読書感想:厳しい女上司が高校生に戻ったら俺にデレデレする理由2 ~両片思いのやり直し高校生生活~

f:id:yuukimasiro:20210406223547j:plain

 

前巻感想はこちら↓

読書感想:厳しい女上司が高校生に戻ったら俺にデレデレする理由 ~両片思いのやり直し高校生生活~ - 読樹庵 (hatenablog.com)

 

さて、この作品の主人公の七哉とヒロインであり上司である透花は社会人時代からタイムリープし、再び高校時代に戻ったという状況であるのは前巻を読まれた読者の皆様であればもう、ご存じであろう。では画面の前の読者の皆様、一つ貴方方にお聞きしたい。子どもにあって大人にないもの、一体何であろうか? 大人になるにつれてなくなっていってしまうもの。それは一体何であろうか?

 

それは「熱」と言われるものかもしれない。社会に出て荒波にもまれ、自分の意思だけではどうにもならない状況に何度も接し。いつの間にか社会の歯車の一つとなっていく中、青春の、それさえあれば何でも出来ると言わんばかりの「熱」。あの情動は一体どこへいってしまったのだろうか?

 

 だが今、七哉と透花は高校生である。社会の厳しさと理不尽さも知っているけれど、それでも突っ走れる年齢である。そして、二人が過ごしているのはやり直しの時間。あの日、お互いに手を伸ばせなかった。そんな後悔を取り戻せる年頃なのである。

 

「ビワ、七のすけのこと気に入ったんだケド」

 

が、夏休みに入り距離を詰めたいと願う透花の前に立ち塞がる障害が一人。その名は琵琶子。透花の同年代のカリスマギャルであり、何故かいきなり七哉へと接近してきた美少女である。

 

まさか七哉の憧れの人は琵琶子であったのではないか。焦りと思い込みから暴走と迷走を始める透花。実は透花とは過去に小さな関係があり、彼女と仲良くなりたいという想いを打ち明けられ、透花に真実を告げられるまま琵琶子に協力する事になる七哉。

 

勝負となるのは琵琶子の祖父母が住まう田舎。いつもとは違う非日常、巡るは琵琶子と透花のそれぞれの思い。

 

大人であったのなら、諦めてしまうのかもしれない。けれど今、青春を過ごす子供だから。何でも出来る、何にだって立ち向かえる。そんな熱さがあるからこそ、例え怖い大人にだって立ち向かえる。

 

「そういえば課長、浴衣・・・・・・似合ってますよ」

 

「・・・・・・もう、遅いのよ、ばか」

 

 夏の香りがふわりと駆け抜ける中、両片思い、それ故に揺るがぬ想いが紡ぐ甘酸っぱさが限りなく。正に青春そのものの面白さが、新たに色を加えて深みを増していくのが今巻である。

 

だからこそ、面白い。どんどんと見逃せなくなってくる。故にどうか見逃さないでほしい。このじれったくて甘酸っぱい両片思いを。

 

前巻を楽しまれた読者様、じれったい両片思いが好きな読者様は是非。

 

きっと貴方も満足できるはずである。

 

厳しい女上司が高校生に戻ったら俺にデレデレする理由2 ~両片思いのやり直し高校生生活 (GA文庫) | 徳山銀次郎, よむ |本 | 通販 | Amazon

 

 

読書雑記:発売日前恒例、新刊紹介なお話。富士見ファンタジア文庫編。

再びこんばんは。最近、リアルの友人(ラノベは読まない)にお前のラノベ愛は狂気的に見えると言われたのですが何故でしょうか、真白優樹です。そんなに狂気に染まっていた覚えはないですが。 では今回は、やはり今週火曜日発売の富士見ファンタジア文庫の中からこのブログでピックアップ予定の新作について語りたいと思います。

 

f:id:yuukimasiro:20210418225559j:plain

 

・追放魔術教官の後宮ハーレム生活

 

・著:琴平綾先生 絵:さとうぽて先生

 

ではまずはこちら。小説家になろう等で人気を博している作品の書籍化作品となります。題名に堂々とハーレムと銘打っていますが、果たしてどんなファンタジーなのか。王道なファンタジーを期待したいですね。

 

f:id:yuukimasiro:20210418225840j:plain

 

・少女と血と勇者先生と

 

・著:蒼木いつろ先生 絵:POKImari先生

 

二作品目はこちら。第33回ファンタジア大賞で審査員特別賞を受賞された作品です。あの細音啓先生も絶賛されたファンタジー作品との事で、どんな作品となるのか。感動を楽しみにしています。

 

f:id:yuukimasiro:20210418230145j:plain

 

・通勤電車で会う女子高生に、なぜかなつかれて困っている

 

・著:甘粕冬夏先生 絵:はくり先生

 

三作品目はこちら。会社員×JKの年の差爽やかラブコメとの売り文句の新作です。果たして、このラブコメ戦国時代でどんな物語を見せてくれるのか。楽しみですね。

 

f:id:yuukimasiro:20210418230734j:plain

 

・あなたを救いに未来から来たというヒロインは三人目ですけど?

 

・著:氷純先生 絵:うらたあさお先生

 

四作品目はこちら。MFブックス等で様々な作品を手掛けられてきた氷純先生の新作となります。未来から来たと言うヒロインが三人も登場するラブコメとの事で、どんな空気感の元に展開されるのか。そこに期待したいですね。

 

f:id:yuukimasiro:20210418231138j:plain

 

・両親の借金を肩代わりしてもらう条件は日本一可愛い女子高生と一緒に暮らすことでした。2

 

・著:雨音恵先生 絵:kakao先生

 

五作品目はこちら。こちらはこのブログで記事にいたしました作品の続刊となります。前巻で既に恋人同士となった訳ですが、ここから話をどう展開させてくるのか。そこに注目したいと思います。

 

f:id:yuukimasiro:20210418231420j:plain

 

・魔王2099   2.電脳魔導都市・秋葉原

 

・著:紫大悟先生 絵:クレタ先生

 

六作品目はこちら。やはりこちらも、期待の新シリーズの最新刊となります。果たして、我等が愛すべき魔王様は今度はどんな活躍を見せてくれるのか。期待したいです。

 

f:id:yuukimasiro:20210418231856j:plain

 

・辺境都市の育成者3  迷宮の青薔薇

 

・著:七野りく先生 絵:福きつね先生

 

では最後、七作品目はこちら。このブログでも追いかけているシリーズの最新刊です。果たして辺境都市を飛び出し、ハルはどんな育成を行うのか。そこを楽しみにしたいと思います。

 

以上、期待の七作品でした。 ではまた読んでいきます。

 

読書雑記:発売日前恒例、新刊紹介なお話。ガガガ文庫編。

こんばんは。もうすぐゴールデンウィークですが、今年は今までで一番つまらないゴールデンウィークになりそうなのが確定しておりちょっと不満な真白優樹です。まぁ仕方のない事なのですが。因みに私は今回、五連休を頂けそうなので五連休中は毎日、何かしらの特別企画の記事を出す予定であります。さて、今回は明後日発売のガガガ文庫の新刊の中から、このブログでピックアップ予定の新刊について取り上げたいと思います。

 

f:id:yuukimasiro:20210418221833j:plain

 

・千歳くんはラムネ瓶のなか5

 

・著:裕夢先生 絵:raemz先生

 

まずはこちら。このブログでも感想記事にさせていただいている人気シリーズの最新刊です。 今巻は夏休み回、水着もあり何かが変わる夏が始まるとの事。果たして、青春を駆け抜けた前巻の先にどんな変化を描いてくれるのか。楽しみですね。

 

f:id:yuukimasiro:20210418222307j:plain

 

・結婚が前提のラブコメ

 

・著:栗ノ原草介先生 絵:吉田ばな先生

 

二作品目はこちら。こちらもこのブログで追い続けているシリーズの最新刊です。今巻は表紙の通りまひるがヒロイン、最後の婚活が幕を開けるとの事。果たして、身につまされる話を何処まで描くのか。楽しみです。

 

f:id:yuukimasiro:20210418222625j:plain

 

・剣と魔法の税金対策2

 

・著:SOW先生 絵:三弥カズトモ先生

 

三作品目はこちら。これもまた、このブログでかつて感想を書いた作品の続刊となります。今巻では埋蔵金と負債が描かれるとの事で、どんな税に関しての知識を貰えるのか。楽しみですね。

 

f:id:yuukimasiro:20210418223242j:plain

 

・時をかけて来た娘、増えました。

 

・著:今慈ムジナ先生 絵:木なこ先生

 

では四作品目はこちら。一度読んだら忘れられなくなるのではないでしょうか。今慈ムジナ先生の新作です。今作品はわちゃわちゃとしたラブコメとの事で、どんな世界観のラブコメが繰り広げられるのか。楽しみですね。

 

f:id:yuukimasiro:20210418224310j:plain

 

・夢にみるのは、きみの夢

 

・著:三田麻央先生 絵:あおのなち先生

 

最後の作品はこちら。タレントとして活躍される三田麻央様が二年をかけて作り上げた作品との事です。果たしてこの作品、どんなラブを見せてくれるのか。ラブコメ好きとして楽しみですね。

 

以上、期待の五作品でした。ではまた読んでいきましょう。

 

読書感想:神殺しの魔王、最弱種族に転生し史上最強になる2

f:id:yuukimasiro:20210406223330j:plain

 

前巻感想はこちら↓

読書感想:神殺しの魔王、最弱種族に転生し史上最強になる - 読樹庵 (hatenablog.com)

 

 さて、前巻を読まれた画面の前の読者様であればもうご存じであろうが、この作品の主人公であるハイラムは神殺しを成し遂げる為に人間への転生を成し遂げた。しかし、前巻の戦いにおいては魔神の分霊を一旦撤退に追い込んだに過ぎず。それも当然であるのかもしれない。何故なら彼の力はまだ本当の意味で目覚めていないから。その目覚めを為す為には、大きな切っ掛けが必要と言えるから。

 

では一体、どんな切っ掛けが必要なのであろうか。その答えは、今巻で描かれる冒険の中にある。今巻の内容は、言うなれば「魔王国冒険編」。かつての領土を冒険するお話であると共に、切っ掛けを得て本格的に神殺しの準備を整える巻である。

 

 前巻で義娘であるフィルフィを救出し、訪れたのは束の間の穏やかな時間。時にリュミエルに嫉妬されたり、フィルフィに嫉妬されたりといった、まるで普通の日常のような穏やかな時間。

 

が、しかし。穏やかな時間は長くは続かないのが常である。それもまた当然のことかもしれない。彼の戦いはまだ始まったばかりであるから。新たな戦いの始まりを告げる者、それは現魔王イルムガルドの秘書である獣人の少女、コルネリア(表紙左下)である。

 

ハイラムの元に現れた彼女は願う。どうか主君を救って欲しい、そして生贄に捧げられんとする無辜の民も救って欲しいと。

 

「そうか。では、魔族を救うために大陸へ向かうとしよう」

 

 無論、それを聞いて断るハイラムである訳もなく。何でもない事のように、さらりと彼は魔族を救う為にヨルムの手も借りて魔族達の大陸へ向かう事を決意する。

 

 

彼の地で待つは、魔神の力を借りイルムガルドへ反旗を翻した佞臣、カルメロによる暴虐。その暴虐により苦しめられる、罪なき者達。

 

「我を誰だと思っている。史上最強の魔王にして、魔導を極めし魔法王ハイラムだぞ」

 

見逃せるわけもない。例え最短距離ではないとはしても、救うと交わした約束がある。イルムガルドの元へ向かう前も含め、ハイラムは目にした全ての暴虐に天誅を下し、あっという間に魔王国の民から信頼を得ていく。

 

勿論、それは一人だけの戦果ではない。同行者であるフィルフィとリュミエル、ヨルムもまたそれぞれの力を以て活躍し、その限りない力を見せつけていく。

 

彼の歩みを止められる者は未だおらず。それも当然であるのかもしれない。何故なら彼は最強の魔王であり、今も尚成長を続ける人間なのだから。

 

前巻を楽しまれた読者様、王道な無双譚が好きな読者様は是非。

 

きっと貴方も満足できるはずである。

 

神殺しの魔王、最弱種族に転生し史上最強になる 2 (GA文庫) | えぞぎんぎつね, TEDDY |本 | 通販 | Amazon

 

読書感想:世々と海くんの図書館デート(3) ハロウィンのきつねは、いたずらな魔王様といっしょにいたいのです。

f:id:yuukimasiro:20210416234814j:plain

 

前巻感想はこちら↓

読書感想:世々と海くんの図書館デート(2) 夏のきつねのねがいごとは、だいすき。だいすき。だいすきです。 - 読樹庵 (hatenablog.com)

 

トリックオアトリート、それはハロウィンの時だけに通じる魔法の言葉。お菓子くれなきゃいたずらするぞ。ではこの作品の主人公である海くんとヒロインの世々の場合はどうなってしまうのか。答えは、この先の感想で明らかにしていこうと思う。

 

すれ違いの夏も終わり季節は秋。二人の暮らす村にも、ハロウィンの予感が秋風と共にやってくる頃。何故か最近、海はぼーっとしている事が多く。心配する世々にも大丈夫だと言うばかり。

 

が、しかし。二人の仲を裂かんとするかのように、無粋な輩による世々の誘拐事件が勃発してしまう。だが、無論動かぬ海である訳でもなく。血相を変えて後先考えずに飛び出して。誘拐犯にも凛とした怒りを以て接し、あっという間に世々を取り戻す。

 

而してその波乱は新たな波乱の呼び水となる。世々の誘拐未遂事件を知った姉の水晶と紅葉が、海を試すと言う名目の元にどっきりパーティーという名の色仕掛けを仕掛けてきてしまう。

 

「すみません。おれ、彼女とデート中なので・・・・・・。けがもないようなので、これで失礼します。」

 

「中学を卒業しても、大人になっても、その先も、ずっと世々といっしょです。」

 

 が、しかし。姉達の特殊能力付きの誘惑にブレる事もなく。海は真っ直ぐな心と瞳で姉達に宣言してみせる。ずっとこの先も彼女と共に。絶対に心変わりなんてしないと。

 

そう、前巻を読まれた読者の皆様であればもう知っておられるであろう。すれ違いと涙の夏はとうに過ぎた。なればここからは、更に深まった絆で。中学生という無垢なる年頃だからこその、純粋で真っ直ぐな恋で。折れず曲がらず。そして心を交わし合ったからこそ、彼女を守る為に誰が相手でも全力で。

 

「たいへん たいへん イギリス昔話」。「いっしょに いたいな いつまでも」。「ハッピーハロウィン!」。

 

不朽の名作である絵本たちに見守られ、秋、そしてハロウィンパーティの中で。二人の恋は更に深まり、まるで山を彩る紅葉のように色付いていく。迷わずお互いだけを見つめている、だから大丈夫だと言ってくるかのように。

 

「世々、トリック・オア・トリート。」

 

「・・・・・・お菓子、持っていなくて、良かったです。」

 

ハロウィン限定、同じ角を生やしたいつもと違うデート。勇気を持って告げ、二人の距離を零にして。

 

何も心配のない、甘さが更に深まり香ばしくなる今巻。

 

前巻を楽しまれた読者様、やはり野村美月先生のファンの読者の皆様は是非。

 

きっと貴方も満足できるはずである。

 

世々と海くんの図書館デート(3) ハロウィンのきつねは、いたずらな魔王様といっしょにいたいのです。 (講談社青い鳥文庫) | 野村 美月, U35 |本 | 通販 | Amazon

 

 

 

読書感想:忘れえぬ魔女の物語2

f:id:yuukimasiro:20210406224620j:plain

 

前巻感想はこちら↓

読書感想:忘れえぬ魔女の物語 - 読樹庵 (hatenablog.com)

 

さて、今更振り返る必要はないかもしれないが一応少しだけ振り返って一言言うとするのなら、この作品は前巻だけでも一つの節目を迎える所まで描いている、綾香と未散の二人が繰り返しの「今日」を経て、お互いに特別な存在になるまでを描いている。ではこれ以上、この作品においては何を語る必要があるのであろうか? そう思われた読者の皆様に私は一言、こう言いたい。貴方はまだ、甘いと。

 

確かに二人の新たな関係は始まった。だが、それだけである。世界が繰り返しを迎えると言う事実は何も変わっておらず、そして魔女の呪いも無くなってはいない。

 

 そう、何も変わっていないし終わってもいない。だからこそ、この作品はここからが本番。まだまだ芽吹かせることのできる種は幾らでも残っているのである。

 

わたしはどうなりたいのだろう。未散にどうして欲しいのだろう。

 

ようやく訪れた、幾度も繰り返すのは変わらずとも平穏な日々。温い平穏を謳歌する中、綾香の中で持て余す想い。お互いに大切な者同士として意識し、それでもあと一歩、変化の一歩が踏み出せず。未散の家でお泊り会などという甘いイベントを経ながらも、どこか曖昧な関係のままの二人。

 

「相沢、演劇部に助っ人で来てくれ」

 

そんなある日、綾香は友人である演劇部所属のなつめから、代役として演劇部の舞台に出演してほしいという依頼を受ける。

 

 この依頼こそが、今巻の事件の呼び水。そして鍵となるのはなつめ。彼女もまた、綾香と同じように呪いに侵されていた。彼女の呪い、それは「周囲の心の声を無差別に受信してしまう」というもの。

 

想像には難くないであろう。もし、知りたくもない事を強制的に頭に叩き込まれたら。知りたくもなかった誰かの想いを強制的に聞く事になってしまったら。

 

交錯するはそれぞれの夢、将来への願い。語られるのは、未散という伴侶を得た綾香の変化と二人の関係の、不可侵ともいえる格別さ。

 

「うまくいくわ。何をどうすればよかったか、わたしはもう知ってるから」

 

 止まらず、肥大していくなつめを蝕む呪い。その呪いを前に、綾香は成長した心で一つの決断を下す。地獄の続きを往く事になるのが正論だと言うのならそれを否定する。全部は救えずとも、自分の手が届く範囲くらいは救いたいと。

 

今までならば関わろうともしなかったかもしれない。知ろうともしなかったかもしれない。だが、今は違う。隣に受け止めてくれる大切な人がいる。だからこそ、勇気を出せる。

 

それこそが今、彼女にとって必要なもの。それを手に入れたから自分も、未散との関係に一歩を踏み出せる。

 

 呪いと呪いが組み合わさると言う新たな事態が、更なる展開への種をまき。そして更に深まる心理描写でこれでもかと心を揺さぶられる。

 

綺麗なだけではない、思春期だからこその生の感情を真っ直ぐに。だからこそこの作品は美しく、面白い。

 

前巻を楽しまれた読者様、綺麗な百合が好きな読者様は是非。

 

きっと貴方も満足できるはずである。

 

忘れえぬ魔女の物語2 (GA文庫) | 宇佐楢春, かも仮面 |本 | 通販 | Amazon

 

読書感想:やたらと察しのいい俺は、毒舌クーデレ美少女の小さなデレも見逃さずにぐいぐいいく3

f:id:yuukimasiro:20210406224914j:plain

 

前巻感想はこちら↓

読書感想:やたらと察しのいい俺は、毒舌クーデレ美少女の小さなデレも見逃さずにぐいぐいいく2 - 読樹庵 (hatenablog.com)

 

 さて、突然ではあるが今から一つ、心の中に湧き上がった感情を叫ぶことを許していただきたい。・・・。では許していただけたと信じ、一つ。この子達本当にカワイイが過ぎる(苦笑)。

 

 主人公である直哉も、ヒロインである小雪も。二人ともに可愛い、今まさに青春ど真ん中。そしてもうご存じであろうがこの二人、既に両想いである。付き合うと言う言葉の意味がゲシュタルト崩壊しているほどに恋人同士を越えいちゃついている。付き合ってはいないだけで、最早両家公認の恋人同士。

 

「まったくその通りだとは思いますけどね。 一人で抱えてるのが辛くなったんですよ」

 

 が、しかし。夏休みも迫る今日この頃。直哉は精彩を欠き調子が出せなくなっていた。その理由は前巻を読まれた読者様であればお分かりであろう。意図せずして交わしたファーストキスを覚えていない小雪が、いつも通りに距離を詰めてくるからである。

 

人の心は読めたとしても、自分の経験は圧倒的に足りず。強力な武器を持っていても、それを生かしきれず。まだまだ未熟であるけれど、それでも挽回を誓い計画を練る直哉。

 

 彼を後押しするかのように、小雪の父親であるハワードと仲良くなった直哉の父、彼の完全上位互換と言える存在、法介により両家合同の家族旅行が提案される。

 

渡りに船、旅行の間に距離を詰めて好感度を取り戻す完璧な計画を立て。けれど不測の事態と小雪の想定外のぽんこつさ加減に予定が何度も狂い。

 

 けれど、確かに二人きり。お互いをもう落とし合っているけれど、また改めて落とす為に。一体何を言っているのか分からないとは思われるが、つまりはそういう事である。二人だけでいった遊園地。二人でアトラクションを楽しんだり、料理を食べさせ合ったり。

 

「でも私、素直じゃないから。これまでちゃんと言えなかった。ごめんね。それなのに、ずっとそばにいてくれてありがとう」

 

「他の誰でもない。直哉くんだから、ここまで好きになれたと思うの」

 

「こんな、めんどくさい私でよかったら・・・・・・彼女にして、くれますか?」

 

 そして遊園地の最後、二人きりの時間の終わり。二人で乗った観覧車の中、お互いに投げ合った告白の先に交わすは「三度目」のファーストキス。

 

ようやっとここまで来た。遠回りを続けた雛達はやっと向かい合い。そしてあるべき形へと落ち着いた。

 

その過程をこれでもかと描き、そしてその中にも甘さをちりばめる。甘さに甘さを重ね、それをじっくりと煮詰めて。何処までも甘く、けれど芯の通っている。だからこそこの作品は面白い。安心して楽しめるのだ。

 

何やら無粋な輩が何かを企んでいるようだが大丈夫だろう。何せ直哉だから。魔王の花嫁に手を出そうとしてどうなるか。答えはもう言う必要もあるまい。

 

前巻を楽しまれた読者様、只管に甘い作品が好きな読者様は是非。

 

きっと貴方も満足できるはずである。

 

やたらと察しのいい俺は、毒舌クーデレ美少女の小さなデレも見逃さずにぐいぐいいく3 (GA文庫) | ふか田さめたろう, ふーみ |本 | 通販 | Amazon