読書感想:キミに捧げる英雄録1 立ち向かう者、逃げる者

f:id:yuukimasiro:20210223223858j:plain

 

さて、突然ではあるが画面の前の読者の皆様。「自分の人生の主役は自分自身」なんて言うけれど、貴方は自分の人生でどんな役として生きたいだろうか。自分は主役でも誰かに取っては端役、そんな生き方よりも誰にも負けぬ主役として振る舞いたいとは思われるだろうか。

 

この世界の数々の英雄の活躍が記された「英雄録」。精霊が語り紡ぐが故に、嘘はつかない、この世界に置いては誰もが憧れる物語。そんな物語に「主役」という名の英雄として名を刻まれる事は、無論最上の栄誉である。

 

 そんな英雄に憧れるけれど、自身は何の良い所もない臆病者な少年がいた。彼の名はアイル(表紙右奥)。同郷の「主役」、「迅姫」と異名をとるベルシェリアに憧れるけれど、誰にも期待されていなかった少年である。

 

だがしかし、彼は憧れをどこまでも捨てきれなかった。憧れを抱き、腐らず進む日々の中、ベルシェリアに弟子にならないかとの誘いを受け、彼は「剣の都」と呼ばれる大都市を訪れる。

 

 けれど、初めての街で出会ったのは、ベルシェリアの弟子であり彼に取っては姉弟子、「淑姫」との異名をとる皆の期待を一身に集める少女、シティ(表紙左)。彼女を始めとする、自分とは隔絶した段階にいる数々の実力者たちである。

 

目指す頂は遥か彼方。未だ尻尾も見えぬ程に。けれど、彼に期待しているとの言葉を希望とし、アイルは必死に、地道に訓練に励む。

 

その最中、彼はとある一冊の魔導書と出会い、契約する。彼の名はイゼゼエル。遥か過去から生きてきた魔導書であり、彼に無双の力を与えると嘯く、口が悪い魔導書である。

 

でも、契約に関しては真摯で真っ直ぐ。彼に身体を明け渡す術と共に、はるか昔の英雄達の戦闘経験を覗ける術を得て、更に修行に励むアイル。

 

だが、何たることか。彼はある日、唐突にベルシェリアの思惑を知ってしまう。本当は自分に期待なんかしていない、彼の「端役」としての才能を見込み、シティの当て馬とするために彼を呼び寄せたと言う残酷にも過ぎる思惑を。

 

今までのアイルであれば立ち止まっていたかもしれない。だが、今はもう違う。まだ臆病だけれど、確かに歩んできた修行の道がある。そして自分を信じてくれる、相棒がいる。

 

トラウマを乗り越える為、元凶である大鬼を倒すために潜った森。しかしそこに現れたのは大鬼の亜種、そしてシティ。まるで彼女の為に設えられたかのような主役の舞台。

 

なら、ここで立ち止まるのか? 主役は彼女だからと諦めるのか?

 

「またこの光景を受け入れることがッ、なによりもこわいッ!」

 

否、それは嫌だ。彼の内から溢れ出す、魂と本能が導き出す始まりの叫び。

 

「そこを退け、運命」

 

「”僕が通るッ!”」

 

その叫びは全ての臆病の鎧をはぎ取って、いっそ乱暴なばかりに彼の背中を蹴飛ばして。けれどこの瞬間。確かに彼は自分の殻を破った、前へと踏み出した。それこそは英雄の資質。その名は「勇気」。この瞬間、確かに生まれたのだ。新時代を告げる英雄が。

 

シティを白百合とするならば、アイルは蒲公英のような存在だ。地味で誰にも見られず、注目もされない。

 

だけど、どんな花にも咲き誇る資格がある。そして、何度踏みつけられたってまた立ち上がり咲き誇れる。逆境の中で踏みつけられてきたからこそ、彼の英雄としての資質は目を覚ます。

 

さぁ、刮目せよ。今、この舞台の主役は誰でもない、彼だ。どんなに泥臭くてもボロボロでも、確かに彼は英雄なのだ。

 

 

逆境があるからこそ熱く、誰よりも命の叫びがあるからこそ輝いて。まさに熱い、まさにエモい。この作品は、新たな時代のファンタジーの旗手の一人となるべき作品だと私は声を大にして叫びたい。

 

ファンタジーが好きな読者様、逆境からの逆襲が好きな読者様は是非。

 

 

また一つ、この世界に最高の物語が生まれる瞬間に立ち会える筈である。

 

キミに捧げる英雄録1 立ち向かう者、逃げる者 (MF文庫J) | 猿ヶ原, こーやふ |本 | 通販 | Amazon

 

読書感想:不屈の冒険魂 2 雑用積み上げ最強へ。超エリート神官道

f:id:yuukimasiro:20210223231342j:plain

 

前巻感想はこちら↓

読書感想:不屈の冒険魂 雑用積み上げ最強へ。超エリート神官道 - 読樹庵 (hatenablog.com)

 

 さて、前巻で不遇がスリーアウトな職業である「神官」を選んでしまったけれど、不屈の心で雑用をこれでもかと積み上げ、NPC達からの好感度を積み上げたりしながら徐々に認知の広がってきたこの作品の主人公であるユキムラ。彼だけにしか出来ない、そう思わせられる程に地道すぎるその姿は注目されるという事は、前巻を読まれたであろう画面の前の読者の皆様であれば、ご存じであろう。そう、注目されるのである。それは時に、運営からすらも。

 

新たな街で待っていたのは転職クエスト。海上安全、商売繁盛、大漁を祈願するためのお祭りを進水式と共にクリアしようやく転職クエストも半分。時に二度目の妖精イベントへ寄り道したり。

 

が、しかし。しばらくの逗留を強いられた新たな街、そこにそびえる大神殿の学び舎で待っていたのは学生としての生活。リアルと何にも変わらないのでは、と言わんばかりの学びと修行の日々であった。

 

ある時は図書館にこもってレポートを書くことを要求されたり、またある時は歌いながらの持久走に励む事になったり。

 

 実際にあったら、もう引退してしまうのではないだろうかというクエストの数々もユキムラの足を止めるには至らず。溜息を吐き、戸惑ったりしながらも地道に修行に励むユキムラ。

 

「設定がリアル過ぎて、ゲームらしい娯楽要素がほぼなくなっていますよね。よく頑張っていると思いますよ、あの神官の彼」

 

彼の姿は、日々ゲームバランスと対応に四苦八苦する運営の目にも止まり、気付かれぬように彼の転職を支援しようと運営の面々も動き出す。それも当然であろう。何故なら彼しか支援系神官の目玉になれるプレイヤーはおらず、更なるゲームの発展の為にも彼の協力が必要不可欠であるから。

 

そんな彼等の人知れぬ手助けもあり、どんどんとユキムラは転職クエストをこなし、更なる力を手に入れていく。

 

彼にしか出来ぬ支援魔法でボスであるバジリスクを倒す鍵となり、王都に蔓延する疫病問題を解決するイベントでは、神の御業が如き力を示して一躍注目を集めて。

 

 人知れず積み重ねる努力と善行が運営すらも動かし、彼に努力の結晶である結果と力を齎していく。そんな、地道な積み重ねの面白さがまた一歩深まる今巻。

 

前巻を楽しまれた読者様、地道な冒険がやはり好きという読者の皆様は是非。

 

きっと貴方も満足できるはずである。

 

不屈の冒険魂 2 雑用積み上げ最強へ。超エリート神官道 (ダッシュエックス文庫) | 漂鳥, 刀彼方 |本 | 通販 | Amazon

読書感想:鎌倉源氏物語 俺の妹が暴走して源氏が族滅されそうなので全力で回避する

f:id:yuukimasiro:20210223230156j:plain

 

さて、突然ではあるが画面の前の読者の皆様。貴方は恐らく学校で行われる歴史の授業で様々な世界の偉人について学習されてきたと思われるが、果たして貴方が習ってきた世界の偉人の人物像は正しい物なのであろうか。それはもはや確かめようがない。だってどんな人物であっても実際に接して見なければ人間性なんてものは分からず、既に遥か昔に死した偉人の人間性は、遺された資料から推測するしかないのだから。

 

 では、この作品における偉人達は一体どんな性格で人間性なのであろうか。

 

そも、源頼朝ってどんな人間なのだろうかと聞かれるとすぐには答えられぬかもしれない。幕府を開いた源氏の棟梁、くらいの認識でしかないかもしれない。実際私もその程度しか知らぬ。

 

だが、武士とは勇敢なものであるというイメージはあるかもしれない。しかしこの作品における源頼朝(表紙右上)はドが付く程のビビりである。そして乗馬も苦手という、おおよそ武士の棟梁らしからぬ性格であった。

 

武士たるもの常に勇敢、威風堂々。心の内に温泉地で隠居したいと言う細やかな願いを隠しながら、ハッタリと知恵と機転で周囲の勘違いを積み重ねながらもなんとか棟梁を勤める頼朝。

 

しかし、平氏との決戦を前に事故で落馬し命の危機に見舞われた時。死後の世界との狭間で少し前に死んでいた平清盛から、頼朝は未来の可能性を見せられる。

 

それはこのまま平氏が滅亡してしまえば、身内の暴走により源氏もまた一族族滅の未来を辿ってしまうという事。裏で糸を引いているのは、武士による世を望まぬ上皇である事。

 

そしてその事態の鍵となるのが、頼朝の「妹」であり戦争の天災、もとい天才、義経(表紙中央)であるという事。

 

「命を惜しむな、兄上のために!」

 

家族の愛情に飢えるからこそ超絶ブラコン、更には戦闘の天才であるからこそ常勝不敗。而して彼女の暴走を止めなければ、源氏は族滅の未来を辿る。しかし知ってしまった未来の可能性を誰かに話す事は出来ない。

 

 そんな状況の中、ヤキモチ焼きで嫉妬深い妻、北条政子(表紙左下)に嫉妬されたりしながらも、義経とその部下達個性的すぎる面々の扱いに四苦八苦しながらも、平家を生かす為に模索を続ける頼朝。

 

立ち塞がるのは木曾義仲を始めとした癖が強すぎる敵達。義経との仲たがいを誘発させ、武士達を滅ぼそうとする黒幕の思惑。

 

「人生は夢だよ義経。いいんだ。いずれ、ここにいる皆は死んで土に還る。だから、生きているこの瞬間を大切に生きればいいんだよ」

 

だが、負けられない。全ては滅亡の未来を防ぐため。そして義経達大切な仲間達を失わないために。時に知恵と機略、ハッタリだって用いて。自分に出来る戦いを精一杯、頼朝は戦い抜く。

 

だからこそ熱く、家族の絆が温かく。ドタバタの中にそんな温かさがあるからこそ、この作品は面白いのである。

 

ドタバタな歴史ものが好きな読者様、曲者揃いな登場人物が好きな読者様にはお勧めしたい。

 

きっと貴方も満足できるはずである。

 

鎌倉源氏物語 俺の妹が暴走して源氏が族滅されそうなので全力で回避する (ダッシュエックス文庫) | 春日 みかげ, 猫月 ユキ |本 | 通販 | Amazon

 

読書感想:最凶の支援職【話術士】である俺は世界最強クランを従える 3

f:id:yuukimasiro:20210223225247j:plain

 

前巻感想はこちら↓

読書感想:最凶の支援職【話術士】である俺は世界最強クランを従える 2 - 読樹庵 (hatenablog.com)

 

さて、前巻でノエルが巻き起こした騒動と狂乱の数々を画面の前の読者の皆様は覚えておいでであろうか。一人を救う為に大監獄すら爆炎の中へと崩壊させた彼。その結果もありヒューゴという新たな仲間を手に入れたノエル率いるクラン、「嵐翼の蛇」。だがしかし、まだまだノエル達のクランは発展途上である。そして上には上というものが存在し、ノエル達の上位互換と言っても差し支えない敵達が存在する。その名は「人魚の鎮魂歌」。七星の一角である大手クランである。

 

ヒューゴを仲間に加え更なる戦力を増し、「嵐翼の蛇」は魔王すらも討ちとれる程に成長した。だが、それは七星であれば既に通っている道。未だ最上位の階へは遠く、更にはノエルは何処まで行っても「話術士」でしかない。その力は最弱、そしてもう彼自身の成長限界も間近。

 

 だがしかし、ノエルがそれを黙って受け入れここで回り道を考えるような人間でない事は、このシリーズを呼んできた画面の前の読者の皆様であればご存じであろう。

 

折しも、「人魚の鎮魂歌」は人工悪魔すらも利用した大陸全土への鉄道敷設計画を始める。無論、これを逃してしまっては彼等に主導権を渡す事になる。それは勿論、避けなければならぬ事態。

 

そして再び、ノエルの策が発動する。

 

「だが、だからこそ、狩り甲斐がある」

 

敵が格上だと言うのは重々承知。けれど倒せたのならば実入りは大きく、それを逃す手はない。

 

手始めに鉄道建設中の貴族の領地にデモを起こさせ、それに乗じて株を空売りし莫大な利益と功労者の地位を手に入れ。

 

「俺は寛容だ。五本で許してやるよ」

 

暴露記事を書き、更なる弱みを盾に脅してこようとした記者を情報量の差で黙らせ、ヤクザ流のやり方で落とし前をつけさせる。

 

「あの少年は面白い。私の全てを賭けて殺すだけの価値があります」

 

 無論、彼のその行いが「人魚の鎮魂歌」の首魁であるヨハン達を本気にさせぬ訳もない。全てをかなぐり捨てて、クランすらも解体させて。彼等は本気で襲い来る。

 

ノエル不在の戦闘の中、窮地からの脱却と死線の先へ進む事で成長を遂げるアルマやレオン達。

 

そんな彼等の成長に自分も負けじと、自らの身の内に疑似的な深淵を創り出す狂気の技術でヨハンへ立ち向かうノエル。

 

しかし、それはノエルの魂を犠牲にする禁断の力。勝てたとしても、寿命の大半を喪うであろう分の悪すぎる賭け。だがノエルは躊躇わずにその手段へと手を伸ばす。自らの命なんて安い物だと言わんばかりに。

 

「この俺こそが、最強の探索者になる男だ」

 

大きな代償の代わりに手に入れた勝利と新たなる可能性。果たしてその先に何が待っているのだろうか。

 

シリーズのファンである読者の皆様、ダーティな面白さが好きな読者様は是非。

 

きっと貴方も満足できるはずである。

 

最凶の支援職【話術士】である俺は世界最強クランを従える 3 (オーバーラップ文庫) | じゃき, fame |本 | 通販 | Amazon

 

 

 

読書感想:終焉ノ花嫁3

f:id:yuukimasiro:20210223224634j:plain

 

前巻感想はこちら↓

読書感想:終焉ノ花嫁2 - 読樹庵 (hatenablog.com)

 

さて、この巻の感想を書き始める前に、私は皆様に残念なお知らせと一つ、お詫びをしたい。作者である綾里先生がtwitterで今巻が一時完結の最終巻である事を明言されているが、そのきっかけとなったのは恐らく私が綾里先生本人に聞いてしまった質問である。なのでこれからもこの作品は続くはずという希望を抱かれていた読者の皆様には伏してお詫びいたしたい。

 

では、最終巻となる今巻では一体何が描かれるのか。それは既にあらすじで描かれている通り、様々な秘密についての真実。

 

 そして、アサギリという一人の歪んだ愛に狂う少女が辿り着いてしまった最悪の結末、そしてその果てにコウが選んだ自身の選択である。

 

前巻でかつての学友であるイスミとアサギリと再会し、逢魔ヶ時を攻略し一時の平穏を取り戻したコウ。

 

「傀儡衆」にお茶会に招かれたり、時にアサギリに好意を抱くイスミに相談され戸惑ったり。平穏な日々は、取り戻した仲間と共に続いていた。

 

 だがしかし、平穏なんて長く続くわけもなかった。当然である、キヘイはまだまだ生きているのだから。

 

「私は、コウのことが好きです。カグロ・コウを愛しています」

 

唐突なアサギリの告白、それは無論断るしかなく。だが彼女は白姫の名を口にし、コウを拒絶し離れていく。彼女は決して知らぬ筈の白姫の名を。

 

拒絶と否定、更には自らの身体に訪れつつある稼働限界に揺れる間もなく、探索においてアサギリは行方知れずとなり。彼女を探し潜った迷宮の新たなる世界で、コウは仲間達と共に目にする。明らかに異常なキヘイの大繁殖、そして見た事もないキヘイの赤子を。

 

仲間達を庇い命の危機に陥るツバキ。そんな彼女を救ったのは、百鬼夜行の第三教師、クロネと彼女の花嫁である、治癒特化型の姫、翠姫。

 

 だが、新たな頼れる味方を得ても状況は尚悪く。帝国全土の遺跡で発生したキヘイの異常繁殖、それどころかコウ達の前には新たなるキヘイの王が現れる。

 

「人間も、果たして本当に味方と呼べるのかね?」

 

彼はキヘイの真実を語り、一つの真実をコウに告げる。アサギリは人間と共に立ち去った。似たような事案は少なくも確かに存在すると。

 

それは一体、どういう事なのか。アサギリの為、十数年単位の時間をかけ真実を探る事を選ぶコウ。だが彼女は待ってはくれなかった。再会は最悪の形で訪れてしまった。

 

「自分が特別じゃなかったから。永遠に手にできないものがあったから」

 

新たなる「姫」シリーズ、「黎明姫」、通称を「グラン・ギニョール」。コウの為に特別になる事を選んでしまった、壊れた彼女は炎の中でコウの前に立つ。

 

ならば、誰がそれを為したのか。帝都と学園、二つの場でそれぞれ行われていると言う人体実験。その学園側の主格は誰か。

 

それは、コウ達のすぐ近くに。けれど主格もまた、自分なりのやり方で人々を救おうとしていただけ。

 

 そんな風に歪めてしまったのは何か。それはこの国である。この帝国という国が語っていた全てが嘘で在り、コウ達の運命はとっくに国によってレールを敷かれてしまっていたのだ。

 

「悔いはあります。それでも、俺に掴めるものは僅かですから」

 

だからこそ、コウは選ぶ。少なくとも確かに大切な人達を守れる選択肢を。例え、共に戦ってきた仲間達と袂を分かつとしても。それでも、自分が大事だと思う人達との未来の為に。

 

戻れぬ旅へ踏み出す彼等の旅路はここから。進む先に何があるのか、それはまだ分からないけれど、それでも皆で共に。

 

陰惨な中に痛ましさと切なさ、そして独特の愛があるこのシリーズ。

 

綾里先生のファンの皆様、ちょっとグロめなファンタジーが好きな読者様は是非。

 

きっと貴方も満足できるはずである。

 

終焉ノ花嫁3 (MF文庫J) | 綾里 けいし, 村 カルキ |本 | 通販 | Amazon

 

 

 

読書感想:元カノとのじれったい偽装結婚

f:id:yuukimasiro:20210223224418j:plain

 

さて、突然ではあるが画面の前の読者の皆様。結婚しておられる読者の方がおられたらお聞きしたいのであるが、「結婚は人生の墓場」というのは本当なのであろうか。結婚はゴールなのか、スタートなのか。結婚は二人三脚のマラソンというのは本当なのであろうか。

 

「私はもう、あんたの事なんか完全にフッ切ってるんだから」

 

「奇遇だな。俺が言いたいこと全部言ってもらえて、ありがたい限りだよ」

 

さて、いきなり上記の台詞は何なのかと聞かれれば、開始19ページで繰り広げられる、主人公とヒロインの丁々発止の口喧嘩である。いきなり何か剣呑な関係であると察された読者の皆様、それは間違いではない。

 

 何故なら、この作品の主人公である晴(表紙右)とヒロインである二歳年上の幼馴染、理桜(表紙左)は元恋人同士である。かつて結ばれ男女の関係として付き合いながらも、一年もたたずに別れた恋人同士である。

 

ではなぜ、この二人はこんなやり取りをしているのか。

 

 それは、この二人がお互いの事情により、仮面夫婦として偽装結婚をする事になったから。だがしかし、これだけではこの二人を語る全てには遠い。

 

二人を語るうえで欠かせぬもう一つの真実。

 

俺がまだ。

 

私がまだ。

 

あいつに未練タラタラだなんて―――

 

もうお分かりであろう。この二人、一度終わった関係だけど未練タラタラな同士である。一度途切れてはしまったけれど、それでもまだお互いを好きな両片思い同士な関係である。

 

そんな二人は、お互いの恋心を隠しながらも夫婦となる。理桜は実家の老舗和菓子屋メーカーを経営不振から救う為に。大企業の直系の三男である晴は出奔した次男の嫁からの女性としてのアプローチを避けるために。

 

では、一体二人の生活はどんなものであるのか。

 

「そういう男と結婚しちゃったんだから、頑張って美味しいご飯を作ってやるしかないでしょ」

 

ある時は晴に渾身の手作りの晩御飯を振る舞い、失敗してしまった昔を思い出したり。

 

「ありがとう、晴。私と結婚してくれて、ありがとう」

 

またある時は、絆を深めると言う名目でバックハグに挑戦し、近づく距離と心で素直に感謝の気持ちを言えたり。

 

素直になれずにマウント合戦。だけど高じて喧嘩してしまっても、ちゃんと向き合い仲直り。正にじれったくてこそばゆくてもどかしい。あと一歩、それが分かっているのに素直になれない。

 

そんな素直になれないままに、普通の夫婦も越えた甘々を繰り出している。これが甘くなくて何だと言うのか。夫婦喧嘩は犬も食わぬ、思わず御馳走様と言いたくなる甘さがこれでもかと繰り出されている。だからこそこの作品は面白い。素直になれないからこそ面白いのだ。

 

望 公太先生のファンの読者の皆様。じれったいラブコメが好きな読者様は是非。

 

きっと貴方も満足できるはずである。

 

元カノとのじれったい偽装結婚 (MF文庫J) | 望 公太, ぴょん吉 |本 | 通販 | Amazon

 

 

読書感想:限界超えの天賦は、転生者にしか扱えない 2 -オーバーリミット・スキルホルダー

f:id:yuukimasiro:20210218231801j:plain

 

前巻感想はこちら↓

読書感想:限界超えの天賦は、転生者にしか扱えない オーバーリミット・スキルホルダー1 - 読樹庵 (hatenablog.com)

 

さて、突然ではあるが画面の前の読者の皆様。「男子、三日会わざれば刮目して見よ」という言葉があるのをご存じの読者の皆様はどれほどおられるだろうか。簡単に言うと、男の子の成長は全く以て早く、三日も会わなければもはや別人と言っても過言ではないという意味である。では三日の何百倍もの日々、四年。そんな少し長めの月日が経てばどうなるのか。

 

そう、四年である。前巻の最後、「銀の天秤」の仲間達と別れゼリィと旅立ち早四年。我等が主人公、レイジの姿はクルヴァ―ン聖王国の聖王都にあった。

 

 では彼は今、どんな仕事をして生きているのか。それは表紙を見ればきっと分かっていただけるであろう。彼は今、貴族の家で厄介になっていた。彼の仕事、それは聖王都に居を構えるスィリーズ伯爵の御令嬢、エヴァ(表紙左)の護衛である。

 

聖王国の内政の深くまで関わりながら、「冷血卿」と呼ばれるほどに敵の多いスィリーズ伯爵。彼を暗殺の窮地から救った事をきっかけに舞い込んだ、護衛の仕事。

 

「・・・・・・レイジ」

 

「はい」

 

「わたくしを、守るのだわ」

 

だが護衛の仕事は一筋縄ではいかず。非合法な奴隷商への義憤に燃えるエヴァに引き連れられ、護衛として鉄火場へと飛び込んでいくレイジ。

 

四年前だったら一筋縄ではいかなかったかもしれない。しかし、四年の月日は彼を一端の強者へと変えていた。天賦を外しての訓練、そして聖王都での生活。訓練環境には事欠かぬ日々が、彼の成長を促していたのだ。

 

 だが、そんな彼にも何ともならぬものがある。それは何処かすれ違う、スィリーズ伯爵とエヴァとの関係。そして、貴族の子供達へと天賦を授与する儀式の場に突如現れた、謎の巨大なる敵である。

 

ウロボロスと名付けた謎の敵。巨大なる蛇の姿を取る怪物は「盟約」の事を口にする。かつて竜から聞いたその単語を。そしてスィリーズ伯爵は言う。奴は「裏世界」からやってきたと。

 

裏世界とは何なのか、盟約とは何なのか。それも分からぬまま、再び追われる身となるレイジ。

 

この国で縁を結んだ者達に惜しまれ、惜別とばかりに知らぬ関係ではなかった追手を蹴散らし。

 

「ほんとうに・・・・・・これが最後のお別れではないのね?」

 

「はい、もちろんです」

 

そして、ずっと側にいたエヴァを自分の選択を押し付ける形で置いて行く事を選び。けれどまた、いつかの再会を約束してレイジは旅立つ。垣間見えたヒンガ老人の縁者の影を追い、新たな国へ。

 

 さよならだけが人生なのか。彼は何も悪い事をしていないのに何故こうも、世界は彼に残酷なのか。けれど、確かに足跡は確実に増えている。そして、レイジという一人の少年を理解してくれる者達もまた、確かに少しずつ増えているのも確かである。

 

新たな世界が仄めかされ、世界は大きく広がって。確実に面白さが一歩進む今巻。どうか、レイジの道行きのゼリィ以外の同行者が増えてほしいものである。例えば「彼女達」のような。

 

シリーズのファンの皆様、やはり王道ファンタジーが好きな読者の皆様にはお勧めしたい。

 

きっと貴方も満足できるはずである。

 

限界超えの天賦は、転生者にしか扱えない 2 -オーバーリミット・スキルホルダー- (ファンタジア文庫) | 三上 康明, 大槍 葦人 |本 | 通販 | Amazon