読書感想:古き掟の魔法騎士 II

f:id:yuukimasiro:20210613141627j:plain

 

前巻感想はこちら↓

読書感想:古き掟の魔法騎士I - 読樹庵 (hatenablog.com)

 

 さて、前巻の感想で私はこの作品を正に至極で至高の王道ファンタジーであると書いた。その面白さと熱さは、この巻においても変わっていないどころか更に高まっていると言える。では今巻では一体何を描くのか。前巻の中ではシドの「騎士」としての、「従者」としての活躍を描いていた。そして今巻は、シドの「師匠」としての側面と活躍を描いていくのである。

 

そして、その恩恵を一番受けるのは、今巻で一番成長を遂げるのは誰か。それは表紙を見てもお分かりであろう、アルヴィンの従者であるテンコである。

 

気高き亜人の国、「天華月国」。だが、暗黒教団の暗黒騎士により今はもう滅んだ国。その国こそがテンコの故郷。今でも夢に見る、国の壊滅の光景と母親の死の光景の悪夢を。

 

そんな悪夢に悩まされながらも、騎士として上へと至るべく修行に励むテンコ。

 

 だが、彼女は今、酷く焦燥感を覚えていた。何故ならば、アルヴィンを始めとする級友達の成長が著しいから。シド式の訓練は確かに成果を発揮し始め。徐々に連携を取れるようにもなりつつ、ウィルを上手く使えるようにもなり。確かに成長しつつある仲間達。だが自分はどうか。自分はウィルすら上手く使えぬ未熟者でしかない。

 

その成果と焦燥感は、学園上層部により仕組まれた四クラス合同訓練により結実してしまう。アルヴィンを始め級友達が妖精剣の実力的に圧倒的格上相手に訓練の成果を示し、華々しく勝利を収める中、ウィルを使えぬ自分は敗北を重ね仲間達の足を引っ張ってばかり。

 

「それでも―――お前は騎士になるべきだ」

 

祝勝会の夜、シドに指摘された己の心の矛盾。その正体、それは心の弱さ。凄惨な経験を経てしまったからこそ、折れてしまいそのまま取り繕って生きてきてしまった心の脆さ。

 

弱音を吐露し、受け止められ。改めて騎士になると決意し、シドに改めて騎士として、スパルタ式にも過ぎる訓練を施され。

 

だが、前を向いたとしてもその心は簡単には前を向ける訳が無い。その心の隙を突くかのように、アルヴィンに激しい嫉妬を抱く謎の少女、エンデアの手によりテンコの心は闇に墜とされ、敵へと寝返ってしまう。

 

 しかし、それは無論許される事ではない。エンデアは未だ気付かずにいた。自分が誰に喧嘩を売ったのかを。誰の逆鱗を愚かにも踏み抜いてしまったのかを。

 

「よくも我が弟子を、我が主君を弄んでくれたな。万死に値するぞ、下郎」

 

自らの血に宿る力とアルヴィンの一撃でテンコの心を救い。傷だらけとなりながらも、燃え滾るような致命的な怒りをその目に宿し。シドが見せつけるのは怒りの力。例えどんな力を持っていようが関係ない、と言わんばかりの圧倒的な力。

 

前巻にも増してより熱く、より激しく。迸るようなこの面白さ、本当に至高。そんな中、エンデアの衝撃の素顔を始めとし、世界は更に大きく広がる。

 

だからこそ胸を張って言える。正しく最高、それに尽きると。

 

前巻を楽しまれた読者様、やっぱり王道ファンタジーが好きと言う読者様は是非。

 

きっと貴方も満足できるはずである。

 

 

読書感想:演距離カノジョの比奈森さん クラスメイトの彼氏役はじめました

f:id:yuukimasiro:20210613135034j:plain

 

 さて、この世の中には俳優や声優といった、何かを「演じる」事を仕事としている人達がいる。そんな人達がいるからこそ、この世の中のエンターテインメントは支えられている一面がある、という事は画面の前の読者の皆様もご存じであろう。では、「演じる」上で重要になる事とは一体何なのであろうか? そこは演じる者個々により異なるのかもしれない。だが、演じるうえで自分と言うものは必要なのであろうか?

 

続きを読む

読書感想:聖剣使いの最強魔王

f:id:yuukimasiro:20210613140217j:plain

 

 さて、聖剣と魔剣というものはファンタジーの世界においては王道であり、舞台装置として常によくあるものである、というのは画面の前の読者の皆様もご存じであろう。聖剣に宿るのは聖なる力、魔剣に宿るのは魔の力。聖剣とは人類側が基本的に持っている力であり、魔剣とは魔族のような存在が持っている力。そんな流れが基本ではないだろうか。

 

続きを読む

読書感想:魔女と猟犬2

f:id:yuukimasiro:20210613131557j:plain

 

前巻感想はこちら↓

読書感想:魔女と猟犬 - 読樹庵 (hatenablog.com)

 

 さて、私はこの作品の前巻の感想で衝撃的な読書体験が出来る、と書いた次第である。その通り、この作品において保証されているのは衝撃的で混沌に過ぎる展開である。そして主人公であるロロ達に手厳しいにも程がある、ハードに過ぎる展開が目白押し、というのは前巻を読まれた読者様であればきっとご理解いただけると信じたい。

 

続きを読む

読書感想:母親がエロラノベ大賞受賞して人生詰んだ2 せめて息子のラブコメに妹までまぜないでください

f:id:yuukimasiro:20210613141306j:plain

 

前巻感想はこちら↓

読書感想:母親がエロラノベ大賞受賞して人生詰んだ せめて息子のラブコメにまざらないでください - 読樹庵 (hatenablog.com)

 

 さて、この作品はド派手なまでにエロネタに彩られボケとツッコミの丁々発止に彩られる、ギャグ満載の作品であるという事は前巻を読まれた読者様であればご存じであろう。では一体今巻ではどんな展開が待っているのか。もう説明の必要が無いかもしれないが前巻と同じである。溺れてしまうくらいに濃厚なギャグの中に、いい話のある流れとなっているのである。

 

続きを読む

読書感想:楽園殺し 鏡のなかの少女

f:id:yuukimasiro:20210613131814j:plain

 

リベンジャーズ・ハイ (ガガガ文庫) | 郁夫, 呂暇 |本 | 通販 | Amazon

 

 さて、今巻の感想の前振りが出る前にいきなりAmazonの頁へのリンクが上がっているのはどういう事なのか、と画面の前の読者の皆様は聞きたいかもしれない。その答えに関して言うなら答えは一つ。前述した作品を読まれた方がこの作品は何百倍も楽しめる、という事である。続刊の出なかったかの作品の、続刊と言って過言ではない作品なのである、この作品は。

 

続きを読む

読書感想:週4で部屋に遊びにくる小悪魔ガールはくびったけ!2

f:id:yuukimasiro:20210609232717j:plain

 

前巻感想はこちら↓

読書感想:週4で部屋に遊びにくる小悪魔ガールはくびったけ! - 読樹庵 (hatenablog.com)

 

 さて、私は前巻の感想で聖也と美沙が何処か似た傷を抱える者同士であると言う事を書いたと思う。そんな二人は、前巻で起きた出来事で少しだけ仲良くなり、絆を深めたと言える。では今巻では一体どんな光景が待っているのか。どんな展開が待っていると言えばよいのだろうか。

 

続きを読む