読書感想:姉ぶる初恋相手に絶対敗けない!

f:id:yuukimasiro:20200917222322j:plain

 

問:義姉と言えば?

 

答:音姉(朝倉音姫)(義姉・・・?)(世代が恐らくバレるであろう答え)

 

さて、私の今や若干おじさんと呼ばれるであろう域に踏み込みつつあるであろう趣味の原点の話はさておき、義理の姉と聞くと皆様は誰を思い浮かべるであろうか。その答えに正解はないのかもしれない。推しの義姉キャラはそれぞれあってしかるべきであり、万人に共通の答えを求めるのは間違いの筈である。しかし、義姉キャラに一つの魅力があるのは確かなはずである。

 

「問題はなにもない。完璧だ。だから、作戦開始だ」

 

その一言から緻密に練り上げられた作戦を発動させ、自分が組み立てたプロセス通りに恋路を導き、初恋の少女と友達以上恋人未満な関係までこぎつけた主人公、修一郎(表紙左)。

 

しかし、彼の完璧なはずの作戦は脆くも崩れ去る。それは何故か。何故なら、初恋の相手であるヒロイン、真綾(表紙右)が親同士の再婚により家族となり、義理の姉になるという予想外にも程がある緊急事態が発生したからである。

 

予想外の事態に作戦を全て破棄せざるを得ず、それでも義理の姉弟で終わるわけにはいかないと新たな作戦を立て、行動を開始する修一郎。

 

そんな彼へと真綾は何故か姉であろうと振る舞い、入浴中に押しかけてくるなど何故かスキンシップ多めにぐいぐいと迫り来る。

 

しかし、そんな彼女の心の中には一つの思いがあった。それは修一郎が好きであるという恋の想い。そう、彼女もまた修一郎が好きだったのである。だからこそ実質同棲状態のこの状況を活かそうと、姉として攻めの姿勢を見せていたのだ。

 

もうお分かりであろう、画面の前の読者の皆様は。この二人、本当は両想いであり現状は両片思いと言ってもいい状態なのである。

 

しかし、一人の女の子としての接し方と姉としての接し方が認識の齟齬を引き起こし、正面からぶつかり合う事態を引き起こす。

 

正に、お互いに負けられない状況で繰り広げられる恋愛闘争劇。(しかし二人は両想い)この状況が甘くない訳が無く、ぶつかり合いながらもお互いを想うが故にお互いの事が分かるからこそ、打てば響くかのように分かり合える。

 

「しない、断言できる」

 

そしてお互いがお互いの事を見ていて、今までとは違う関係だからこそまた違う一面を見れて、また一つ仲良くなれる。

 

そして何よりヒロインが可愛く、それと同じかそれ以上に格好良く決めようと思って決まり切らず、それでも根っこは熱く真っ直ぐな主人公が格好良くて可愛い。そんな二人のラブコメだからこそ、甘さが際立ち面白いのである。

 

王道なラブコメ好きな読者様、義姉好きな読者の皆様にはお勧めしたい。きっと満足できるはずである。

 

https://www.amazon.co.jp/dp/4040738101/?tag=a8-affi-287285-22&a8=ES-w8SPr6RXfPstDtzYtS-XIXCOBmCqDAzYpPsYsXpnr6R-SGRqyGRqEYCO010qYGpVCDU-JGS-w_s00000009884001
 

読書感想:ただの屍のようだと言われて幾星霜、気づいたら最強のアンデッドになってた

f:id:yuukimasiro:20200917223950j:plain

 

さて、突然ではあるが画面の前の読者の皆様。貴方はもし最強のアンデッドとなってしまったら、貴方はどうされるであろうか。何のために、どんな行動をされるであろうか。

 

ごく普通のBランク冒険者、ジオン(表紙中央)。彼は単独で高ランクのダンジョンへ挑むも力及ばず力尽き、理性を持たぬアンデッド、ダンジョンの魔物の一体としてダンジョンを彷徨っていた。

 

そんな彼が存在していたダンジョンへ、二体分の力を取り込み持ち合わせた古竜が力尽き、落下してきた。しかも運が良いのか悪いのか、彼の目の前に。この事が彼の、ひいては世界の運命をどこかおかしい方向へと狂わせていく。

 

ただのアンデッドだったジオンが理性と記憶を取り戻した時、彼は古竜二体分の力を取り込み、最強のアンデッドと呼ばれる存在、ノーライフキングへと変貌を遂げていた。

 

再び死ぬため、その命を終わらせる為。ジオンはダンジョンを飛び出し、旅を始める。

 

だがしかし、彼の身体は多大な魔力を持ち合わせた、どんな攻撃をも意味をなさぬ絶対無敵の身体となってしまっていた。その事が良い意味でも、悪い意味でも多くの騒動の引金となり、多くの人々の注目を集めていく。

 

冒険者の一団をその強さで恐怖の渦に落とし込んだかと思えば、結果的にトドメを刺さず去ったり。

 

聖騎士で構成される部隊の隊長、リミュル(表紙右)の危機を助けたかと思えば彼女と敵対する事になってしまい、しかしその圧倒的な力で全ての攻撃をはじき返し、何もせずにその命を見逃し。

 

死体をこよなく愛する凶悪な死霊術師の眷属を次々と退け、更には襲い掛かってきた本人も一撃で下し。

 

彼の死に際のアドバイスに基づき王都に向かえば、英雄王と呼ばれるアレンドロス三世(表紙左)に迎撃されたかと思えば、王都に襲来してきた雷轟竜を一撃で撃退したり。

 

そう、ここまで読んでくださった画面の前の読者の皆様ならお分かりであろう。このジオンという主人公、あまりにも強すぎるせいでどんな敵も一撃で終わらせる無双状態である。だがしかし、彼の望みはただ一つ。

 

もしかして、ついに永遠の眠りにつくことができるのだろうか?

 

上の一文が示す通り、彼の望みは只一つ。自らの二度目の人生を終わらせ死ぬ事。だがしかし、あまりにも強い己自身が終わる事を許さず、それどころか何もしていないのに恐れられ、消える事も出来ずにあまつさえ無自覚の内に世界を統べる存在となってしまう。

 

そんな勘違いとすれ違いが笑いを招く、一撃で終わらせるが故に安定感のある面白さがあるのがこの作品である。

 

何も考えず笑いたい読者様、すれ違いと勘違いものが好きな読者様にはお勧めしたい。きっと満足できるはずである。

 

https://www.amazon.co.jp/dp/4040738160/?tag=a8-affi-287285-22&a8=mzM-4zpjlh9_pqvPvgVvzM9U9iXbJi2P6gVTpqVq9T0jlhMzOh2z_hD3VEYAtA2VOTSiPFM3OzM-Is00000009884001

 

読書感想:美少女と距離を置く方法 1.クールな美少女に、俺のぼっちライフがおびやかされているんだが

f:id:yuukimasiro:20200919225801j:plain

 

さて、突然ではあるが画面の前の読者の皆様。貴方は一人でいるほうが楽しい方であろうか。それとも楽しい事は誰かと共有する方が好きであろうか。

 

過去のとある出来事から誰かと関わる事を面倒と感じ、選択して孤高を貫く少年、蓮(表紙右)。彼はとある日の帰宅時、クールな同級生である理華(表紙左)が強引な告白を受け、迫られている現場に遭遇してしまう。

 

普通であれば放っといても良かった。普段ならば無視していた。でも何故か、その時に限って何の気紛れか彼女を助けてしまった。

 

訳の分からぬもやもやを抱えながらも、もう会う事は無いだろうと言わんばかりにその場を後にする蓮。

 

しかし、理華は今までに関わってきた者達と違い、お礼をしたいとやってきて、買ってきたものでいいと言ったはずなのに、手作りの弁当を持ってきて。

 

少し形は違うかもしれないけれど、恩返しも終わりこれで関りは終わる筈だった。しかし何の因果か、二人を取り巻く共通点が少しずつ、だが連鎖的に明かされ二人はその後も関りを続けていく。

 

今までは知らなかったけれど、実は家がご近所だったり。

 

行きつけの店が同じだったり。

 

お互い友人は少ないけれど、その数少ないお互いの友人が実は繋がりがあったり。

 

まるで何かに惹かれ合うかのように、もう運命の糸は絡まり合ったと言わんばかりに。何でもない日々を二人は重ねていく。

 

友人同士で集まって、勉強会をしたり。

 

家に招いて料理を作って貰ったり、やむを得ず家に立ち入って看病したり。

 

「・・・・・・友達じゃなくなったら、どうなってしまうんでしょう・・・・・・?」

 

そんな日々の中、蓮の不器用な優しさに惹かれていくも未だ無自覚の理華は、蓮の孤高の理由を知りたいとそっと迫り、明かされたその理由と蓮の心の傷にそっと寄り添い、今ここにいる私は友達だと迷わず告げる。

 

いつからだろうか、そんな彼女が隣にいるのは普通になっていたのは。彼女に惹かれ始めていたのは。

 

そんな彼の背中を仲間達は荒くも押し。蓮は仕組まれたデートの最後に、理華へとその想いを告げる。

 

「・・・・・・好きだ。恋人になってほしい」

 

「私も、楠葉さんが好きです。恋人になりましょう」

 

これは何でもない日常を一つずつ積み重ねていくラブコメである。そして、お互いがよく似ているからこそ分かりあえて繋がり合える、運命的に出会った二人が少しずつ惹かれ合い恋に落ちていく、尊いブコメなのである。

 

特別な日常も、ファンタジックな出来事も何一つないけれど。それでもよく練り上げられ積み重ねられているからこそ、この作品は面白い。

 

てぇてぇと叫びたい読者様、ド直球で王道なラブコメが好きな読者様にはお勧めしたい。きっと満足できるはずである。

 

https://www.amazon.co.jp/dp/product/4865547177/ref=as_li_tf_tl?camp=247&creative=1211&creativeASIN=4865547177&ie=UTF8&linkCode=as2&tag=bookmeter_book_middle_detail_pc_login-22

 

読書雑記:発売日がズレていたりするようなので、今月末日にかけて発売される新作の中から個人的期待の新作及び続刊についてなお話。

こんばんは、真白優樹です。突然ですが、詳しくは私のtwitterを見ていただきたいのですが、本日オーバーラップ文庫の新刊を入手いたしました。どうやら四連休の為に二十五日発売予定の新作の発売日がズレてきているようなので、少し早めに今月二十五日に発売される予定の新作の中から個人的に楽しみな新作及び続刊について話したいと思います。

 

f:id:yuukimasiro:20200919225801j:plain

 

美少女と距離を置く方法 1.クールな美少女に、俺のぼっちライフがおびやかされているんだが 著:丸深まろやか先生 絵:シソ先生

 

まずはオーバーラップ文庫から。まずはこちら、小説家になろうより書籍化された作品です。どうやら丁寧に進むじれったいラブコメのようなので、どんなラブコメなのか楽しみです。

 

f:id:yuukimasiro:20200919230003j:plain

 

ブラックな騎士団の奴隷がホワイトな冒険者ギルドに引き抜かれてSランクになりました2 著:寺王先生 絵:由夜先生

 

続きましてはこちら。このブログでも記事を書きました作品の続刊となります。今巻ではどんな戦いが待っているのか。楽しみです。

 

f:id:yuukimasiro:20200919230324j:plain

 

死呪の大陸 著:斜守モル先生 絵:NaO先生

 

ではここからはMF文庫よりの紹介です。まずはこちら。MF文庫で人狼×討伐のメソッドシリーズを手掛けられていた斜守モル先生の新作です。今巻ではどんなファンタジーが繰り広げられるのか。王道との事で楽しみです。

 

f:id:yuukimasiro:20200919230928j:plain

 

勇者の棺桶、誰が運ぶの? ポンコツ娘は救われ待ち 著:スフレ先生 絵:clear先生

 

続きましてはこちら。他のレーベルでは時々その名を見かけるであろう、スフレ先生の新作です。果たして、どんなドタバタが待っているのか。ファンタジーの裏側も描くとの事で、どんな作品となるのか楽しみにしたいと思います。

 

f:id:yuukimasiro:20200919231710j:plain

 

終焉ノ花嫁2 著:綾里けいし先生 絵:村カルキ先生

 

続きまして三作品目はこちら、このブログで記事を書いた記憶も新しい作品の続刊となります。表紙の姫シリーズの一人と思しき謎の少女の正体からして気になりますが、果たして今度はどんな惨劇が待っているのか。楽しみです。

 

f:id:yuukimasiro:20200919232508j:plain

 

やがて僕は大軍師と呼ばれるらしい3 著:芝村裕吏先生 絵:片桐雛太先生

 

四作品目はこちら。このブログで比較的初期に記事を書いた作品の続刊となります。今度は大国から来た大軍を相手に、ガーディのどんな策が見せられるのか。その優しさ故の策を楽しみにしたいと思います。

 

f:id:yuukimasiro:20200919233029j:plain

 

聖剣学院の魔剣使い5 著:志瑞祐先生 絵:遠坂あさぎ先生

 

最後の六作品目はこちら。・・・申し訳ありません画面の前の読者の皆様、四巻の感想まだでしょというツッコミはご勘弁ください分かっています、二十五日までに何とか感想記事を投稿する予定ですので。復活した竜王、ヴェイラも本格的に本筋に絡みだし黒幕の新たな思惑が始まるとの事で、どんな戦いが待っているのか楽しみです。

 

以上、期待の七作品でした。では新作を購入次第読んでいきます。

読書感想:呪剣の姫のオーバーキル: ~とっくにライフは零なのに~

f:id:yuukimasiro:20200917221025j:plain

 

さて、突然ではあるが画面の前の読者の皆様。貴方はオーバーキルという殺害方法はお好きであろうか。敵を跡形もなく立ち上がれなくなるほどにぐちゃぐちゃにして殲滅する、そんな圧倒的な勝利とも言える殺し方はお好きであろうか。

 

辺境に六禍と呼ばれる六体の強力な魔獣が巣食う、ファンタジー異世界のとある国。その国の王に献上する武器を打つべく、王都へと向かう道中に合った、かつて栄えた鍛冶師の家の少年、テア。

 

しかし彼は王都への道中、乗り合わせていた馬車は辺境の地でオークの群れに襲われてしまう。そこで繰り広げられるのは見るも無残な蹂躙劇。しかしそこへ救いの手が現れる。その救いの手こそ本作のヒロイン、六禍の一体を討伐した呪属性の武器を軽々と振り回すハンター、シェイ(表紙)である。

 

オークが巻き起こす、馬も人も種族なんて関係ないと言わんばかりの蹂躙劇。しかし、シェイが巻き起こすオーバーキルにも程がある蹂躙劇もすさまじいのである。

 

死にかけたオークの腕も飛ばし足も飛ばし。挙句の果てに頭をぶち抜き串刺しにし。

 

そんな彼女に見初められ、辺境伯と取引を交わし。テアは図らずも、自らの打ちたい武器とは真逆の武器を作らされる、シェイのパートナーとして狩りの現場へと引きずり出される。

 

そこで経験していくのは、自分が見た事もない現場。そして自分の打った武器が確かに誰かの役に立つという実感。

 

シェイのパートナーである以上、求められるのは完成度ではなく早さ、頑丈さ。そして安定性。求められたものを即座に創らなければならない非情な現場。

 

人を餌とし雌へのアピールの為死体を木に吊るすワイバーンとの戦いで、先祖の行いを否定する独創性を強いられ。

 

地を走る蜘蛛たちとの戦いで、自分達に無理矢理同道してきたエルフの射手、エレミアの分まで合わせて二人分の鍛冶を任され。

 

だけどそんな日々が何処か楽しくて。そして自分の作った武器が魔物達を快刀乱麻が如き勢いで蹂躙していくのを見るのは一種快感で。

 

工房にこもっているだけでは決してできなかった成長は、六禍の一体、大骸竜が巻き起こす災害の中で一つの結実を迎える。

 

「僕はシェイのパートナーだろ」

 

「いい顔をするようになった。任せるぞ」

 

力強く言った彼に、シェイは信頼と共に自らの得物を託し。

 

「こんなものを作られたら褒めるしかないだろう。さすが、私のパートナーだ」

 

その成果の結実に、笑みという礼を以て答える。

 

この作品は快刀乱麻、そして徐々に苦しめ磨り潰していくというスプラッタでオーバーキル溢れるファンタジーである。そして、野性的で刺激的な日々の中、未熟な少年が成長していく作品であり、汚れる事を厭わぬ一本筋の通った奴等が暴れ回る、独特の元気の良さがある作品なのである。

 

血生臭い作品が大丈夫な読者様、独特の軽妙な語り口で語られる、読み応えのあるファンタジーが好きな読者様にはお勧めしたい。きっと満足できるはずである。

 

https://www.amazon.co.jp/dp/409451869X/?tag=a8-affi-287285-22&a8=5KdFCKHGIBY0HN2M2QX2KdY6Y8jRW81M_QX7HNXNY7vGIBdKrB1YWBqgPBOfqf1Xr798MldLrKdFAs00000009884001

 

 

 

追伸・・・ゾンビを狩るなら・・・やはりあの武器である、さて画面の前の読者の皆様はその武器は想像はつかれるであろうか?

 

読書感想:千歳くんはラムネ瓶のなか (4)

f:id:yuukimasiro:20200917220439j:plain

 

前巻感想はこちら↓

https://yuukimasiro.hatenablog.com/entry/2020/04/20/001258

 

彼女は知っていた、彼女だけは知っていた。千歳朔という少年は月であり、そしてあの日に燃え尽きた太陽であるという事を。

 

さて、今巻の表紙を飾る元気なバスケ少女、陽。今巻は彼女だけのお話かと言われればそうではない。

 

あの夏の、忘れ物を拾いにいこう。

 

この一文が示す、忘れ物をしたのは誰か。忘れたのは何か。

 

それは千歳朔という少年の忘れ物。自分の手で止めてしまった時計の先、あの日に忘れた「熱」という落とし物。

 

思えば今まで彼が元野球部だったという伏線はそこかしこにあった。しかし、その野球部時代へ触れられる事はなかった。その忘れてきた落とし物、過去に触れるのが今巻である。

 

その過去とは、才能あふれる怪物が周囲との間に溝を作り、自らの手でその可能性を閉ざしてしまったという痛ましい事実。

 

その事実をまた思い出させるかのように現れる過去の残滓、かつての仲間達。語られたのは十二番目の仲間の名、それこそが自分。

 

だが今更と否定し拒絶する朔を救えるのは誰か。それこそが同じ熱を持つ彼女、陽の役目。彼女にしか出来ぬ役目。

 

「そんなあんたが、初めて見つけた本物のヒーローがっ」

 

「だせぇ退場の仕方してんじゃねぇよ!!」

 

あの日の貴方はどこにいった。あの日太陽だった貴方に救われたのは私だと彼の魂を殴りつけ、思い出させる。

 

千歳朔の望み、それはあの日逃げ出した弱い自分を、誰かに叱ってほしかったという事。そう、私達は今まで彼の事を大きな月であるとばかり思ってきた。だけど違った。彼は月であり、あの日に燃え尽きてしまった太陽だったのだ。

 

確かに彼が月であるからこそ救われた少女達もいる。だけど、彼が太陽だったこそ救われたのが彼女だ。そして受け止めるのではなく、その背を叱って張り飛ばせるのは彼女だけにしか出来ぬ事だ。

 

「―――俺も、もう一度バットを振るよ」

 

そして陽という少女があの日、朔から受け取った胸の熱は確かに彼へと返され、あの日に止まった時計が動き出す時。あの日の彼がまた、目を覚ます。

 

一日きり、一度きりの復帰舞台にして引退試合。亜十夢を相方に調整しきっちりと仕上げ。

 

「当たり前だ。あんなの見せられて燃えなかったら男じゃねぇ!」

 

そして傷つきながらも、立ってるだけでやっとでも。白球をスクリーンへと叩き込んだその時。千歳朔という傷だらけのヒーローはあの日のように、また皆の心を照らし心に熱を届ける真っ赤な太陽となる。

 

「―――愛してるよ、千歳」

 

「残りの十センチは、いつかあんたに埋めてもらうから」

 

私たち読者にもあったかもしれぬ、あの日に持っていた「熱」。その熾火をこれでもかと焚き付け業火へと変え、背を荒くも押してくれるのが今巻である。そしてあの日に忘れた落とし物を取り戻し、あの夏を終わらせて、もう一度夏を始める。千歳朔という少年の心の炉心にあの日に落とした「熱」を叩き込み、新生させるのが今巻なのである。

 

 

画面の前の読者の皆様も是非読んでみてほしい。

 

きっと何かを貴方も受け取れるはずである。

 

(BGM:Over  Soul)

 

https://www.amazon.co.jp/dp/4094518665/?tag=a8-affi-287285-22&a8=dA9X5AzqGivBzLoSo6noA9vrvEt4DEeSh6ngzLnLvguqGi9A1ieqDEeAQiDR3Ren1g0ESj9P1A9Xbs00000009884001

 

読書感想:塩対応の佐藤さんが俺にだけ甘い3

f:id:yuukimasiro:20200917220715j:plain

 

前巻感想はこちら↓

https://yuukimasiro.hatenablog.com/entry/2020/04/18/235914

 

さて、画面の前の読者の皆様。今巻のメインのお話は何だと思われるだろうか、その答えは聞かなくても明白かもしれない。何故なら表紙がその答えをもう示しているから。そう、表紙の佐藤さんが表す通り今巻は夏祭り。様々なイベントが起こりがちな主に夏の終わりに行われる、あの夏祭りである。

 

夏のある日、佐藤さんは恋人である押尾君に八月二十九日に行われる夏祭りへと誘われる事よりこの巻は幕を開ける。

 

しかし、佐藤さんは非常に困ってしまう。それは何故か。何故ならバイトをしている押尾君を見ていたいがためにcafe tutujiへと通い詰めたが故に大変に金欠な状況へと追い込まれてしまっていたことに今更ながら気付いたからである。

 

しかも二十九日はあろうことか押尾君の誕生日。焦った佐藤さんはバイトに励む事を決意する。

 

そして、二週間の間の短い期間で様々なバイトを経験する中。佐藤さんは様々な人に出会い、色々な経験をしていくのだ。

 

一件目のバイト先、cafe「潮」においてその塩対応な顔が事態解決の鍵となり、店主である厳格そうなお爺さん、源さんの意外な素顔を垣間見てしまったり。

 

だが、そんな彼女の心はふとした切っ掛けによりヤキモチと疑念に駆られる事になってしまう。それは何故か? その理由とは二件目のバイト先、スーパーの屋上のお化け屋敷に押尾君が自らの従姉妹である凛香と手を繋いで現れたから。

 

何故自分という恋人がいるのに。何故自分は未だ手を繋いだ事もないというのに。

 

「・・・・・・私は手、繋いでもらってないもん」

 

三件目のバイト先、cafe tutujiで溢れたのは押尾君へのちょっとした不満とやきもちで。

 

ならばやきもちを焼いてしまった彼女の機嫌を直すのは彼氏である押尾君の役目。それが出来るのは彼だけ。

 

その任務を見事に成し遂げ、来るべき夏祭りでは自然と手を繋げて、今まで関わってきた人達からの歓迎を受けて。

 

「―――来年もまた、この腕時計をつけてここにこようよ」

 

お互いに送ったお揃いのプレゼント、どちらからともなく言い出したのは来年を疑っていない恋人同士の甘い睦言。

 

夏の終わりにちょっとした喧嘩とやきもちを経て、また一歩恋人同士としてレベルアップし、また一つ絆を強くする。

 

前巻にも増して甘さが上がり、試練があるからこそ後の甘さが際立つ今巻。

 

前巻まで楽しまれた読者の皆様、ラブコメ好きな読者の皆様は是非。

 

貴方もきっと満足できるはずである。

 

https://www.amazon.co.jp/dp/4094518657/?tag=a8-affi-287285-22&a8=t8cej8BDWw7.BVQZQ4pQ8c7m7OHFvOSZ54pbBVpV7bgDWwc8MwSDvOS8RwnkKkSpMbTOZJcfM8ceEs00000009884001