読書感想:夏を待つぼくらと、宇宙飛行士の白骨死体

 

 さて、時に画面の前の読者の皆様は「コロニー」という単語を聞いて何を連想されるであろうか。機動戦士ガンダムシリーズにおける、宇宙での人の住処を連想された読者様もおられるだろう。作品によってそれぞれ異なる作りのコロニーがあって、例えば宇宙へ繋がる軌道エレベーター、なるものも存在している訳である、かのシリーズは。

 

続きを読む

読書雑記:発売日前、新刊紹介なお話。富士見ファンタジア文庫編。GCN文庫編。

こんばんは。蝉の大合唱で目覚めると気分最悪な気がする真白優樹です。さて本日は明日発売予定の富士見ファンタジア文庫、GCN文庫の中からこのブログで紹介予定の作品についてお話したいと思います。

 

読書雑記:七月中旬から下旬にかけての個人的要注目な新刊のお話。 - 読樹庵 (hatenablog.com)

 

一部作品は上記の記事で少しだけ深堀しておりますので宜しければご覧ください。

 

富士見ファンタジア文庫

 

 

・俺がモテるのは解釈違い ~推し美少女たちに挟まれました~

 

・著:浅岡旭先生 絵:Bcoca

 

それではまず最初の作品はこちら。こちらは上記の記事で少しだけ深堀しております作品です。果たして全く百合にならぬハーレムなラブコメとはどんなものとなるのか。期待したいですね。

 

 

・ナメてるお嬢を俺がわからせた

 

・著:大空大姫先生 絵:緋月ひぐれ先生

 

二作品目はこちら。こちらも上記の記事で少しだけ深堀しております作品です。果たして曲者揃いの会話劇とはどんなものか。楽しみですね。

 

 

・真夜中ぱんチ ワケあり動画投稿者はヴァンパイア!?

 

・著:日日綴郎先生 原作:動画投稿少女 監修:「真夜中ぱんチ」製作委員会 絵:ことぶきつかさ先生

 

三作品目はこちら。こちらは今放送中のアニメのスピンオフ作品です。果たして、アニメとこちらでは何か異なる点はあるのか。期待したいですね。

 

 

・これが魔法使いの切り札 3.微笑みの公女

 

・著:羊太郎先生 絵:三嶋くろね先生

 

四作品目はこちら。生徒会長であるルティルがいきなりリクスを生徒会に勧誘する中、セレフィナが何やら不満顔な今巻。今巻ではセレフィナが何か動くのか。注目していきたいですね。

 

 

・オーク英雄物語6 忖度列伝

 

・著:理不尽な孫の手先生 絵:朝凪先生

 

五作品目はこちら。デーモンの国に辿り着き、竜の巣に連れ去られたデーモンを助けに向かう今巻。伝説ともなる竜殺し、バッシュにやらせるとどんなことになるのか。期待したいですね。

 

 

VTuberなんだが配信切り忘れたら伝説になってた9

 

・著:七斗七先生 絵:塩かずのこ先生

 

六作品目はこちら。アンチライブオンな匡が病んでしまって、淡雪が向き合う事になる巻。ライブオンでありながらアンチライブオン、どう見ても最初から歪んでいたその在り方にどう折り合いをつけるのか。期待したいですね。

 

GCN文庫編

 

 

・魔女と傭兵4

 

・著:超法規的かえる先生 絵:叶世べんち先生

 

それでは最後、七作品目はこちら。シアーシャと別行動になったジグが都市の闇に立ち向かう今巻。ある意味彼の得意分野、そんな戦いはどうなるのか。期待したいですね。

 

以上、期待の七作品でした。それでは発売日を待ちましょう。

読書感想:砂の海のレイメイ 七つの異世界、二つの太陽

 

 さて、アニメやラノベの世界においては海賊、という人種は一口に言っても様々な種類に別れる、というのは画面の前の読者の皆様もご存じであろう。例えば王道に海を行き仲間達と冒険する者、もいれば、広大な宇宙という海を旅する海賊、だっているであろう。そう考えると海賊というのは幅広いものだ。そして海賊と言っても、その行為の善悪というのは様々にある。例えば略奪、そこに殺人や破壊という行為を伴う海賊もいるし、略奪だけを行う海賊だっているかもしれない。この作品における主人公、海賊であるレイメイ(表紙)はどちらなのか、というと後者なのである。

 

続きを読む

読書感想:恋する少女にささやく愛は、みそひともじだけあればいい

 

 みそひともじ、漢字にすれば三十一文字。この数は何なのだろうか。決してアイスクリームではない。そう、短歌。五、七、五、七、七の文字数で詠まれる歌である。しかし馴染みのない、と言われる読者様も多いかもしれぬ。実際、短歌なるものは百人一首でも嗜んでいなければ国語か歴史の教科書の中でなければ馴染みがない、かもしれない。ましてやラノベの題材、というものでは少なくとも私は見たことがない。そんな、短歌、というものが重要になるのがこの作品なのである。

 

続きを読む

読書雑記:発売日前新刊紹介なお話。ガガガ文庫編。

こんばんは。そろそろ梅雨明け、熱い季節の予感に嫌になる真白優樹です。さて本日は明日発売予定のガガガ文庫の中からこのブログで紹介予定の作品についてお話したいと思います。

 

読書雑記:七月中旬から下旬にかけての個人的要注目な新刊のお話。 - 読樹庵 (hatenablog.com)

 

一部作品は上記の記事で少しだけ深堀しておりますので宜しければご覧ください。

 

 

・砂の海のレイメイ 七つの異世界、二つの太陽

 

・著:中島リュウ先生 絵:PAN:D先生

 

それではまず最初の作品はこちら。こちらは上記の記事で少しだけ深堀している作品です。果たして砂の海の世界、二人の出会いはどんな航海に繋がるのか。期待したいですね。

 

 

・夏を待つぼくらと、宇宙飛行士の白骨死体

 

・著:篠谷巧先生 絵:さけハラス先生

 

二作品目はこちら。こちらも上記の記事で少しだけ深堀しております作品です。果たして宇宙飛行士の死体はどんな青春を生むのか。楽しみですね。

 

 

・白き帝国 約束の戦旗2

 

・著:犬村小六先生 絵:こたろう先生

 

三作品目はこちら。蛮族が闊歩する無法の地へ向かう中、早々に旅路が暗礁に乗り上げる今巻。まず準備を整えることは出来るのか。期待したいと思います。

 

 

・変人のサラダボウル7

 

・著:平坂読先生 絵:カントク先生

 

四作品目はこちら。岐阜へときた三人目の異世界人、アルバが早々に任務を放棄する中、友奈が女子高生探偵として名をあげる今巻。あらすじと口絵からしてカオスなのですが、さてどんな混沌へ突き進んでしまうのか。楽しみですね。

 

 

・負けヒロインが多すぎる!7

 

・著:雨森たきび先生 絵:いみぎむる先生

 

五作品目はこちら。小抜先生の紹介で後輩のリコがやってくる中、まさかの停学中だった彼女に巻き込まれ結婚式場に潜入する事になる今巻。いきなりのとんでも展開、乗り切ることは出来るのか。期待したいと思います。

 

 

・負けヒロインが多すぎる!SSS

 

・著:雨森たきび先生 絵:いみぎむる先生

 

六作品目はこちら。こちらはこれまで生み出されてきた膨大なSSを纏めた一巻との事。果たして何が見えるのか。楽しみですね。

 

 

・小説 夜のクラゲは泳げない3

 

・著:屋久ユウキ先生 原作:JELEE 絵:popman3580先生、谷口淳一郎先生

 

では最後、七作品目はこちら。アニメ九話から最終話までの範囲のノベライズの今巻。最後に見る景色はどんなものか。楽しみですね。

 

以上、期待の七作品でした。では発売日を待ちましょう。

読書感想:一週間後、あなたを殺します

 

 さて、時に画面の前の読者の皆様は暗殺者、殺し屋と聞いてどんなキャラを連想されるであろうか。自分はまずゴルゴ13というキャラが思い浮かんだが、彼は狙撃手、スナイパーであるのでどうなのだろう。画面の前の読者の皆様なら「山の翁」と呼ばれる暗殺者がメジャーであろうか。私は「山の翁」であれば、ファンから「じいじ」と呼ばれる方が好きなのであるが。

 

続きを読む

読書感想:彼女を奪ったイケメン美少女がなぜか俺まで狙ってくる2

 

前巻感想はこちら↓

読書感想:彼女を奪ったイケメン美少女がなぜか俺まで狙ってくる - 読樹庵 (hatenablog.com)

 

 さて、前巻で始まった、一ヶ月限定でのお試しの静乃と颯太の恋人生活、そして何か思う所を見せる江奈、という関係性は前巻を読まれた読者様であればご存じであると思われるが。そもそも、こう思われた読者様もおられるだろう。何故、静乃はあんなビデオレターを送りつけて来たのか。と、言う事を。

 

続きを読む