だけど今、彼の背には守らなければならぬ愛娘達がいる。だからこそ、あの日は知らなかった力が今、彼の手の中にはある。

 

だがしかし、未だ不穏の影はすぐ近くにある。メリルを襲った影の正体、それは恐らくカイゼルの昔の仲間の一人。果たして、今度はどうなるのか。

 

前巻を楽しまれた読者様、家族の絆を味わいたい読者様は是非。きっと貴方も満足できるはずである。

 

Sランク冒険者である俺の娘たちは重度のファザコンでした 2 (オーバーラップ文庫) | 友橋かめつ, 希望つばめ |本 | 通販 | Amazon

 

 

読書感想:社畜ですが、種族進化して最強へと至ります

f:id:yuukimasiro:20201120232016j:plain

 

さて、突然ではあるが画面の前の読者の皆様。貴方はもし、知らぬ間に自分の日常が侵食されているとしたらどうするだろうか。気付かぬ間に世界が見知らぬ要素に浸食され、日常が狂っているとしたら貴方はどうするだろうか。

 

日本のとある企業に勤める青年、秋人(表紙左)。彼は自他共に認める社畜であり、立派な企業戦士である。日々ブラック企業で身を粉にして働く、勤労青年である。

 

そんな彼には、周囲に秘密にしているとある秘密があった。その秘密とは、自分の家の庭に、どう見てもダンジョンとしか言いようのないものが存在しているという事である。

 

初めて入ったダンジョン、その中で出会ったゴブリン。そして犯した初めての殺害、そして手に入れた謎の石。

 

その瞬間、確かに世界は変わり出した。変わり始めてしまった。秋人がゴブリンを殺した後、世界には何故かゴブリンが溢れ出してしまったのだ。

 

「スライムや、オークにゴブリン。まさに息子がやっているゲームだな。馬鹿げている!」

 

続々と現代世界に溢れだす魔物達。その中で、普通の人間はあまりにも無力であり。対抗できる武力を持つ者は現代日本においては、あまりにも稀少であり。

 

だが、誰の思惑かも知らぬ状況の推移は、誰かの願いを待たずに突き進み、世界は否応なく謎のアップデートに巻き込まれていく。

 

唐突に国民達の前に現れた、人種選択の選択肢。ゴブリンを始めとして世界に溢れだす魔物。そして呼応するように、力を与えられ目覚め、舞台に上がっていく異常なる者達。

 

今ここに、間違いなく始まってしまったのだ。旧来の世界の崩壊、体制と秩序の崩壊が。

 

力なき者は容赦なく淘汰され、力ある者はすべてを得る。

 

そんな慈悲なき世界へと突き進む中、秋人の心の中に目覚める、無くしていた筈の想い。

 

「ううん、違うよ。先輩、今、泣いているから」

 

「そうか・・・・・・」

 

「そうだったんだな」

 

それは、憧れ。それは、かつて持っていたはずの弱者に対する正義感。そして今、彼は無力な社畜ではもう、ない。相棒である女神を名乗る不思議な黒猫、クロノ(表紙右)と一つになった時、彼はヒーローとなる。

 

見逃せない、見逃したくない。その為の力は今、この手の中に。

 

この作品は、魔物や魔物と同等に怖い人間達を相手に、仮面のヒーローとなった秋人が果敢に挑みかかり、必死に立ち向かう作品である。

 

同時に、そんな彼が助けた誰かに影響を与え、確かにヒーローになっていく作品なのである。

 

駄目な大人がヒーローになっていく作品が好きな読者様、無くした何かを思い出したい読者様にはお勧めしたい。

 

きっと貴方も満足できるはずである。

 

社畜ですが、種族進化して最強へと至ります (ダッシュエックス文庫) | 力水, かる |本 | 通販 | Amazon

 

 

読書雑記:そろそろ月末が迫ってきたので、来月初旬にかけて発売される新作の中から個人的期待の新作及び続刊についてのお話。

こんばんは。そろそろ十二月、師走の季節が迫ってきていますが皆様いかがお過ごしでしょうか。私は最近、中々感想を書くペースが掴めずにちょっと四苦八苦しております、真白優樹です。名古屋ではファミ通文庫角川スニーカー文庫の早売りも始まっているようです。なのでそろそろ、新作紹介をやろうかと思います。

 

 

 

f:id:yuukimasiro:20201128182627j:plain

 

むすぶと本。 『嵐が丘』の憂鬱 著:野村美月先生 絵:竹岡美穂先生

 

まず初めにこちら、ファミ通文庫よりかの野村美月先生の手掛けられる新シリーズの続刊の紹介です。果たして、この二巻目で物語はどう展開するのか。楽しみですね。

 

f:id:yuukimasiro:20201128183242j:plain

 

俺だけレベルが上がる世界で悪徳領主になっていた 著:わるいおとこ先生 絵:raken先生

 

続きましてはこちら。小説家になろうより書籍化される新作です。果たして、一日と言うわずかな時間で運命は覆せるのか。楽しみですね。

 

f:id:yuukimasiro:20201128184531j:plain

 

お見合いしたくなかったので、無理難題な条件をつけたら同級生が来た件について 著:桜木桜先生 絵:clear先生

 

ではここからはスニーカー文庫の紹介です。まず初めにこちら、小説家になろうで大人気を博するラブコメ作品の紹介です。嘘から始まる婚約はどんなラブコメを生み出すのか。楽しみですね。

 

f:id:yuukimasiro:20201128184758j:plain

 

元スパイ、家政夫に転職する 著:秋原タク先生 絵:ハリオ先生

 

では続きましてはこちら。こちらはカクヨム原作の作品です。元スパイの家政夫生活はどうなるのか。楽しみです。

 

f:id:yuukimasiro:20201128185018j:plain

 

夢見る男子は現実主義者3 著:おけまる先生 絵:さばみぞれ先生

 

では続きましてはHJ文庫よりの紹介、このブログでも記事にいたしました作品の続刊です。今巻では色々な事が動き出すとの事で、楽しみです。

 

f:id:yuukimasiro:20201128185245j:plain

 

転生したら第七王子だったので、気ままに魔術を極めます2 著:謙虚なサークル先生 絵:メル。先生

 

ではここからは講談社ラノベ文庫の紹介です。まず初めにこちら、やはりこのブログでも記事にいたしました作品の続刊となります。果たして今回はどんな戦いが繰り広げられるのか。楽しみです。

 

f:id:yuukimasiro:20201128185641j:plain

 

おお魔王、死んでしまうとは何事か ~小役人、魔王復活の旅に出る~

著:榊一郎先生 絵:鶴崎貴大先生

続きましてはこちら。様々なレーベルで活躍されている榊一郎先生が、久方ぶりに講談社ラノベ文庫で出版される新作となります。果たして、小役人だからこその戦い方とは何か。一風変わったファンタジー、楽しみですね。

 

f:id:yuukimasiro:20201128190042j:plain

 

剣帝学院の魔眼賢者 著:ツカサ先生 絵:きさらぎゆり先生

 

続きましてはこちら。講談社ラノベ文庫でも有名なツカサ先生の新作です。果たして、どんなファンタジーが繰り広げられるのか。楽しみですね。

 

f:id:yuukimasiro:20201128190623j:plain

 

 

雪の名前はカレンシリーズ 著:鏡征爾先生 絵:Enji先生

 

では最後はこちら。様々な方面で活躍されています鏡先生の新作です。心を撃ち抜く、との事で果たしてどんな物語が繰り広げられるのか。楽しみですね。

 

以上、期待の九作品でした。ではまた、購入して読んでいきましょう。